スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

愛の贈りもの My Blessed Mom 11-12話あらすじ

賢くても母を求める幼いタッピョルが可愛い。

出演 キム・ヒョンジュ、John-Hoon、シン・ヒョンジュン、キム・テウ、ハ・ヒラ、ユ・イニョン


11話

タッピョルに詐欺のような事をしたと言うゴマンは、これから毎日、うちで勉強するように言う。

タッピョルに難しい問題を出し、解けば詐欺の件は目をつむる。留学費用も出すと言い出すゴマン。

解けない場合は、留学も取りやめで一生、ゴマンの家で働く事を要求する。

結果、難しい問題を解いたタッピョルに感動するゴマン。

チェリンに、お腹の子供はチョンドの子でない言うヨンジュ。
「パク・チョンドはもう、子供を持てないそうよ。」
結婚後も他の女と遊んでいたうち、そういう体になったと。

チェリンは、お腹の子がチョンドの子ではないとわかっていた。
「それが事実としても、金、名誉、権力を得るためなら魂も売る人間よ。」と、笑うチェリン。
子供の父親くらいはわかると言う。

ゴマンの家に住む事になり、感謝するソニョン。
一緒に買い物に行き、手を握ってもドキドキしないゴマン。ソニョンが怒って、自分を相手にしない事に、ときめきを感じるゴマン。

ヨンジュがチョンドに事実を言う・・?と、不安になるチェリンだがヨンジュは言わなかった。具合が良くなるまで、タッピョルを預かって欲しいと言うヨンジュ。

ソニョンと買い物に行き、漢方薬に詳しい事を知るゴマン。父親との想い出を教えてもらう。

チョンドに服を買ってもらい、一緒にいるタッピョル。チェリンの嘘で、あんたのママが子供を押しつけた・・と知るタッピョル。

ママは私をパパに押しつけたと、ヨンジュに言う。
「パパが離れたように、ママも私から、離れて行く気なんでしょ。」と言うタッピョル。
レストランのクーポン券を、使う事はないと返す。

去るタッピョルを、追いかけようとするヨンジュだが、胸が苦しくて動けない。治ってから、会いに行こう・・と考えるヨンジュ。

「ママ。おいかけて来ないの?ママ、私の声が聞こえない?」と、涙を流すタッピョル。

チョンドと一緒に寝るタッピョルは、ヨンジュの病気の事を聞く。
「ママが心配なら、お祈りしよう。ママの所に戻れるよ。」と言うチョンド。

私たち3人は家族でしょ・・と、言うタッピョル。
「パパとタッピョルは家族だよ」と、チョンド。
「ママとパパ、3人はもう、家族じゃないの?」と涙を流すタッピョル。

ジェハから、運動着などが送られ、一緒に運動を始めるヨンジュ。

病院
ヨンジュの担当になるスインは、ジェハ初恋の女?と驚く。

会社
ショーのコンセプトは、シングルマザー、共に見る夢を提案するヨンジュ。

スヒョンと会うタッピョルは本音を話す。
パパと食事に行っても楽しくない。ママがいない。ママの席には変なおばさんがいた。ママが具合が悪いのに、あんな女を追い出せないでいる。
怒ってママに酷い事を言ってしまった・・と泣き出す。

「ママに本音をいってごらん。正直に話してくれるよ。ママやパパがどんな気持ちでいるか・・」と、言うスヒョン。

部屋を掃除して、ギルドンの写真を見つけるタッピョル。「おばさん、ギルドンって誰?おばさんの子供でしょ?」
エコー写真を見せるタッピョル。

タッピョルは本当に賢いので、子供扱いで嘘つくのは良くないですよね。これで、父が浮気した事を知るのだと思います。ゴマンが最高に面白い。

12話

「パパ、助教のおばさんが妊娠したから戻れないの?助教がパパの子を妊娠したから、ママと私はパパと離れるの?」と聞くタッピョル。
あれは違うと否定するチョンド。
パパの筆跡だと、嘘を見抜いてるタッピョル。

信じろと言ったパパは嘘をついた。ママは私がどんなに冷たくしても、嘘はつかなかった。

「ママは母親を”母さん”と呼べないと言った。私が意地悪したせいで、ママは具合が悪くなってる・・」
泣いて電話を切るタッピョル。

ギルドンの存在を否定した!と、チョンドを怒るチェリン。

タッピョルは横断道路を渡れず、座りこんでしまう。ヨンジュが倒れたのを思い出し、不安になるタッピョル。
ゴマンと電話して、授業を受けるために向かう。

タッピョルがいなくなり、探す事に。
チェリンの妊娠を知り、消えたタッピョル・・と、チョンドを怒るヨンジュ。

タッピョルを心配するヨンジュに、あの子は賢いから戻って来ると言うチョンド。娘より、チェリンを心配するチョンドに呆れるヨンジュ。

「ギルドンの方が大事だ。チェリンのお腹には誰の子がいると?」
「まだ、そんな事を!あんたの子じゃないわ・・自分で確かめたら?」と言うヨンジュ。

友達に電話して、深刻な睾丸炎と知るチョンド。

翌日、ゴマンの家にタッピョルに会いに来るヨンジュ。家に帰ろうと言うが、しばらくソニョンと、この家にいると言うタッピョル。

ゴマンから、ソニョンの料理で母を思い出し、就職させた事を聞くヨンジュ。タッピョルも、預けて欲しいと言うゴマンに任せる事に。

検査をして、自分が不妊だとわかるチョンド。

酔って家に帰るチョンド。
「別の男の子供を妊娠して、僕を騙した。なぜ、僕がその子の父親に?」と、怒るチョンド。
「あなたは子供を作れるの?」
言い争い、苛立つチョンド。

ヨンジュが告げ愚痴したと、怒るチェリン。
ショーでヨンジュの母親は、知的障害者のソニョンだとバラすつもり。業界から抹殺しようと考える。

チェリンに電話するチョンドは、名誉も金も権力も欲しい。だから、お腹の子が誰の子でもあっても気にしないと決意する。
「カッコウの子でも、モズの子でも構わないよな・・法学部の正教授の座に就き、財団の後継者となったらタッピョルを取り返せばいい。」

会社
ショーで、知的障害3級の姉が母であると告白するつもりのヨンジュ。

病院
ヨンジュの担当を断ったスインを怒るジェハ。
あの女のせいで、婚約破棄になったから、私情を挟みそう・・と言うスイン。

治療するのが無意味なくらい、心臓も悪い・・と言うスイン。

ヨンジュからショーの招待状が届き、喜ぶソニョン。

ヨンジュに会い、ショーは休め・・と言うジェハだが、プロジェクトが終われば、タッピョルにすべてを話すと言うヨンジュを知る。

続く・・

タッピョルもやっと、母の思いを理解してくれたので良かったですね。父親が嘘をついて、浮気した事もわかってるタッピョルです。

ゴマンは妙な男だけど、悪い人じゃないから、あの家でソニョンも幸せになって欲しい。

ヨンジュの心臓はかなり、悪い様子。ソニョンが移植を手伝うというか以前、倒れた事も心配です。
まさか、倒れてソニョンの心臓を・・なんて展開になりませんように。

↓雑誌


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。