妻の誘惑 33~34話あらすじ

大火傷でかわいそうなウンジェ。これを心から支えてくれるのがゴヌでしょうね。どちらも優しいから、お似合いだと思うわ。会長は息子の行動を調べるように指示。これで嫁を殺した?と、思うのかな。



あーーー!ウンジェは悲惨な生活を送ってるわ。
仕事をミスしたら、お金のかわりに服と靴を取られて・・裸足で出前するウンジェなの。
苦労してるわ・・心配する両親。

そっと、母を見守るウンジェはかなり、近くに住んでる。
「必ず、戻るわ。」と。

会長はウンジェを誤解してたとやっと、わかり・・追い詰めて自殺した嫁と思ってる。嫁のための大金を貯金してたのよ。

ミン・ゴヌ・・と、命の恩人の名前を知るウンジェ。これが未来のダンナさまになるはずよ♪

ミン女史、ひどいわーー(;´Д`)

「あなたのせいで、ソヒはいなくなったのよ。家から出ていって!財産狙うつもりなの?」と、ゴヌを追い出そうとする。
抵抗するゴヌなんだわ。

ウンジェは「楽をして生きてはダメなんんです。痛みを感じて生きないと。」と、ゴヌが買ってくれた服を遠慮する。
病院で働き続けるのよ。
頼ると甘えてしまう・・と、強く生きたいとウンジェ。

ミインはエリを連れて、ウンジェの実家へ。
会長が、嫁の実家に謝罪にいけというの。通帳を持って行くのだわ。

通帳の金額をみて驚くエリは、「お金はもらいましょう。誰にも言わなければ、わからないわ。」と、謝罪だけにするのよーー。
そういうと、思ってたわエリだもん。

一応、お悔やみだけ・・と、エリたちに激怒の母のミジャ。
「ウンジェを成仏させてやりたいのよ。」と、母はエリたちを殴るの^^;
まぁ、あの程度なら受けるべきだわ。
とめる父・・だけど、水をかけて(笑)

「これくらい我慢しましょ。数億が手にはいったんだから。」と、エリ。
秘密は守るから、
「私を息子の嫁として、紹介してください。お金はいりません。」と。


ミインの友人たちの前
「息子です。5才になります。私たち結婚します。」と、エリに何もいえないのよ。

「シン先生のせいで、離婚したの?」と、驚く友人たち。

やだーー!街で偶然、ギョビンと出会ってしまい逃げるウンジェ。ほんと、近くにいるのねー。
逃げて市場を逃げまくり・・2階から下に飛び降りるのよ。
下にあった火鉢で・・足に大火傷をおうけど、必死で声をころすウンジェ。

ギョビンは
「気のせいだな。見間違えか。あいつは死んだんだ。」と、思う。

火傷を見られて「面倒はいやよ。」と、お店をクビになってしまうウンジェ。
自分で大火傷の手当をするのよーーーここは見てられないわ(>_<;)

手作りの石けんをメモ付き、ゴヌに渡してもらうウンジェは優しい。
ゴヌも、受け取らない彼女のために、看護師から服をわたしてもらう。

具合が悪そうだと、聞いたゴヌはウンジェの様子を・・みると、火傷手当のショックで倒れてるウンジェを発見。
治療をしてくれる友人の医師。
手当が遅かったので、傷跡が残るといわれるの。

事情があるらしい・・と、話すけど、何もはなしてくれないとゴヌは
「なんとか、力になりたい。ソヒがいなくなった日に出会った。」と。


養子離縁をすると、ミン女史はゴヌの部屋を契約。
追い出すという・・夜中に寂しく家をでるゴヌ。
翌朝、ミン女史はゴヌを思い・・朝食の用意をして・・遅すぎるわ!

ゴヌの手紙を泣きながら読んで・・それなら、追い出さなければ良いのにさあ。
養子で引き取った時の手紙
「神様が与えてくれた息子・・」と、読むのよ。
「あなたを大切に育てるわ。決して離さない。」と、自分が書いた手紙。

ピョルニム?って何かしら?娘の名前かな?
娘の代わり・・・と、いってたわ。

近所のおばさんに、「ウンジェはあの日、旦那さんの車に乗ってたわ。」と、聞いたミジャは怒り、「ギョビンが怪しい!」と、騒ぐ。
ガンジェは本人に聞くけど、「俺は知らない。」と、とぼけるギョビン。

目撃者がいた・・と、知るエリは「自殺の証拠」を作るというのよ。
会長は、ガンジェの文句でウンジェの捜査を指示。

ギョビンは、「殺人犯に?」と、怯える。

エリの家にいくガンジェは・・ニノの「僕、1人なんだ。お腹空いたよ。」と、言葉に・・

エリは仕事場で「ニノがいない?」と、連絡で慌てる。

これきっと、ニノが家に帰り?知らないエリは「ガンジェがニノを誘拐した?」と、騒ぐかな?
何でも、ガンジェとウンジェたちを悪く思うエリだものねー

このドラマも、高校野球のため、時間延長されるようです。
録画は延長しておいた方が良いかも。
追記 
最終話まで書き終えてます。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年08月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 妻の誘惑
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌