スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

優しい男 17話あらすじ

ウンギの目的は無念の死で亡くなった父の復讐?

出演 ソン・ジュンギ、ムン・チェウォン、パク・シヨン、イ・グァンス、イ・ユビ


17話

カフェ
記憶喪失と公表して、どうするつもりです?と、ウンギに聞くヒョン秘書。マルにすべてを任せる。父の隠してる財産があれば、マルに譲りたいと言うウンギ。

記憶は戻ったけれど当分、マルたちに内緒にして欲しいと言うウンギ。

朝、不安な夢を見たと言うウンギに、2人だけで暮らすか・・と聞くマル。

昔のマルの家に行くジェヒを、監視していたアン部長。私はあなたが近づける身分や階級じゃないわ!と、怒るジェヒ。

「ウンギが記憶喪失を公表したのは理由があるはず。油断しない方がいい・・誰かに背中を刺されるかも・・」と言うアン部長。
これって、アン部長はジェヒを自分のものにしたい。だから、言うことを聞かなければ刺す!って脅しでもありそう。

ウンギが戻って来た・・と感じるマル。
「ウンギは偽っている。俺を信用してないからだ・・僕に対して怒り、許してくれないからだ。」

ゴミ箱にある「カン・マルは優しい男」とメモを破いてあったのを見つけたマル。

ジェヒに、マルは忙しいから、結婚の準備を手伝って欲しいと、笑顔で頼むウンギ。

マルに「なぜ、結婚の準備を手伝わせているの?」と聞くジェヒ。あなたがさせているのかと。幸せそうなウンギを見て、苛立つジェヒ。

チョコ、ジェギルを呼び、一緒に食事をする。チョコたちの事に詳しいジェヒに驚くウンギ。

「ウンギは戻ったが・・今のウンギはどこへ行くのかわからない。何を覚えているのか・・」
ウンギの考えが読めないマル。

「結婚して、いつまでも幸せにいよう・・」
ウンギを抱きしめるマル。
「嘘よ・・」と、心の中で思うウンギ。

会社
マルを呼び出し、「償ってあげる。私が奪ったあなたの未来・・どんな手を使っても・・」と、言うジェヒ。
「ウンギの記憶が戻った時に、邪魔な人間は・・全員、倒すつもりだ。」と、言うマル。
会長をも倒すつもりと。

マルと話すジェヒ。
ウンギを守りたいのなら、結婚しなさい・・とマルに言うジェヒ。
「それで、罪悪感が軽くなるのなら・・」
ドアの前で、2人の会話を聞いてしまうウンギ。

パク弁護士と会うウンギ。
「結婚式の準備、どんな気持ちで?・・記憶が戻ったら、話してくれると言ったこと。聞きたいわ。」と、言うウンギ。
「記憶が戻ったら・・その時に話します。」と、言うパク弁護士。
ウンギが記憶をなくす前、選んだマルだから結婚も任せると言う。

「結婚式の準備、どんな気持ちで?・・私のこと、好きだったんでしょ?」
ウンギの言葉に驚き、記憶が戻った?と感じるパク弁護士。

周囲には記憶が戻った事を知らせず、信頼出来るパク弁護士にはそっと、教えるウンギなの。

アン部長と話すウンギ。
カン・マルは、人を殺した事があると教えるアン部長。それは知っていると言うウンギ。

父が亡くなった時、そばにいたのはジェヒとアン部長・・一部の噂で、父は他殺と言われてます。知ってます?と、聞くウンギ。
そんな噂は知らないと答えるアン部長。

結婚式が終われば、マルに手術を受けさせようと考えるジェギル。

ウンギとマルの結婚式当日、マルが来ない。

ジェヒとマルの卒業写真が出回り、娘の婚約者と内縁関係だったのかと、記者に聞かれるジェヒ。

式は中止となり夜、ウンギを迎えに来るマル。

ジェヒ、ウンギ、マルの三角関係を密告したのはウンギだと、パク弁護士に話すヒョン秘書。

車の中
「全部、お見通しだ。記憶が戻った事も・・俺がどんな男か・・思い出したことも・・」
ウンギに言うマル。

続く・・

記憶を思い出したウンギなら、マルを怒って信じていないのかも。ジェヒとの過去を隠してたと怒ってる?でも、言えるはずないものね。

過去は気にしないウンギだったんじゃ。何がしたいウンギなのかしら。
パク弁護士の話も気になります。

↓雑誌


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年03月15日 | 優しい男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。