『シンデレラのお姉さん』1~2話あらすじ

水木ドラマでも1位のようですね。スーパージュニアがOSTに参加、メインタイトル曲『君でなくてはダメ』を歌ってるようです。暗い雰囲気の続きが気になるタイプのドラマですね。

シンデレラのお姉さん

シンデレラのお姉さん
キャスト
ムン・グニョン     ソン・ウンジョ
チョン・ジョンミョン  ホン・ギフン
オク・テギョン     ハン・ジョンウ        
ソウ          ク・ヒョソン
イ・ミスク       ソン・ガンスク
キム・ガプス      ク・デソン


1~2話

このドラマを見て気がついたのは展開が遅い!ってことです^_^;
ミュージックビデオのような映像、台詞と台詞の「間」が長いのも、特徴かもしれません。それと、韓国ドラマ特有のにほい?(笑)も、感じるので暗いドラマでしょうか。
だから、ラストはハッピーエンドを望まない方がいいでしょうね。誰か死んじゃうかも。ドロドロ系のような感じもします。(印象ね)

1話はまず、韓国語のなまり?がすごいのでびっくりでした。地方なんでしょう。
Rainの「このろくでなしの愛」ダジョンのなまり、言葉を思い出します。

1話
同居してる酒浸りの暴力男から逃げ出し、列車に飛び乗る娘ソン・ウンジョ(ムン・グニョン)と、母のソン・ガンスク (イ・ミスク)。
同居男には、男の子がいたけど置いてくる。(ハン・ジョンウ)
家にあったダイアの指輪を持ち出したため、男の部下(ヤクザ)に捕まって、家に連れ戻される。

その後、母のガンスクだけが逃げて「あとで迎えにくる」と、ウンジョに。
偶然、出会った女の子・ク・ヒョソン(ソウ)は、デソン都家という伝統ある酒作りの1人娘。父親、ク・デソン (キム・ガプス)は、堅物で有名。

仕事一筋で娘が7歳くらいの時、妻が病気で亡くなる。妻の病気も知らず、仕事をしてたのでその罪悪感で再婚もせず。一生、1人でいると決意してた。

雌狐ともいう雰囲気、魔性の女!ってガンスクは娘のウンジョと話す時は、すごく言葉使いも悪く性格も雑な感じ。でも、出会ったお金持ちのヒョソン父のデソンと話す時はもう、女の武器・色気を使ってやさしく声を出すの。
男の前では別人なガンスクは魔性だわね。

ヒョソンに案内され、豪邸の娘!と、知ったガンスクはわざと水に濡れて、亡くなったヒョンソ母の服を貸してもらう。
この服を着たガンスクを見て「母」を、思い出すヒョンソは感動。
母に見えてしまったヒョンソなの。これを利用、夜の自転車移動の時、デソンに甘えるガンスクは、デソンの心を奪う。
真面目なデソンは簡単に、ガンスクの色気で一目惚れ。

シンデレラのおねえさん

左、荒々しいウンジョ。
右、ガンスクに母を感じて、泣き出すヒョンソはガンスクに抱かれる。

この辺り、ガンスク役のイ・ミスクの演技はいいですね。
さすがベテラン俳優の2人です。キム・ガプスも悪役もあったけど、このドラマでは「堅物、真面目なおじさん」を演じてます。やっぱり、亡くなった妻の服をきたガンスクには惹かれる。

会社の職員には厳しいが、娘には甘い父親なので、ヒョンソも気に入ったガンスクを妻として迎える決意をする。(早っ)

主役のソン・ウンジョは、母の男運が悪いせいか、父親と呼べる人もいない。
中学の時も、男が変わる母のため転校が多く勉強も出来ず、数学が苦手。でも、他の科目は優秀らしい。

人を信じない、甘えない、頼らない、そんな暗い性格はこの環境で、作られたものなのかも。母の「お金持ちの家の妻になる」と、夢を捨てて欲しいと思ってる。

母のガンスクが、デソンの心をつかみ、娘のウンジョを元の男の家に迎えに行くのが、ホン・ギフン (チョン・ジョンミョン)。
洪酒家の後継者であり、今は見習い。成績優秀な大学生。迎えに行った時、逃げるウンジョを追いかけ、一目惚れになる。

ダイアの指輪を盗って逃げる時、男が拾って育ててた子がハン・ジョンウ (オク・テギョン)。幼い時はデブだった。ガンスクも作らないご飯を、姉代わりのウンジョだけが、作ってくれた恩を忘れない。
その時から、ウンジョだけを「最初で最後、俺の女」と、決める。(再会は数年後・・・でしょう)

1話のストーリーは、ガンスクの娘ウンジョを迎えに行ったものの、デソン都家に狙いをつける母を嫌がり逃げるも、勉強がしたくて、デソンがそれを叶えてくれそうなので、家に入ることを決めるウンジョ。
ウンジョの義妹になるヒョンソが「お姉さん」と、叫んだ所で終わり。

このヒョンソという子がまた、うるさいくらいにおしゃべり(笑)
あれじゃ、ウンギョじゃなくても「うざいわー」と、思ってしまいそうなキャラ。

母を幼くして亡くし、まわりの大人から甘やかされて育ったので・・純粋でもあり、わがままでもあるお嬢様。最初は素直にウンジョに甘えるも・・・
大好きなギフンがウンジョを好き!と、知り性格が変わっていくでしょうね。
3話では大ケンカするシーンもあるようです。

ギフンとは、ヒョンソにとって兄のようにいつも、側で自分をまもってくれた大切な存在、いつも自分のものだと思ってる。

2話
勉強は数学以外は出来る!と、ウンジョはデソンが、「夢があるなら、教えてほしい。願いを叶えるためには援助しよう。」と、言葉で家庭教師を希望する。

これを、自分のまわりにうろつく「邪魔やつ」と、思ってたギフンが、家庭教師となり、驚くウンジョ。
言葉使いが乱暴なので・・ギフンに
「教えて・・じゃなくて。教えてください!と、言わなきゃ教えない」と、いわれ先生と呼び、ギフンに丁寧に話すウンジョ。

「時間がない」と、言葉の意味は「いつ、この家を追い出されて勉強もまた、続けることは出来ない?」と、考えているから。
いつも、そうやって母と、色々な男たちの家を転々としてたウンジョでしょうね。
因数分解をギフンに教えてもらう。

シンデレラ姉

ガンスクは「妻」になったことがないもよう。
40歳にして初めての結婚だったらしい。今までは同居だった男たち。
お金持ちだし、真面目そうなデソンなら!と、ガンスクは婚姻届けを早く出したい。安心したいガンスク。

大勢の親戚を集めて結婚の挨拶をするも、親戚の祖母に「生まれ月が悪い。」と、財産すべてを奪われる顔だ!と、いわれ結婚を、待つようにいわれたデソンだけど。

もう、ガンスクのウソ泣きで騙され、「娘が苗字が違うのでいじめられてる、悲しんでる」と、言葉で「早く婚姻届けを」と、決意するデソン。

祖母の言葉を無視、役所で婚姻手続きをすませてしまう。
車に乗り、「トイレ」と、出るガンスクはどこへ?と、思ったら!

「やったわ!40歳にして初めての妻の座よ!」と、喜び叫ぶガンスク。

と、男を次々と変え、金持ちの男を見つけて、泣きマネと色気で妻の座をつかむガンスクと娘ウンジョ・・と、簡単にいうとこんな内容です。
ドラマらしい雰囲気、暗い展開だと予想なので?ラストはウンジョを好きなハン・ジョンウあたりが死んじゃう展開かも ^_^;

まだ、子供なので数年後、ステキな男性となり、ウンジョの前に登場するようです。

ヒョンソの「良い子」ちゃんぶりが目につくって感じなので、これは後で意地悪な子に変身しそうです。
正式に妻となったガンスクは、早速!家で働くおばさんたちに、うるさく仕事を命令してたわね。しかも、「奥様」と、呼びなさい!みたいな雰囲気。

母のウソを話してしまったウンジョ・・ヒョンソがそれを、デソンたちの前でいってしまい・・ヒョンソを突き飛ばすウンジョを、叩いた母ガンスクだったので。
今後は、本当に母であるガンスクも、ウンジョをいじめるのかも?面白いです。
じわじわ、ハマるドラマですね。オススメ♪

シンデレラのお姉さん DVD-BOX Ⅰシンデレラのお姉さん DVD-BOX Ⅰ

ポニーキャニオン 2010-12-15
売り上げランキング : 15833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌