スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

メイクイーン 22話あらすじ

複雑な人間関係の中、復讐のため愛のない結婚を決意なのでした。

出演 キム・ジェウォン、ハン・ジヘ、ジェヒ、ソン・ウンソ、ヤン・ミギョン、オ・ドクファ、キム・ギュチョル


22話

「チャン本部長を守らねば・・・気安く呼ぶな。出て行け。」と、ヘジュに言うチャンヒ。
もう別れたんだ・・と立ち去る。
見ているインファ。

ヘジュに、「15年も付き合ってた気持ちが少しわかるわ・・迫力あった。」と、チャンヒの事を言うインファ。

会社
インファから、開店祝いのお返しをもらうチャンヒ。「美男子だけど・・私は興味ないわ。」とメッセージを読む。

ヘジュにチャンヒは魅力的と言うインファ。

ボンヒと話すサン。
「86年、韓日共同探査で、日本の責任者だった大手造船会社の有望株・・」と、秋山の情報を教えてくれる。

交通事故で亡くなったが、警察では夫婦の心中として、処理されていると言うボンヒ。8月12日に亡くなっていたと知るサン。

ジョンウに聞いて、父の遺品は義姉が整理したとわかる。しかし、ユン・ハスクが残した備忘録の事を知らないジョンウ。

会社に損失を与えた理由で、左遷されるイルムン。


DNA鑑定結果を見るグムヒ。「チョン・ヘジュとイ・グムヒは親子ではない」とわかる。
落ち込む様子を見ているイルムン。

「我が子なら、わかるはず・・」と考えるグムヒ。
海でヘジュと会い、
「もしも、ユジンという子が生きてるとしても、生んでくれた事に感謝して、幸せに生きてるはずです・・」と、言うヘジュ。

小さな声で、立ち去るグムヒに「母さん・・ごめんなさい・・」というヘジュ。

イルムンと会うジョンウは、俺は1ヶ月で復職する。
トップになれるのか・・俺はチャンヒがなりそうな気がすると言う。父親の不正をただすべきでは・・と、誘導するジョンウに動揺するイルムン。


ジョンウの部屋で、お兄さんが娘に書いた手紙を読ませてもらうヘジュ。父の思いを改めて感じ、号泣してしまう。
聞いていたダルスンは胸を痛める。「一緒に暮らすべきかい?」と、考える。

翌日
サンとカン会長を、仲直りさせようと会わせるヘジュ。先輩にはたった1人の家族・・と言うが、避けるサン。

インファを山に誘うチャンヒ。負傷した足を治療するチャンヒを見つめるインファ。

ジョンウを停職させて平気な顔・・・イルムン、義兄と一緒に住めないと、家を出てジョンウの家に行くボンヒ。
縁を切ろうといわれ、驚くグムヒ。

家に帰り、ギチュルに言うチャンヒ。
「インファと結婚する。それが始まりだ。ヘジュに同情しないで・・」と、言うチャンヒ。

ヘジュを解雇したと知り、チャンヒを怒るサン。
他の人ならともかく、お前はダメだろうと。
「悪魔に魂を売ったのか?子供の頃、なぜ、俺がお前を助けたのか・・」と呆れるサン。

会社
サンが開発してるのが、イルムンが作れなかったアジマススラスターであり、ヘジュは利用価値があると言うドヒョン。
技術を奪わせるため、ヘジュの復帰をチャンヒに命じる。簡単に寝返る人間ではないと言うチャンヒ。

グムヒに会いに行くダルスン。
「私が嘘をつきました。ヘジュは奥様の子供です・・ユジンです。」と言うダルスン。
聞いて、驚くギチュル、グムヒ。

続く・・

進みそうで、進まない展開でした。今回は回想シーンが多かったかなあ。

ヘジュと親子検査して、違うという結果が出たのは、イルムンが手を出したのだと思います。

ラストではダルスンが事実を言ったけれど、信じないグムヒかしら。検査の方を信じるかと。

チャンヒは計画的にインファに優しくして、接近してますね。
結婚して、ドヒョンに復讐するつもりのチャンヒでしょう。

【送料無料】メイクイーン/MAY QUEEN DVD-BOX3 [ ハン・ジヘ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年03月12日 | メイクイーン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。