スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

シンイ-信義 15話あらすじ

面白いです。ウンスが帰れる日、天門が開く日が分かりました。このチャンスを逃したら、生きて現代に戻れないでしょう。

出演 イ・ミンホ、キム・ヒソン、イ・フィリップ、リュ・ドックァン、パク・セヨン、ソンフン、シン・ウンジョン


15話

ウンスが急変、驚くヨン。

チェ尚宮から、徳輿君と毒の事を聞き、解毒に駆けつけてくれるチャンビン。毒の種類がわからず、調べる事に。

解毒剤が欲しければ、妓楼で待ってると言った徳輿君だった。ウンスに残された時間は長くて1日。

妓楼
徳輿君の胸ぐらをつかみ、解毒剤は!と、怒鳴るヨン。徳輿君の要求は玉璽、解毒剤と交換が条件。

皇宮
恭愍王に、医仙が毒で動けないと告げるヨン。
解毒剤のため、王様のもの・・玉璽が必要と伝える。王の命令で探し、王妃の命も助けた医仙が危険だと言う。

「たかが女人のために・・・玉璽が何を意味するかわかっているだろう・・」呆れる恭愍王。
誰に渡すのかと聞かれ、徳輿君だと答えるヨン。

「王の民が助けを請うております・・民あっての王様・・」
「玉璽を渡せば、玉座も渡す事になろう・・」
渡してもらえぬなら、奪うまで・・と、近衛隊相手に丸腰で戦うヨン。

玉璽を狙う賊として、捕まえようとヨンを追う近衛隊。隊員を誰も傷つけないヨン。

玉璽を死守せよ、いざとなれば賊を斬れ・・と命じるチュンソクだが・・玉璽は奪われてしまう。

「恐らくチェ・ヨンは王様の前に出る前に、玉璽を奪取し、その後・・」と、考えるチュンソク。

眠るウンスは夢の中で、自分が手帳に「ウンス」と書いてるのを知る。

妓楼
徳輿君に玉璽を渡して、解毒剤を受け取るヨン。
しかし、解毒剤は3日に1度、飲まなければならない。7回、飲む必要があると言う徳輿君。

驚き怒るヨンだが、3日後に来る・・と立ち去る。まっとうな人間としか話さない・・と、徳輿君を相手にしないヨン。

ウンスに薬を飲ませるチャンビン。血は汚さず、神経を麻痺させる毒・・作れるか試してみると言う。

キ・チョルと会う徳輿君。
玉璽を差し出し、
「チェ・ヨンが持って来た・・何故か、分からぬ。そなた同様、今の王に不満なのだろう・・私に考えはない。好きにせよ・・医仙を手に入れたいのだろう。その心を得た男は今や、私の掌中にある。」と、言う徳輿君。

皇宮
玉璽を盗まれた事は、秘密にすると言う恭愍王。

王妃に信じられないが、チェ・ヨンが裏切り、玉璽を奪った。しかも、玉座を狙う徳輿君に渡したと怒る恭愍王。

裏切るはずはないと、ヨンの言葉を詳細に・・と、王妃に言われ気がつく恭愍王。

玉璽を下したのは・・と思い、巻物を見て分かる。
意味など考えた事もなかったが、「駙馬国王宣命征東行中書省」とある玉璽。

元の配下にあることの証だった。
「元に与えられた印形を惜しんですがるあまり・・あの者に暴言を吐いた。」
余の民・・といいながら、民の顔を見た事もなければ、会った事もない事に気がつく恭愍王。

「余の知る民はチェ・ヨンしかおらぬのに・・」

「正気とは思えぬ・・」ヨンに言った言葉を後悔する恭愍王。
恭愍王の苦しみを理解、抱きしめる王妃。

眠るウンスは夢の中で、倒れ死にそうなヨンを見る。泣いて、うわごとを言うウンスは峠を越す。

チェ尚宮と会うヨン。
徳輿君は会議を開き、イルシンはキ・チョルと密会と教えるチェ尚宮。王は孤独だ、戻って来ないのかと言われるヨン。
まずは医仙を治す、帰すと言う。

目覚めるウンスは、ヨンが解毒剤を取りに行ったと知る。

「天門が開く日が分かった。あと1ヶ月ほど先・・その日に帰れなければ、次は67年後になるみたい・・」
手帳に書いてあったと言うウンス。

「生きてるうちに帰るにはその日しかない・・・」と、言うウンス。

会議
高麗人の妹は元の皇后となっても、高麗を案じている。皇后によると、元皇帝より賜った玉璽を使用していない・・と、言うキ・チョル。
玉璽を紛失した?と、言い出すイルシン。

玉璽を見せてくれれば、妹にそれは噂だと伝えると言うキ・チョル。

「その玉璽は余が処分した。高麗国王にふさわしい玉璽を作る。」と言う恭愍王。
驚き、呆れるキ・チョル。

会議は終わり、
「この事は漏れていないだろうな、漏れていれば、ヨンが戻れない・・」と、心配する恭愍王。

再び、徳輿君の所へ解毒剤を取りに行くヨン。碁をしながら、朝まで世間話・・が今回の条件。

皇宮
王に無断で、禁軍2千をキ・チョルの屋敷に討ち入りさせたと言うイルシン。
キ・チョルの首を捧げます・・と、言う。
「王様の心は私にあらず・・尽くしても無下になさった・・」と、言うイルシン。

妓楼
ヨン、徳輿君と一緒にいるキ・チョルは禁軍の討ち入りと驚く。
だが、ヨンがいないのに王に度胸はない。徳輿君が動かしたと考えるキ・チョル。

「死なれては困る。」と、徳輿君を守るヨン。
「本当に徳輿君に寝返った?」と、ヨンに聞くキ・チョル。

「皇宮を占拠し、王を人質に取引する・・」と、言い出すキ・チョル。
禁軍が屋敷に集中、皇宮はがら空きの状態。

驚くヨンに、
「朝までつきあえ・・それとも解毒剤を諦め、王の下へ走るか・・」と、言う徳輿君。

続く・・

徳輿君は賢いです。
長い間、身を潜めてたから、生きていられたと言ってました。死ぬか生きるか、これしかない徳輿君。

今のキ・チョルには、ヨンが仕える人は恭愍王から、徳輿君になったと思える展開です。

玉璽の件。
そもそも、高麗の王なのだから、元皇帝にもらったとはいえ、玉璽に頼り恐れる事もないですよね。国の状況などあっても、あんなに怯える事もないかと。

キ・チョルの弟は屋敷を襲撃され、亡くなりました。予告を見るとすごい展開に。
ウンスの夢は過去であり、経験した事なのでしょう。
すごく面白いです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年04月28日 | Trackback(0) | シンイ-信義

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。