スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

神々の晩餐 シアワセのレシピ 27-28話あらすじ

ヘミルの正体を知れば驚愕のソリでしょうね。

出演 ソン・ユリ、チュ・サンウク、ソ・ヒョンジン、イ・サンウ、チン・テヒョン、チョン・ヘソン


27話

ソリをジユンのお墓に連れて来るドユン。
兄さんは待ちわびてたと言う。
「ドヒが殺した。ドヒが罪の代償を払えば、ジユンも楽になる。もう少し・・」と、言うソリ。

会社
ドヒの記事は出すなと言うドユン。
「息子を幽閉して、死に追いやった女性実業家・・どっちが非難されるだろう・・」と言う。
「大事な兄さんをゴシップのネタに出来るの?」と、聞くソリ。

翌朝、ランニング中にジュニョンと会うドユン。
ペク会長は、記事を出せないと言う。あなたを信じると言うジュニョン。

ジュニョンが昼食に来ると知り、母として料理を作るドヒ。

従業員が、料理長をクビにしたジュニョンを責める。
「君が共同代表として来てから、まともな事がない」と怒るジェハ。
アリランの評判を失墜させたと、ジュニョンを怒るジェハ。

2人になり、君を巻き込むんじゃなかった・・・と言うジェハ。自分を思い、庇ってくれたとわかっているジュニョン。

会社
ソリに会いに来るドヒ。
「インジュを無視するの?実の娘を見つけた今・・インジュが哀れね。」と言うソリ。
機内食コンテストで毒を入れ、自分の腕に熱湯をかけた怪物。育て方が悪いと言う。

「私より、哀れな人がいるわ。ドユンよ。私のために演技までして。娘を助けてくれるのは、あなたの息子なの。」と言うドヒ。

建設現場で、インジュと話すジュニョンを見ているドヒ。
「私の人生の邪魔をしないで!」と、言うインジュ。
木材が崩れ、インジュ・・と呼びながらジュニョンを庇うドヒ。「誰でも助けたわ。名匠として・・」と、言うドヒ。


ヨンボムから、インジュの本当の名はヨヌと聞くドヒ。
「顔も年齢も違う子を娘だと思ってた。」と言うドヒ。
「すまない・・」と、謝罪するヨンボム。

22年間の事を思い、事実を知り、死ぬしかないと思ったドヒ。
「でも、自分かわいさに死のうと思ったら、子供の痛みを感じた。本当のインジュに償うわ・・」と言う。

アリラン
「娘を入れ替え、国民を欺いた名匠・・」と、記事が出てしまい、驚くドヒたち。
記者が集まり、混乱する。

「私を欺き、息子を利用した。その代償を払ってもらう!」と、ジュニョンに言うソリ。騒ぎを知る2人。

記者に質問され、「実の娘は、師弟関係にあったコ・ジュニョンです。この問題の責任を取り、アリランを辞職します。」と、発表するドヒ。
驚くインジュ。

「次期名匠は、ハ・インジュに指名します。」と、言うドヒ。
そこへ来るソン女史。
「勝手な事は許さない。次期名匠は、コ・ジュニョンだ。」と、言う。
驚くジュニョンたち。

28話

アリランに辞職願いを出すドヒ。
名匠は努力と、情熱を注いだインジュに資格があると言うドヒ。
「ジュニョンの才能は、クムチョン醤が語ってる。」と、言うソン女史。

インジュは何年も修行、アリランを知っていると言うドヒ。

部屋
お母さんを騙して来た・・と、跪いて謝るインジュ。

会社
記事を出され、ソリを怒るドユン。


家を出て行かないと言うインジュに、お前も俺の妹だ・・と言うインウ。今さら!と、怒るインジュ。
「5歳の子供に一度くらい、気の毒だと言って欲しかった!」と怒りをぶつける。

厨房
豆腐の作り方を教えながら、「今までよく耐えて来た・・」と、ジュニョンを抱きしめるドヒ。

サナレに苦情が殺到する。
フォアグラは動物虐待という。あん肝に変更するよう命じたソリだった。ヘミルが非難してるので海外支店では、キャンセルが増える。
怒り出すソリは、ヘミルを調査せよと命じる。

料理番組に出演予定のインジュだが、周囲から非難される。料理の番組なのに・・と思うが、嘘をついたことを指摘される。

アリラン
旧友を呼び、インジュとジュニョンに料理を作らせるソン女史。
韓国料理の巨匠たちは、ジュニョンの料理を褒める。手を回したと、ジュニョンに嫌みを言うインジュは負けを認めない。


ジュニョンを手元に置きたいと言い出すヨンボム。今はダメ、まずはインジュを名匠にしてから・・と言うドヒ。

実の娘が見つかったからと、22年間の娘インジュを捨てるわけにはいかないというドヒ。

サナレは金に物を言わせる・・と、記事が出る。
アレルギーが出た客に、お金で示談に済ませたが、公式謝罪をしていない。ヘミルがやったと、怒るソリ。

記事は出ないとジュニョンに言ったが出てしまい、ジュニョンを避けるドユン。

ジユンのお墓に行くジュニョンはメモを残す。「私はドユンさんを信じてます」と。
読んで安堵のドユン。


インジュに土下座するヨンボム。
「私がインジュよ。私の人生を返して!あなたが、ヨヌからインジュになれと言ったわ。」と、泣いて抗議するインジュ。
2人を見て、胸を痛めるジュニョン。

続く・・

ジュニョンが実の娘とわかったらもうちょっと、感激の再会になるかと。あっさり、描いてた母子のシーンでした。

インジュの立場を考えると、喜んでもいられないかも。早速、ヨンボムはジュニョンを家に呼ぼうとしています。それじゃ、インジュも辛いでしょうね。

ソリが記事を出した事でドユンは怒り、ヘミルとしてサナレへの攻撃を開始です。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。