スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

アイドゥ・アイドゥ 素敵な靴は恋のはじまり 15話あらすじ

ウンソンの恋人テガンの登場シーンはビックリですね。

出演 キム・ソナ、イ・ジャンウ、パク・コニョン、イム・スヒャン、ユン・ジュサン、キム・ヘウン


15話

病院で、お腹の子のエコーを見るテガン。
「俺たちの息子が元気だから・・」と、涙ぐむ。
「言わなかったけど・・女の子なの。」と言うジアン。

驚くテガンは、サッカーをやりたかったと言う。
「女の子でガッカリした?女子サッカーもあるわよ。」と言うジアン。
女の子でもいい・・と言うテガン。

病院の帰り、ジュニの店に行くジアン。
「このくらいの店なら、いくらかかる?」と聞くジアン。
「甘やかしちゃダメよ。彼にやらせるの?」と、言うジュニ。
「私よ。やろうかと思って。」と、答えるジアン。

カフェ
チャン女史と会うジアン。
「私がご期待いに添えなかったこと、申し訳なく思います。花輪の事は・・私が感情的にしてしまって・・心からお詫びします。」
チャン女史に謝罪するジアン。

「急に低姿勢でどうしたの?」と、驚くチャン女史。
「愛情が深かった分、失望が大きかったでしょう・・私のために株まで購入されたのに・・それで言いにくかったんです。あわせる顔がなくて。・・私の過ちを許してもらえませんか?子供も会社も大事なんです。私ほど、会社を愛して理解してる者はいません・・母親に子供が大事なように、子供にも母親が大事なんです。ですから、この会社には私が必要なんです。私が会社にいなければなりません。」と言うジアン。

会社で1人、考えるジアン。
「あなた、意外と純粋な人だったのね。自分の会社だと思ってるの?勘違いしないで。あなたはただのベビーシッターよ。いつでも代えはみつかるわ。」
チャン女史の言葉を思い出し、会社で辞表を書く。

カフェ
グァンソクと会うジアン父。
息子さんがアメリカに行くとか・・と言うジアン父。会社の支援で留学なんですと、言うグァンソク。

「行かせるのか?他人の娘を妊娠させて!」と、言うジアン父。
「プロポーズを断った話を聞いてませんか?息子は結婚したかったのに・・死んでも嫌だと、理事が言ったんです。」

「男が頼りないから、結婚出来ないんだろう!」と、言い返すジアン父。
「男を説得出来ず、ずるずると・・息子をダメ男扱いしないでください!同意のもとで、妊娠に至ったのに。なぜ、責められるんだ。」
言い争うグァンソクとジアン父。
この2人が最高に面白いのよ。

会社
テガンに我慢するべきだろう・・と言われ、我慢にも限度がある!と、言うグァンソク。
どうなったと?聞くテガン。
「すぐ結婚しないなら、覚書を書いてあとで、親権を主張するとな。戸籍は向こうに入れるそうだ。当然、反対したさ。パクの姓だけは守る。」と、言うグァンソク。

ジアン実家
詫びもしないで、図々しいとグァンソクを怒るジアン父。

「親御さんに会いたかった。子供の祖父母だから・・そう言う予定だったでしょ。」と言うジアン母。
「嫌みを言うから!」と怒るジアン父。
会わなきゃ良かった。短気なんだから・・と呆れるジアン母。
「プライドなんか捨ててよ!」と、怒るジアン母。

会社
マ室長に、チームを頼むと言うジアン。先の事を考え、泣き出してしまう。

ジアンに出発まであと2日、1分1秒も貴重だ・・と言うテガン。明日、どうなるかわからないのよ・・と仕事を優先させるジアン。

見合いをするウンソンは、相手の女性に嫌われるようにメイク直しに行く。しかし、動じない相手なので、テガンにヘルプメールをする。

突然、2人の前にテガンが来る。
「私を捨てるなんて・・酷い!」と、ウンソンに水をかけるテガン。
テガンという恋人の登場に、驚き帰る女性。

ウンソンに「普通に断れば良いのに・・」と言うテガン。「親不孝せず、結婚しない唯一の方法だ。」と言うウンソン。

会社
ナリの言葉、「支援を止められる・・」と思い出すジアンは考える。「パパじゃなければ・・強く出られるのに・・」

ウンソンから、資料を見せてもらい、子供の事を勉強するテガン。アメリカに行きたくないんだろ・・と言われ、認めるテガン。

「賭け金が大きいんです。俺は3年で成功しないと。」
「アメリカに行けば成功するのか?」
「確率は高い。留学も出来るし、就職もさせてもらえる。理事と約束したんです。前だけを見て走ると・・」
目的地につくためには、他の方法もあるだろう・・と言うウンソン。

1人、不当解雇について知人に相談するジアン。「方法が見つからない。辞めたくない・・」
駐車場で待ってるテガンに抱きつくジアン。

会社
ナリに辞表を出すジアン。
方法はなかったのかと聞かれ、「仕方ない・・子供のために卑怯なまねはしたくない。」と言うジアン。

「まだ、諦めてません・・まずは彼を出発させます・・」
テガンにはこの事は内緒にしてもらう。
辞職願を出しても1ヶ月は通えるから、その間に方法を考えると。

ジアンの家に行く事になり、ラブラブなデートを想像するテガン。

テガンが来るので、家を掃除するジアン。
「足かせちゃん、パパを笑顔で送りましょうね。それから、私たちの問題を・・」

家に来たテガンは、ジアンが辞職願を出した事を知っていた。理由を聞くテガン。

「休みたくて。お腹が大きくなったら、仕事に支障をきたすから・・」
「辞めろと?追い出すなんて酷い奴らだ。シングルマザーを宣言したからと・・俺も辞める。あんなクソ会社、父にも辞めろと言うよ。」

「何を言ってるの?私が誰のために・・バカなこと、言わないで。」
「いい機会だ。俺と父と3人で、会社を作ったらどうかな・・」
コラボも成功したと言うテガン。
突然、電話で問題が起きたからと、会社に行くジアン。

「俺は行かない。会社が潰れますように。株価も暴落しますように・・」と、1人で祈るテガン。

会社
注文した革にカビが生え、損害が大きいと電話で話すナリ。
「カバンなら、色むらがビンテージのように・・」と提案するジアン。

革に色むらが出来たので、カバンメーカーのリストを出させ、スタッフで会社へまわり説得する。

会社
日記感覚で書いていたという資料をナリに渡すジアン。
「私にとって、単なる会社じゃない。15年間、暮らした家や故郷であり・・子供です。資料として役立つでしょう。」と言うジアン。
自分に何かあれば困る・・と。

「人間は動物と違い、失敗を通じて成長します。7回転んだら、8回目は転び方もうまくなる・・」
ナリを励ますジアン。
革問題は解決する。

ナリに退職願を出すテガン。
「この会社には失望しました。人を使い捨てにするとは・・クビにしたら会社の損です。15年も頑張った人です。」と言うテガン。
「辞める理由を知ってるの?あなたの為よ・・」と言うナリ。

「あなたが父親と知れたら、彼女のキャリアとイメージが崩れる。彼女が悩んだ末に決めたのは、あなたを助けること・・彼女の望みをよく考える事ね。」と言うナリ。

ジアンの家
テガンからのプレゼントとメッセージを読むジアン。
「色々、やってあげたかったけど・・全部は無理だから。1番、やりたかったこと。家族の靴を作りました。俺は一生、あなたと足かせのために靴を作りたいです・・」
泣き出すジアン。

部屋に来たテガンに、アメリカで頑張ってと伝えるジアン。
「やめた。どこにも行かない。正直に言うよ。アメリカは腹いせで決めた。それがあなたと足かせの為になった。堂々とした父親になると・・でも、一度も行きたいと思わなかった。」
「あんたには素質がある。少しだけ、努力すればいいデザイナーになれる。」と言うジアン。

「デザイナーが堂々とした父親?俺はただで、留学するよりも、足かせがこの世に生まれた時のうぶ声を聞きたいんだ。初めて歩くとき、どっちの足を出すのか・・初めて・・髪を切る時、どんな顔をするか・・初めて話すのはママかパパなのか・・それを見たい。」と言うテガン。

「生涯で1度だけだから、2度と見れない・・」
「こんなチャンス、2度とないかもしれない・・」
「俺にとって、あなたが1番のように、あなたにとって靴が1番だ。俺のために捨てないで・・」

どうしようもないと言うジアンに、他人扱いしないでと言うテガン。

「仕事中毒のファン・ジアン!すべてを愛してるんだ・・いつもそばにいるよ・・だから行かない。」
ジアンを抱きしめるテガン。

翌日、会社にペアルックで来るテガンとジアン。

続く・・

やっと、2人の思いが通じたラストでした。なぜ、ペアルックなのかしら。しかも、グァンソクも同じ服でした。

テガンがこんなに良いパパになるとはね。純粋な彼らしい。

ウンソンの恋人役として、現れたシーンは楽しかった。ナリも良い子になり、ジアンを理解してくれるので安心です。問題はチャン女史ですね。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。