スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

メイクイーン 33話あらすじ

すべての人が事実を知り、復讐と野望に走ります。

メイクイーン/MAY QUEEN DVD-BOX1
メイクイーン/MAY QUEEN DVD-BOX1
TCエンタテインメント 2013-05-02
売り上げランキング : 12635


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 キム・ジェウォン、ハン・ジヘ、ジェヒ、ソン・ウンソ、ヤン・ミギョン、オ・ドクファ、キム・ギュチョル


33話

ヘジュに事実を打ち明けるギチュル。
「私が車で轢いたせいで、先輩は死んだ。仕方がなかった。チャン会長に事実が明るみに出たら、チャンヒを殺すと脅されて・・」
勇気が出なくてハンドルを切ったら、お前の自転車が来た。よけようとしたら轢いてしまった・・と泣くギチュル。

「おじさんはチャン・ドヒョンと同類だわ。謝れば済むんですか?父を殺しておいて、私まで島へ送ろうとした!出て行って・・」
泣き叫ぶヘジュ。
すまないと事務所を出て行くギチュル。ヘジュを支えるサン。


チャンヒを呼び出し、「なぜ、私と父さんに酷いことを・・あなたの幸せを願っていたのに・・あなたはチャン・ドヒョンと同類よ。許さない。仕返しするわ。」と言うヘジュ。

ドヒョンと食事するチャンヒ。
昔、カン会長の息子が日本で事故死した。カン会長はそれを俺の仕業だと思い、調べていた。チェ君がそれを知り、カン会長を殺した。私は指示していないと言うドヒョン。

「信じられるのは君だけだ。イルムンは俺を告発した。君が息子で後継者だ。」
夢を叶えたら、お前に会社を譲ると言うドヒョンは義父さんと呼べ!と言う。従うチャンヒ。

チェ・ウクジンを取り調べるジョンウ。
会長は無関係、独断でやったと言うチェ・ウクジン。

ジョンウに、父さんを殺したのはパク・ギチュルであり、チャンヒもそれを知っていたと告げるヘジュ。


なぜ、ヘジュに話したと怒るチャンヒ。心の重荷だった。謝りたかったと言うギチュル。

「1人の力では会長を倒せない。奥様に話して、ヘジュ、奥様、ジョンウ、皆でそれぞれの方法で攻撃する・・止めるな。」と、言うギチュル。
驚くチャンヒ。

家でひとりぼっちのドヒョン。

サンに苦しみを吐き出すヘジュ。
「父だけが支えだった。辛い生活の中・・あの男を許せない。この手で・・」と言うヘジュ。
「俺も同じ気持ちだ。ドリルを造り、天地造船に復讐しよう・・」と言うサン。

事務所
チャンヒに言うジョンウ。
「ヘジュから聞いた。父親の件で脅されて、検事を辞めたのか・・今からでも遅くない。あの家を出て一緒に復讐しよう・・なぜ、やつの下にいる。」
ジョンウに動じないチャンヒ。

ドヒョンからのメモを、チェ・ウクジンに渡すチャンヒ。
「お前がした事だ。家族は俺が面倒をみる」
その後、自白するチェ・ウクジン。

カフェ
グムヒに事実を打ち明けるギチュル。
「会長にチャンヒを殺すと脅され、仕方なくユジンを・・でも、殺せませんでした。先輩にユジンを預けたのです・・会長がユン・ハクスを殺した。私も殺されそうで・・」
すべての事実を告げるギチュル。
会長は、ハクスの持っていたフィルムを奪ったと言う。

グムヒを呼び出すドヒョン。
「ヘジュを連れて来て一緒に住んでもいい。インファが知ったら・・あいつもお前の娘だ。」
お前を失いたくないと言うドヒョン。
しかし、怒り出すグムヒ。

インファと会うイルムン。
「あの女は実の母親じゃない。覚えてないだろうが、事実なんだ。あの女が父さんを誘惑した。あの女は敵だ!ヘジュがあの女の娘だ。あの女は、実の娘を家に迎えようと・・皆を騙してる。」と、言うイルムン。
信じられないインファ。

グムヒに会うインファ。
「私もママが必要よ・・すごく辛い・・捨てないで・・ヘジュの所へ行かないで。家に帰って。」と言うインファ。
「ヘジュのそばにいてあげたいの・・」と、インファを抱きしめるグムヒ。

家に帰るインファはチャンヒに聞く。
「私を昔から、好きだと言うのは嘘なの?」
「ああ・・これ以上、自分をだませない。」と答えるチャンヒ。
驚き悲しむインファ。

ジョンウに会いに来るグムヒ。
「パクさんから聞いたの。ハクスを殺したのはチャンだと・・フィルムのために殺したといったの・・」
殺した理由を明らかにするため、探すと言うグムヒ。

ヘジュを呼び出すチャンヒ。
「チャン・ドヒョンには勝てない。サンと手を引け。俺をこんなにしたのは君だ。父が君のお父さんを殺したと知った時、絶望した・・父を捨てて、外国へ行こうと言った。君が僕を拒んで、家族を選んだ。」と言うチャンヒ。

君を得られないなら、やつ以上の悪魔になろうと。話しても何も変わらない。君は家族を捨てられない。
「チャン・ドヒョンと戦うな・・それは俺の役目だ・・」と言うチャンヒ。
2人の会話を見ていたサン。
帰るチャンヒ。

ヘジュに、「そんなに辛くて・・忘れられないなら・・やつの元へ行け。」と言うサン。
「分からないの?・・私は先輩に釣り合わないから・・」と、言うヘジュ。
ヘジュにキスするサン。

戻って来たチャンヒは2人のキスを見てしまう。

続く・・

あー!チャンヒ、可哀相だわ。
ヘジュを愛してるのに。サンもいいけれど、チャンヒが不幸な分、幸せになって欲しいと思いますね。

グムヒ、インファも事実を知りました。
今後は誤魔化しても、証拠で捕まる方向のドヒョンでしょうね。ギチュルは最後、死んでしまいそうな気もします。

かなり重い内容なのに、サンテや、ヘジュとサンのキスなどで笑いもあるドラマですね。
やっと、ヘジュとキス出来たサンでした。
情熱的だわ。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年04月20日 | メイクイーン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。