優しい男 15話あらすじ

記憶を取り戻すと、愛する人を憎むようになるのかも。

出演 ソン・ジュンギ、ムン・チェウォン、パク・シヨン、イ・グァンス、イ・ユビ


15話

会社
ジェヒに今の気分を聞かれ、目的地に着いてないのに喜ぶのは早いと答えるマル。

「どうしてあなたが、軽蔑してる兄さんを利用するの?」と聞くジェヒ。
「言ったはずだ。地位を奪うためには何でもすると・・」と答えるマル。
「あなたにはふさわしくないやり方よ。」
「ハン・ジェヒのようなやり方は恥だから、みんな我慢してる。降参しないのか?すべてを引き渡して、消え去る気はないのか?」

「復縁してくれる?・・ヨリを戻してくれる?あなたを賭けて取引したい。最高の交換条件はあなたよ。」と、言うジェヒ。
笑うマルは立ち去る。
2人を見ているアン部長。

マルを追いかけようとするジェヒを止めるアン部長。「正気か?捨てた男を奪うため、この世界に来たのか?」と言う。

外で会うマルとウンギ。
共同取締役とは?と聞くウンギに、ウンギの底力を認めたんだろうと言うマル。ナム社長も、ウンギの誠意で説得したと。

この道でいいのか・・と考えるマルに、向こうが先に戦いを始めたのよ!と、言うウンギ。
「とにかく気づかれる前に、早く記憶を回復しないと・・気持ちの問題だ。全力で俺を思いだせ。」と言うマル。
うなずくウンギ。

昔の家に来るウンギとマル。必死に考えるが、思い出せないウンギ。

男を使いジェシクを殴り、脅すアン部長。いくら出せば、寝返ってくれる?と聞く。

記憶を取り戻そうとするウンギは、「私たち、恋人でしょ。キスしたことも・・あるでしょう?」と、聞く。
キスはしていない・・と答えるマル。

パク弁護士から電話で、ソ・ウンギが横領した・・と報告を受けるマル。

テサン科学の取引先から、リベートを受け取った。検察が捜査中。会長側が購入費を水増し、裏金を作り、ウンギの口座に入金した・・と知るマル。

昔、ウンギとニューヨークで、交際してたキム・ジョンフンを呼ぶジェヒ。
キム・ジョンフンに、ウンギの婚約者という男は、低レベルの男であり、別れさせたいので協力を求めるジェヒ。

ウンギの元恋人が現れた、バレたら病状は悪化すると、心配するマル。

キム代表に会いに行くマル。ソ・ウンギをハメたのは誰だ?銀行もグルだ!と聞く。
マルが立ち去り、男たちがキム代表を襲う。

ジェギルから、暴行事件を起こしたのかと聞かれるマル。家にキム代表暴行事件で刑事が来る。

会社
会長室に隠れているマルに驚くジェヒは、キム代表を暴行したのかと聞く。
「罪を着せるのはそっちが得意だろう。俺はやっていない。」と、言うマル。

「会長がやることは・・まず、ソ・ウンギの横領事件の濡れ衣を晴らす事だ。心から謝罪しろ。」と言うマル。
幼稚な事はしないと言うジェヒ。

アン部長から、マルが来てないかと聞かれるが、いないと答えるジェヒ。しかし、警察が来て捕まるマル。
これはジェヒは知らず、アン部長が勝手にやった事みたいね。

会社
ジェヒに会いに来るウンギ。
「戦いは終わりよ。欲しいものは何?全部、あげるから、マルさんを釈放して。」と言う。
「あんな男と引き替えに、テサンを手放す気?理解に苦しむわ。」と言うジェヒ。

「そんなに奇妙・・?テサンより、マルさんを愛してるの。愛するものを選ぶのは当然よ。」と、言うウンギ。
「愛で食べていける?テサンを手にいれるためなら、男も愛も捨てられるわ・・」と言うジェヒ。
考えが違うと言うウンギ。

マルに会うパク弁護士。
ウンギがジェヒに会い、えん罪を晴らすかわりにテサンを渡すと、取引をしたことを教えるパク弁護士。

あの時、覚書をしたけれど、去らなければどうなります?と聞くマル。約束を破り、ここに居座ったら・・ウンギを手に入れれば、テサンも手に入ると。

「ウンギは俺に惚れて、テサンを捨てる取引までした。切り札を全部、握っていて譲らない限り勝てるのに・・」
勝負をやめると抵抗したら?と、言うマルに訴えると言うパク弁護士。
ウンギの記憶が戻れば、ゲームは終わりと言うパク弁護士。マルに去ることを要求している。

カフェ
キム・ジョンフンと話すウンギ。やり直そう・・と、ウンギの手を握るジョンフン。

ニューヨークでウンギが愛してくれたこと、いってくれた言葉・・と話す。ジョンフンの言葉を聞いて、マルを愛してた事を思い出す。
「離しなさいよ。詐欺師!」と、言い捨てるウンギ。

暴行の実行犯を自首させて、マルは釈放される。
実行犯に口止めをしたかと、確認するジェヒ。

タクシーに乗り、マルに会いに行くウンギ。
釈放されたマルと会い、
「嘘つき、騙したわね。詐欺師・・許さない!」と言うウンギ。

「キスは・・信じてなかったの?マルさんとのキスがファーストキスだっていったのに・・」
照れて言うウンギ。

「ソ・ウンギ・・覚えておけ。これが初キスだ・・」
ウンギにキスするマル。
2人を見ているジェヒ。

続く・・

思い出した?
記憶を取り戻したら、マルとジェヒの関係を知ってるから、怒ると思うから違うかなあ。

2人を見て、嫉妬するジェヒだと思います。
マルに未練あるはずだから。マルがウンギを愛してるのが気に入らない感じですよね。自分が好きというより、自分のものだったマルが、ウンギを愛する事が許せない・・と思います。

アン部長も地味に、ジェヒに執着してる感じで怖いです。忠誠心とも言えるだろうけれど。

ジェシクがアン部長と、マルのどちらの味方につくのか気になります。
マルは手術が必要と言われ、あのままも気になります。
まさか、最後で・・かしら。

韓国ドラマ ソン・ジュンギ、ムン・チェウォン主演「世界のどこにもいない優しい男」DVD BOX(1...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年03月08日 | 優しい男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌