スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ハン・ジェソク キムチ 不朽の名作 13-14話あらすじ

ソンジュンとグミのラブラインが動き始めました。

全20話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい。

出演 パク・ソニョン、ハン・ジェソク、イ・ハニ、コ・ドゥシム

キムチ~不朽の名作(完全版) DVD-BOX1

B00CL7B7HA
ポニーキャニオン 2013-08-02
売り上げランキング : 6618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


13話

ヨンチョルの手紙を読むサネ。
「お前に内緒で、後継者選びの料理大会に申し込んだ。遠くからでも、母親を見て来なさい。お母さんはお前を捜している。」

グミが料理大会に出たいと言うので、事実を話すサネ。
「ケヒャン先生、キム理事とは親戚のような知り合いなの。1歳の頃にあの家の前で捨てられ、捨て子だった私を育ててくれたケヒャン先生・・。」
料理はすべてケヒャン先生に教わったと、グミに説明するサネ。

「濡れ衣を着せられ、あの家を追い出された。今は話せない。いつか、話すわ・・」と言うサネ。

会社
イ会長が審査員と知り、料理大会に参加すると言うジンミ。
ヨンジュには契約を取るため・・と言うが、
「嫁と後継者の座が欲しいと、正直にいえばいい・・」と、言うヨンジュ。

ヒョンミンに、新メニューを持って行くジンミ。
「このままソンジュンとヨンジュを結婚させるの?嫁にふさわしくないわ。」と、ヨンジュの事を言う。
「母さんの話が気になる。本当に父さんの死に関係してないのか?」と聞くヒョンミン。
言いがかり・・と、呆れて泣きマネをするヨンジュ。

カフェ
グモと会うジンミは、キムチのレシピが知りたい。
お金で聞き出そうとするも、詳細を聞くことが出来ない。キムチの秘密は貯蔵庫の水と言うグモ。
貯蔵庫の見学を要望するジンミ。

ケヒャンに会い、大会に参加する事を告げるグミ。一緒に料理を作る途中、倒れてしまうケヒャン。

帰ってきたソンジュンに誘われ、食事に向かう途中、ヨンジュが来る。
怒るヨンジュに、「お前とは終わった。好きな人が出来た。」と告げるソンジュン。

グミと2人だけになり、「祖母が膵臓ガンなので、俺に薬膳料理を教えて欲しい。」と言うソンジュン。これは執事と自分だけの秘密と言う。

グミを家まで送り、2人を見つめるゴヌはヨンジュに協力する事を決意する。ヨンジュと手を組み、グミを自分のものにしたいゴヌだった。

大会に参加するのは興味本位ではないと、サネに言うグミ。
「私のような生き方をして欲しくない・・」と言うサネ。

ソンジュンに、「欲しいのはグミだけだった。兄さんを恨みたくない。グミを返してくれ・・」と、言うゴヌ。
傷つけるつもりはなかった・・と言うソンジュン。

父に来週、ソンジュンとの婚約を発表してと頼むヨンジュ。
「逃げ場をなくせばいい。理事長たちの顔に泥を塗るわけにはいかない・・」とつぶやく。

料理を研究するグミを問い詰め、ケヒャンが初期の膵臓ガンと知るサネ。

ソンジュンを家に呼び、料理を教えるグミ。キスするソンジュン。

内緒で、キムチの貯蔵庫にジンミを案内するグモ。キムチを取りに来たサネと再会するジンミ。
ジンミを避けるサネ。

14話

貯蔵庫で再会、驚く2人に母の名はキム・ミオクだと言うグモ。人違いと、誤魔化すサネ。
サネに間違いない・・と考えるヨンジュ。

グミに会いに来て、ソンジュンと婚約して今年中に結婚すると言うヨンジュ。
「あなたにはふさわしくないわ。身をひいて。彼は5年も私に夢中だった。最後には戻って来るわ。」と言う。
そんな事をいわれる筋合いではないと、答えるグミ。

病院
ヨンジュの指示で、資料に手を加えるゴヌ。

ソンジュンと話して、グミに本気と知るヨンジュ。
「俺の気持ちは他に向いている。」
「私の警告を甘くみないで・・」

カフェ
ジンミと会うサネ。
あの時はなすすべもなかったけれど、私は無実。あなたを疑ってたと言うサネ。
「あなたも同じ髪飾りを持っていた。私のはヒョンミンさんの名前入りなの・・」だと説明する。

驚き、「あんな事になったのはあなたのせい。私は悪くないわ。ヒョンミンさんを奪われそうで怖かった。先生はあなたを可愛がっていた・・」
キム家に近づかず、このまま身を潜めてと言うヨンジュ。

「料理大会に出て優勝するわ。そして後継者になり、結婚するの。今度、邪魔をしたら許さない。」と、言うヨンジュ。

グミに料理を教えるというサネ。
「必ず、優勝して先生の後継者になって。40年間、わだかまりとなっていた無念が晴れるわ・・」
頑張ると言うグミ。

ソンジュンを呼び、グミとの交際を反対するサネ。結婚を前提であり、祖母も気に入ってると言うソンジュン。

グミには名家の嫁は務まらない。仕事を諦め、家に入ってほしくないと言うサネ。
「交際を許可してほしい、彼は運命の人・・」だとお願いするグミ。

グミの思いを知り、安堵するソンジュン。

家に帰り、ゴヌに言われるソンジュン。「父さんは兄さんのために、俺を養子にした。」
家を出て、病院も辞めると言うゴヌ。

病院
診察報酬と医療費の不正請求・・と、警察の捜査が入る。

内部告発と知り、ヨンジュに会うソンジュン。
「俺と結婚するためなら、料理大会に出るな。そんな腹では後継者になれない。」
料理には心が必要と言うソンジュン。
負けないと言うヨンジュ。

ヨンジュの事で、ソ会長を怒らせてしまうソンジュン。出資金を回収すると騒ぎ出す。
事情を知り、財産をヒョンミンに託すケヒャンは、財団の運営に使いなさいと言う。

ガンに効く料理を持ってくるグミ。自分の病気を知ってるグミだと理解するケヒャン。

料理を研究するグミは、実のおばあさんだと思って頑張ると言う。
「あなたのおばあさんなの。頼むわ・・」と、心の中で言うサネ。

料理大会の日
グミに新聞を見せるヨンジュ。ソンジュンと映る自分の記事。
「今度は結婚発表が出るわ・・」と、笑うヨンジュ。

続く・・

婚約発表の記事だと思います。字幕がなかったんですよね。
グミを動揺させようと考えのヨンジュでしょうね。

初期の膵臓ガンなら、薬膳料理で治るケヒャンなのでしょうか。母の病気を知り、自分の料理で治したいと思うサネでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。