スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

愛の贈りもの My Blessed Mom 18話あらすじ

「おバカなママ(パボオンマ)」これ見て泣かない人はいないと思います。「母さんの手は魔法の手・・これしか出来ない」家族愛のストーリー。

出演 キム・ヒョンジュ、John-Hoon、シン・ヒョンジュン、キム・テウ、ハ・ヒラ、ユ・イニョン


18話

病院
ゴマンを父と勘違いするソニョン。
「父さんの整髪料のニオイだ・・」と言う。
泣いてソニョンを抱きしめるゴマンだが、意識が戻り驚くソニョン。

ジェハと話すヨンジュ。
「母さんは・・私のせいで辛い人生だった。治療しないとダメ?」と聞くヨンジュ。

「治療のせいで苦しむより、生きてる間は私と笑いながら過ごしてほしい。どれだけ生きられる?・・けれど・・3ヶ月は耐えられるよね・・一緒に買い物をして、昨日みたいに旅行するの。そしたら・・
母さんの方が、私より先に逝ける・・心も体もボロボロになって、私にまで先に逝かれたら・・母さんがあまりにもかわいそう・・」
泣いて言うヨンジュ。
「君を13年間、思い続けた僕はどうなる?弱音を吐くな。」と、言うジェハ。

諦めず、治療しようと言うジェハに感謝するヨンジュ。

病院
ゴマンに聞くソニョン。
「本当はおじさんでなく、私が病気なんでしょ?」
「そうだ。あんたの頭の中のキツツキを見つけた。」

死ぬんですか?と聞かれ、バカは普通の人より、寿命が長いと答えるゴマン。俺より長生きすると。
「キツツキを見つけたから、そいつを追い出せばいい・・」と言うゴマンに喜ぶソニョン。

「指輪をなくして・・謝らなきゃ・・」と言うソニョン。
「あれは2億・・・」と言いかけるゴマン。
2人を見て、母にドレスを着せたいから、治療を伸ばして欲しいとジェハに頼むヨンジュ。

ゴマンの家
母に対する気持ちを、ゴマンに確認するヨンジュ。
「病気だからと捨てるような・・病気の時こそ、一緒にいてやりたくなるのが家族だ。俺は今でも、キム・ソニョンが大好きだ。」と、言うゴマン。
感謝するヨンジュ。

翌日
ソニョンに結婚式のドレスを着せるため、店に行くヨンジュたち。娘もいるのに・・と遠慮するソニョンに着せるヨンジュ。

ヨンジュの異変に気がつくソニョン。「ヨンジュが変なの。追われるみたいにどうして慌てるのかな。」

ゴマンの結婚相手が、キム・ソニョンだと驚くチェリン。
ゴマンが大学を引き取らないと知り、慌てるチョンド。
「会長は法学部の教授陣を、総入れ替えする条件で、運営を俺に任せた・・」と、言うチェリン父(オ執事)。

カフェ
ソニョンと、式の打ち合わせをするヨンジュ。
突然、具合が悪くなり、トイレからジェハを呼び出すヨンジュ。ソニョンに知られたくないと、隠れて移動する。
風邪を引けば、肺炎になる可能性が・・と思い出すヨンジュ。

治療するヨンジュを見て、驚くソニョン。

ゴマンの家
教授陣を入れ替える理由を聞くチョンド。親権放棄の念書を提案するゴマン。
サインすれば、総入れ替えをやめると言うゴマンに、サインするチョンド。

タッピョルは、ソニョンと一緒に俺が育てると言うゴマン。

「お前にとって、タッピョルはそんな存在か?」と、聞くゴマン。
「大切に思うからサインするんです。ヨンジュの死後、チェリンの世話になるより、会長に任せる方が安心出来ます。」と、言うチョンド。
娘を頼みます・・と、頭を下げ立ち去るチョンド。

1人、「親権放棄書?タッピョルは10歳。10年後には紙くず同然・・」と、つぶやくチョンド。

病院
倒れた事をソニョンに知られるヨンジュ。
「私はあんたの何?母さんだよ。33年間も、母親の役割を果たせなかった母親だよ。バカだから、黙ってたの?バカな母親をだまして、結婚させれば・・喜んで幸せになれると思ったの?」
泣いて怒るソニョン。

「あんたの母親だよ・・バカでも・・」と言うソニョン。
「母さんを幸せにしたくて黙ってたの・・」と、言うヨンジュ。
ヨンジュの不安を思い出し、泣いて抱き合う2人。

「母さんの手は魔法の手・・これしか出来ない。母さんはバカだから。」
ヨンジュの胸をさするソニョン。

タッピョルに、自分の思いを告げるチョンド。

スインから、ヨンジュの症状を聞くソニョン。母親だと言うソニョンに、正直に話すスイン。

心臓移植が必要で、順番待ち・・ヨンジュの番が来なければ、死ぬ可能性もあると認める。

驚くソニョンは「私の心臓をあげちゃダメですか?」と言い出す。
ヨンジュがお腹にいた頃、父親を恨んで悪く思ったり、娘を堕ろそうと薬を飲んだ。だから、娘は心臓が悪いと説明するソニョン。

「ダメです。脳死者でなければ提供出来ません。」
スインに言われ、愕然とするソニョン。
タッピョルを残して死ぬ・・と、言ったヨンジュを思い出し、号泣する。

迎えに来たゴマンに、「私の心臓をヨンジュにあげられません・・ここにあるのに・・ヨンジュに死なれたら、生きてても仕方ありません。あんな弱い体に産んでおいて・・」と、泣くソニョン。
私も死ぬと言うソニョンに、弱気になるなと言うゴマン。

「あんたはいい母親だよ。世界中、探してもそこまで尽くす母親はいない・・」と言うゴマン。

チェリンの家
帰ると、ソウル地検の捜査官が来ていた。
オ・ミンソク執事が学生の入学金を着服、裏金を作っていたと、チョンドに説明するチェリン。

捜査官に、オ・ミンソクとの関係を聞かれ、他人と答えるチョンド。
チェリンとの同棲を否定、資金洗浄の証拠品を自分がためたお金だと言うチョンド。
「諦めて。あなたが資金洗浄したと、パパが白状したわ。」と、言い出すチェリン。
驚き、激怒するチョンド。

ゴマンの家
オ・ミンソク、パク・チョンドも逮捕されたと報告を受けるゴマン。タッピョルに知られないようにと言う。

タッピョルと話すソニョン。
「おじさんが、心臓を探してくれると言ったから・・信じてるの。本当は怖いの・・。でも、私が怖がって悲しんだらママがもっと苦しむ・・だから耐えてる。」と、言うタッピョル。
おばあちゃんの前では、泣いていいと言うソニョン。

病院
スインと話すジェハ。
「彼女の心臓移植を引き受けたら、あなたとは永遠に友達になってしまう・・」と、言うスイン。
アメリカに戻ると言う。
ジェハに別れのキスをして去るスイン。

タッピョルに、脳死者の説明を聞くソニョン。

ゴマンに、結婚してくれるかと聞き、新婚旅行は遠い所が良いと言うソニョン。
「手術を受けたヨンジュが、会いに来ようとも遠ければ諦めるでしょ。」と。
「キム・ソニョン・・まさか、キム・ヨンジュに心臓をあげるつもりか?」と、驚くゴマン。

「あげます・・あげられる物は、それしかありません・・母親の私があげなきゃ・・・」と、言うソニョン。

続く・・

やはり、ヨンジュの病気を知り、自分の心臓を与えると言い出すソニョンでした。ヨンジュの具合が悪そうで、ソニョンとどちらが?と、思えるほどです。

ソニョンの方が亡くなり、ヨンジュに心臓を・・と予想しています。

でも、ゴマンとソニョンにも結ばれて幸せになって欲しいんですよね。とても優しくて純情なゴマン。演技力はさすが。
毎回、ソニョンを思う顔で泣けてしまいます。

このドラマ、韓国放送当時の評判がわからないんですよね。どうだったのかしら。
凄く良いドラマで大好きです。

↓雑誌


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。