スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

シンイ-信義 11話あらすじ

死ぬ覚悟で徳成府院君と対決する気のヨンです。

出演 イ・ミンホ、キム・ヒソン、イ・フィリップ、リュ・ドックァン、パク・セヨン、ソンフン、シン・ウンジョン


11話
ウンスに、次の犠牲者を選べと言うファ・スイン。
「従順になるまで飼い慣らせってね。手に入れるために、周りの人を消すの。」
それが兄者だと言う。

慶昌君に毒を渡したのもキ・チョルだが、飲ませたのはヨンだと言うファ・スイン。
そんな質問に答えられないと、立ち去るウンス。

近衛隊とヨンがウンスを助けに来る。
チョヌムジャの笛で、負傷したウンスを心配するが、ヨンを避けるウンス。

皇宮
恭愍王と話すキ・チョル。
民は何をしても文句を言う。反乱を起こさない程度に、飯をやればいいのだと言うキ・チョル。
王は何もしなくていい・・と。
良き王になろうという志も、必要ないと言うキ・チョル。

戻って来るヨンは王妃と医仙は無事だが、名簿の5人の命が奪われたと告げる。
「知過必改・・”己の過ちを知り改めよ”・・そう記されておりました。」
遺体に残した書き置きの事を言うヨン。

見せしめに5人を殺したので今後、恭愍王につく者は出てこないだろうと考えるキ・チョル。

「15日、書筵が開かれる。その時、余の者たちが王の徳目を教えてくれよう・・拝聴せよ。」と、キ・チョルに命じる恭愍王。
高麗には、立派な王を望む民がいることを知るがよいと言う。

王妃の部屋に行く恭愍王。
キ・チョルが王妃の命を狙っている。余のそばで・・と、連れて行く恭愍王。

「いつもあなたを守っている。影のようにね・・」と、ファ・スインの言葉を思い出すウンス。

助けられた李成桂と、親しく話していたヨン。
「あの者ですね・・将来、私を殺すと言うのは。しかし・・そうは思えません。」と、ウンスに言うヨン。

キ・チョルに狙われ、危険なウンスのため、王に許可をもらい、天門へ行こうと言うヨン。
天門が開いてるか、わからないと答えるウンス。

ひとつ、聞きたいの・・と、屋敷から逃げ出した時、転んで、倒れそうな私を支えてくれたのはあなたね?と、聞くウンス。
「私の身が危険なら、助けるために戦った?」
「誓ったのです。」
「私を守る・・必ず帰すと?」
はい・・答えるヨンにキ・チョルに勝てるのかと聞くウンス。
「おそらく負けます。」と、言うヨン。
考えてみる・・と言うウンス。

「笑わないのですか?それとも、私の前だからですか・・」と、暗い顔のウンスに聞くヨン。
無言で立ち去るウンス。

屋敷
チェ・ヨンは禁軍2千の兵より価値がある。手に入れたいキ・チョル。
「王をものにすれば、自ずとやつもついてくる・・忠義だからな。」と考えている。

書筵に出た者は始末する。七殺(剣客集団)を呼ぶと言うキ・チョル。
恭愍王を思い知らせ、廃位に追い込む考え。

皇宮
書筵には、余の者を集めると断言した恭愍王。

王には王妃、近衛隊を救った医仙がいる。
「国の行く末も知っている方が王様のそばにいます・・」と言うイルシン。

しかし、医仙ウンスを表に出せば危険な事は承知の恭愍王。他に方法はない。
キ・チョルは恐怖心で、人の心を得てきた。
「王様もですか?惑わされた民で満足ですか・・」と、聞くヨン。

医仙に頼らず、王様の臣を集めてくると言うヨン。約束通り、医仙は帰す・・つもり。
王に意見するヨンよりも、非礼な者と知り、面白い、顔を見てやろうと言い出す恭愍王。
医仙は帰すと誓う恭愍王。

李成桂の父親が、息子を助けてくれたお礼に来る。
ウンスに感謝し、総官府に戻ったら医仙の事を土産話に・・・と笑う。
元の者たちも驚くだろう・・と言われ、不安を感じるチャンビン。

王妃に旅費を借りて、1人で天門へ行く気のウンスを知り驚くチャンビン。
歴史も政治も大嫌い。けれど、何かしてしまいそうで怖いと言うウンス。

イ・セク教授に会いに行くヨン。
高麗や元の科挙に首席合格している。
師に会いたいと、イ・セクに言うヨン。

男装をして、1人で天門に向かうウンスを捕まえるヨン。
「約束は忘れて。必ず帰すって約束・・」と言うウンス。
「私が約束に命を懸けるのが心配で?・・私の為に?」と、聞くヨン。
私の世界では、初対面や別れ際に握手をする・・と、手を出すウンス。

「私の約束です。守るも破るも、私が決めます。」と、ウンスの手を握り、歩き出すヨン。
「行かせて。これ以上、目の前で人が死ぬのはいやなの。この世界に関わりたくない。それに・・あなたのために泣きたくない。もう、私を守らないで・・もう終わり・・」と言うウンス。
ウンスの手を離すヨン。

イ・セクの師匠イ・ジェヒョンと会うヨン。
「高麗王室に未練はない。余生を静かに過ごしている。なぜ、今の王なのか?新王に残りの人生を捧げる見返りは?」と、聞くイ・ジェヒョン。

「私が・・初めて自ら選んだ王ゆえ・・」と、答えるヨン。
理由を聞かれ、
「線が細く、臆病でもあり決断力もございませぬ。己の判断にさえ迷いがある・・それでも、”恥”をご存じです。」と言うヨン。
恥を失うことなく守ると。

15日の書筵に出席すれば、王の恥を守るという宣誓となる。
しかし、その前に我らを守れると誓えるか?と、ヨンに聞くイ・ジェヒョン。

近衛隊員を連れて、天門に向かうウンスはヨンを思い出す。

皇宮
恭愍王、王妃、チェ尚宮と話す。
イ・ジェヒョンは、親元派が高麗を元に組み込もうとした時、元に反対の意を上疏、立省策動を免れている。
欲しい人材であるが、来てくれるかわからない。

皇宮
恭愍王に、イ・ジェヒョンは承諾してくれた。良き相談相手になるでしょう・・と言うヨン。
医仙ウンスが挨拶もせず、去ったと知り、寂しく感じる恭愍王。

キ・チョルが開京に七殺を呼んだと知り、本気で王の臣を消すつもりか・・と考えるヨン。
1人で戦うのか?じいさまも守ると約束したヨンを心配するチェ尚宮。

「メヒも信じてくれなかった。俺が守るってことを・・あの方もだ。信じていない。」と言うヨン。

「メヒの顔が思い出せない・・向こうに行った時、気づかなかったら寂しい。本当に忘れる前に会いたい・・やれるだけやる・・」
ヨンの言葉に不安を感じるチェ尚宮。

部屋も整理しているヨン。
不安を王妃に伝え、あの方がいれば思い留まってくれるのでは・・と言うチェ尚宮。
会話を聞いている間者(スパイ)。

ウンスに会いに行き、ヨンが何かありそうな気配なのです・・と告げるチェ尚宮。
ヨンの持っている剣には、古びた紐が結わえてある。
紐は契りを交わしたいいなずけのものだが、亡くなったと話す。

7年前、師匠は当時の王により、非業の死を遂げた。原因はその娘。
しかし、娘は耐えきれず数日後、命を絶ってしまった。
それから、抜け殻のヨンが最近、生き生きとしている。
「医仙に会ってあの子は変わった・・」と言うチェ尚宮。

「あの子に、信じなくていいと言いましたか?守らなくていいと言いましたか?・・あの子は己を必要とする場所を求めました。それは・・・死に場所だと思うのです。」
チェ尚宮の言葉で、驚きヨンの元へ急ぐウンス。

今回は正面突破ではなく、罠を仕掛けている。
「未練を残す者もこの世にいない・・」
1人で行く、ついて来るなとテマンに言うヨン。

屋敷
間者の情報で、ヨンが決死の覚悟で来ると笑うキ・チョル。

続く・・

キ・チョルには勝てない。けれど1人で行くのは死ぬ気のヨンですね。
この世に未練はないと、考えるヨンの決意でしょう。

少しだけ、ウンスへの思いで命が惜しい・・と言ったヨンだと思います。
だから、ウンスが止めたら考え直してくれるかな。

恭愍王がヨンを信じ、そんな王を感じて守りたいと思うヨンですね。
玉座を見つめるヨンの姿、泣けて来ました。
忠義ものって好きです。

ファ・スインの言葉で、ヨンを誤解してたと気がついたウンスだと思います。
それでも、現代に帰りたい思いはありますよね。
ラストを知ってるので、安心して視聴ですがドキドキします。

ミンホ君、本当に美しいお顔です。

笑わないウンスに寂しく感じ、笑顔が見たいと思うヨンなのだと思いました。

ウンスは自分のために戦い、血を流すヨンを見たくない。傷ついて欲しくないのですよね。
だから、守らなくて良いと言ったのでしょう。

今日は長くなってしまいました(^_^;)

【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】シンイ-信義- DVD-BOX 3 [3000セット初回限定版] / T...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年04月14日 | シンイ-信義

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。