「製パン王キムタック」2、3話あらすじ

イルジュンのパンを焼く前のあれ、なんでしょ?お祈りのような?驚きのシーンでした。早い展開なのでサクサク見れそうです。何話から、大人になるのかしら。

母とタック


2、3話

工場でパンを盗んだことがバレ、許して欲しいとあやまるタックに
「責任を取る勇気はないのか?」ク・イルジュン。

子供でも容赦ないのね。土下座で謝るけど、厳しい社長。

母のミスンは、これを知って駆けつけるけど、相手がタックの父・ク・イルジュンだと知り、そばに行こうとする。
でも、ハン秘書との約束を思いだしやめてしまう。

大家に怒られ、追い出されそうになり、家で泣いてる母をみて、自分でお金を稼ぎ、イルジュンに返しにいくタック。

ビンや缶などを売ってお金を作るの。パン代として返すタックを笑うク・イルジュンは気に入ったもよう。タックの勇気を認めてくれた。

これを見てて・・父が大笑い・・これが気にいらないマジュン。
松潤じゃなくて・・マジュンなんだわ(笑)

タックの初恋となるシン・ユギョンが、酒飲みの父に殴られてるのを知り、守ってあげるタック。偶然の事故の父を、放置で逃げるタックたち。

この父がタックを怒るのよ。事故なのに放置して逃げたことで追いかける父。
そんな父が怖くてたまらないユギョン。
タックは楽しいことをして、自分を笑わせて楽しませてくれる。


ク・イルジュンは、タックを気に入り、「タック」と、名前を聞いてミスンと話したことを思い出す。
「まさか・・?」と思い、ハン秘書に調べるようにいうけど、嘘を言うハン秘書。

タックと名前は、すでにク・イルジュンが子供につけようと、ミスンにいってたの。それを思いだし、探すように指示する。

ハン秘書はミスンを「約束を忘れたのか?死にたいのか?」と、脅す。
怯えて逃げようとするミスン。

でも、タックは
「逃げて隠れて生きるのはいやだ。」と、自分の意志をいう。
考え直すミスンは・・なんと!誕生日パーティをしてるク・イルジュンの家にタックを連れていく。

驚くク・イルジュンの前、ミスンは「あなたの子です。」と。
タックにも「この人がお前のお父さんよ。」と、紹介。
これに激怒する妻のインスク。

この展開が早くてびっくり。もっと、後に父とあうのかと。

祖母

ホン女史(ク・イルジュン母)は、タックを見て気に入り、ミスンに育ててくれたことを感謝。お礼のお金を渡そうとするけど、拒否するミスン。
そんなミスンを微笑ましく思うホン女史。

きっと、血が騒ぐ・・というか、本当の孫!と、感じるからホン女史はタックを、好きになるのでしょうね。
お金が目的で育てたわけじゃないものね。子供を愛してる母。


インスクには娘が2人いて・・次男となるマジュンがワガママなお坊ちゃん。

ミスンはタックのために、この家に置いた方が良いと思い・・苦渋の決断でタックをク・イルジュンに託す。
自分は身を引いて1人、この財閥にタックを置いていくミスン。
自分が育てるよりも、お金も地位も権力もあるク・イルジュンの元、父のそばで育つ方が、タックのためと思う母心。

ここは辛い母でした。でも、将来のことを考えれば、父の側で成長して欲しいと思うのよ。

泣いて嫌がるタック・・・

妻のインスクは当然、タックの存在に怒る。夫のイルジュンに、戸籍をいれないという。約束を破れば、持ち株を売ると妻。
認めないけど、夫には逆らえないインスクだと思う。

そして・・タックは母の「ちゃんと、ご飯を食べるのよ。お父さんのような立派な人になるのよ・・」と、思いだし母に心配かけまいと、手紙を書いたりして過ごす。

でも、本当はマジュンの嫌がらせ、ぬれぎぬを着せられるタック。

ペンを盗んだ?と、姉の言葉・・タックは盗んでいないのを感じる姉だけど、祖母(ホン女史)は、マジュンのためにも
「この子は盗みをする子じゃない。」と、信じてるけどお仕置きする。

「耐えるのよ。自分に正直に生きてまっすぐに生きるのよ。」と、祖母の言葉。

タックはコソン食品会長・ク・イルジュンのような立派な人、勇気ある人になりたいと頑張る。
1人、豪邸で寂しい思いのタック。
マジュンは意地悪、本妻のインスクもタックを嫌っている・・肩身が狭いタックなの。

インスクにしたら、あの時の!と、思い出すだけでも「本妻」としては許せない存在でしょうね。
ハン秘書に文句を言ってたわ。
あの時、ミスンを逃がしたハン秘書だから。


インスクの娘、次女のジャリムに「別館の作業部屋に行ってはいけない。」と、いわれてたのに・・
ある夜、良いパンの匂いで行ってしまうタック。

なんと!ク・イルジュンが自ら、パンを焼いていた。

イルジュンには、パンを焼くのは神聖なことなのかも・・だから、あんな風に?お祈りだか?なんだろ、アレ^_^;
妙な手つきのク・イルジュンでした。


パンを作って焼くク・イルジュン・・をじっと、見つめるタック。
そこへハン秘書が来て・・慌てて逃げようとしたタックは・・焼きたてのパンを落としてしまう。

驚くイルジュン。

うーん、出だしも良いし面白い感じですね。
もっと、お約束な展開もあるだろうし、ホン女史の言葉、存在が「華麗なる遺産」のおばあさんのように感じました。
きっと、これからも辛いタックに色々と、アドバイスをくれるのでしょう。
それがすごく良い言葉なんです。


最初、画像見てもふーんって感じでした^_^;
そして予告動画を見ても・・いまいちな印象だったけど(笑)これだけ視聴率の良いドラマ。
やはり、気になるので時間を見つけて書いていきたいと思います。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
オ・ジェムくん
ルッカさん、いつもありがとうございます!韓国語勉強中ですが、なかなか聞き取りが上手くできなくて・・・でもルッカさんの助けがあるので、安心して日本語字幕無しのドラマを見る勇気が出ます。
タック子役のオ・ジェムくんを見ていると、チェ・スジョンのイメージが浮かびます。目力でしょうか、せりふがないシーンでも、何かが伝わるような気がします。
june URL 2010年10月27日 10:25:29 編集
juneさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます^^

子役のオ・ジェムくん、可愛いですよね。
でも、強い目力を感じます。
あ~!確かにこの雰囲気は『海神』のチェ・スジョンさんに似てるかも。
大人になったら、あんな感じになるでしょうか。

韓国語は難しいです(>_<;)
これは英語を訳したものなんです。
だから、微妙な感じまで書けないので詳しくは書けてません。
同時に、他のドラマも書いてたので忙しかったんです。
良かったらまた、遊びにきてくださいね。
ルッカ URL 2010年10月27日 11:20:24 編集
続きが気になりますね
ルッカさん、こんばんは(*^_^*)

スカパーで放送が始まり、今3話の放送が終ったところですが、なかなか面白いですね~
続きがね、とても気になると言いますか(笑)
韓ドラのお約束はありますが、でも先が観たくなると言うのかな?
視聴率が高かったのも分る感じですね。

舞台が70年代だから、この頃はパンは高級な食べ物だったのでは?

まだ大人になっていませんが、今後の展開が楽しみなところですね。
マリアン URL 2010年12月29日 22:43:50 編集
マリアンさんへ
こんばんは。
もう、3話なんですね。
面白いと思いますね。人気あったの納得のストーリー展開でした。
ずっと、最後まで「気になるラスト」と、終わるので気になります(笑)
韓ドラの基本を守りつつ、うまく内容を展開させてますね。
そして、家族の愛を描いてます^^♪

そうでしょうね、前半はまだ、パンは高級だったと思います。
今後、大人の彼もステキです~楽しんでくださいね。
これは割と、さっくりと書いてます(^^)
ルッカ URL 2010年12月29日 23:53:09 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌