「製パン王キム・タック」1話あらすじとキャスト紹介

視聴率が良いこのドラマ、やっと見始めました。定番のストーリー展開と、お約束もてんこ盛りのようですね。まずは出生の秘密からスタートでした。
何話から、大人になるのかな。早くみたいシユン君です(^^ゞ

キムタッグ

製パン王キムタック」KBS 2010-06-09
出演
ユン・シユン、チュウォン、イ・ヨンア、ユジン、チョン・グァンヨル



キャスト 

キムタッグ

キム・タック (ユン・シユン)

コソン食品ク・イルジュンの長男
一度でも、こいつの本気を味わった人は仲間になるしかない。
そんな心で人をつかむ力、それがキムタックが持って生まれた運命のような力。

紆余曲折の末、コソン家の長男になるが・・陰謀で結局追い出されて、あらゆる逆境と試練に勝ち抜いて、コソン商人の後裔と同時に、製パン業界の隠れた大父パルボン先生から、製パン人としての道と、商人としての道を教えられる。

製パンに対する天性の嗅覚と、善良な心を土台に名実共に製パン人で、生まれかわって人間的な経営を広げるようになる。

マジュン

ク・マジュン (チュ・ウォン)
コソン家の次男と同時に、コソン食品の後継者。
愛想がなくて、気難しい。負けることは絶対我慢できない。
父親ク・イルジュンに似ているタッグに、我慢できない被害意識を抱くようになって、パンを学ぶことを決心、タックと競争するが限界にぶつかる。

ミスン

ヤン・ミスン (イ・ヨンア)

華やかなパリのブランジェを夢見る絶対味覚の持ち主。
パルボン先生の孫で、絶対味覚と絶対感覚を受け継いで、5歳の頃からパンを作って来たパンの神童。

今は田舍の製パン屋で働くが、華やかなパリのブランジェを夢見て、ヤン・ミスン印の生クリームケーキ開発に熱を上げているところ。
製パンについては、自負心が強くて自信感あふれる彼女の前に、キム・タックが現われてパンを作るときめきを知る。

タッグ初恋

シン・ユギョン (ユジン)

タックの初恋。
幼い時代極度の貧乏と、絶え間ない暴力に苦しみながら育って、タックに会って初めて笑うことを学んだ。
タッグが、コソン家の長男になって胸の痛い別れを経験するが、10年ぶりに再会してタッグとの愛を深めていく。

しかし彼女もやはり、金と権力の前でタッグを裏切り、金と出世のために何でもできる野心いっぱいの女になってしまう。

タック父

ク・イルジュン (チョン・グァンヨル)

コソン食品会長。信念強く勤勉。保守的で厳格。
閨閥強化のために、ソ・インスクと愛のない結婚をして、その間に自分の代を継ぐ息子を得ることができず、キム・ミスンを愛するようになり彼女からタッグを得る。
しかしソ・インスクと、ハン・スンジェの牽制と謀略によって結局、キム・ミスンとタックを永遠に失うことになってしまうが。

マジュン母

ソ・インスク (チョン・インファ)

ク・イルジュンの妻
見かけは気品があって粹な金持ちの奥様。
しかし実は計略と謀に長けていて、裏取引が上手な女。

タックとパルボン製パン店に、絶え間ない試練を与え、マジュンの莫強パワーの背後勢力になる人物。
政略結婚したク・イルジュンを、心より愛するが、満たすことができなかった愛にさびしさを感じる。

マジュン父

ハン・スンジェ (チョン・ソンモ)

秘書室長。ク・イルジュンと、幼い頃から同じ家に暮らしてきた彼の利き腕と同時に家臣。
若い頃愛したソ・インスクが、ク・イルジュンと結婚して傷つくが、友達と愛する女のためにあらゆることを甘受して来た。
しかし、ソ・インスクとマジュンを守ろうとした彼が、いつのまにか野心を抱くようになって、2人の人生にますます深く介入して影響力を育て行く。

パンの師匠

パルボン先生:本名オ・ドゥヨン (チャン・ハンソン)

タックの師匠。製パン界の生きた伝説。
思慮深い心と人に対する洞察力が優れている。
捨てられたタッグを拾い、パンを通して人生の哲学とヒューマニティを教えながら育てる。

大将

ヤン・インモク (パク・サンミョン)

ミスンの父親。パルボンパン屋の大将。
パルボン製パン屋に入って来たタックを、こき使って厳しい訓練をさせる一方、タックに実質的にパンを教える大将。
タックに最後までつっけんどんに接するが、心の中ではタッグの肯定的な力と誠実さを認めている。

タック母

キム・ミスン(チョン・ミソン)
タックの母

タック祖母

ホン女史(チョン・ヘソン)
ク・イルジュンの母

ジャギョン

ク・ジャギョン
ク・イルジュンの長女

次女

ク・ジャリム
ク・イルジュンの次女

がぶす

ガブス(イ・ハンウィ)
パルボン製パン屋で働く

ジング

ジング
パルボン製パン屋で働く(手首に風車の入れ墨の男)

ジェボク

ジェボク
パルボン製パン屋で働く
元記事

1話  

田舎の町で子供を生むク・イルジュン (チョン・グァンヨル)の妻はまた、女の子を産んでしまい、姑に嫌みをいわれる。
財閥なので後継者として男の子が欲しい義母。男じゃないと、納得出来ない時代でもあるでしょうね。

ク・イルジュンは家の看護師、キム・ミスンを妊娠させる。
これを見て見ぬふりの姑なんだわ・・男の子をうませるため、妻のインスクに冷たいのはひどいわ。

娘二人がいるものの・・悔しいソ・インスク (チョン・インファ)は「男の子がほしい」と、占い師に聞くと
「今の夫からは、男の子は生まれない。他の男となら、生まれる」と、いわれ・・夫の秘書であるハン・スンジェ (チョン・ソンモ)を誘い、男の子を産む。
このハン秘書はどうも、インスクをずっと、好きみたいですね。

キム・ミスン役の女優チョン・ミソンは、「ファン・ジニ」でも、愛人の娘・チニを生んで苦労した・・「エデンの東」でも?似たようなイメージがあります^^;

家の看護師ミスン(子守もしている)が、妊娠したと知り、占い師の言葉を思い出し、ハン秘書に命令。子供を堕ろすようにいう。
これを嫌がり、逃げるミスン。

途中、子供を生む・・それでも逃げようとするミスン。
病院から、逃げ出すのをハン秘書は「2度と、ク・イルジュンの前に出てくるな。隠れて生きろ。」と、逃がしてくれる。

数年後
田舎で丈夫に育ったタックを育てるミスン。
この後半はもう、貧しくても健康に育っているタックと、財閥の子供だけど、ワガママなマジュンを描いてます。

友人とパン屋を見るタックは・・パンが食べたくて。
友人の父が工場で、働いてるので見学に行く。そしてパンを盗んでしまう。
見つかり、慌てて逃げる途中・・自分の工場を見に来たク・イルジュンの車にぶつかりそうになる。
息子のマジュンも乗っている・・

と、1話は出生の秘密と、数年後の父との再会ですね。
財閥と貧しい家庭で育った2人、タックとマジュン。これが大人になり、パンを作りながら対決、人としても成長するのでしょうね。
タックの初恋、シン・ユギョン (ユジン)の子役の子も登場してました。

数年後の設定で、ハン秘書はマジュンが「俺の息子」と、知ってるのかしら?

主役のユン・シユンくんは初めてです。イ・ジュンギ君に似てる?と、評判なので気になります。
ヒロインのイ・ヨンアは「イルジメ」で、ボンスンの役を演じたのが印象にあります。あとは「黄金の新婦」で餅作りで頑張った嫁を覚えてます♪
割と地味なキャラが多いような?でも、可愛いヒロインを期待してます。

ユジン、チュウォンは初めてみます。
チョン・グァンヨルはもう、誰もが知ってる「朱蒙」の王様役だけど、その前に「ホジュン」でも医師の役でも有名ですね。

この1話は、字幕なしでも十分、わかる内容でした。
さっくりと書いていきたいです(^^ゞ




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌