7級公務員 4話あらすじ

ケンカばかりの2人、1年後の再会となりました。

出演 チュウォン、チェ・ガンヒ、チャンソン、キム・ミンソ、アン・ネサン、オム・テウン、チャン・ヨンナム、トッコ・ヨンジェ、イム・イェジン、イム・ユノ、キム・スヒョン、イ・ハンウィ、キム・ミギョン


4話

同僚のためなら、何でも出来ると言うギルロ。
「悪事も出来るのか?」と、聞くウォンソクはわざと負ける。

何も知らず、喜ぶギルロたち。逃げ出すソウォンを追いかけるギルロ
「金のせいで泣くな。」と、言う。

夜、ソウォンの部屋ベランダに、紙コップを送るギルロ。糸電話で話す2人。

「俺の見合い相手は皆、逃げた。逃げなかったのは君だけ。お金がなくても、バイトして弱音を吐かない。親に頼らない。俺は・・父を嫌っていながら、カードは使う卑怯者だ。君のような強い女性が好きだ・・」
ギルロの告白に驚き、返事をしないソウォン。

ギルロを解雇せよと、命令を受けるウヒョク。

夜、ジュマン(ギルロ父)を作戦で尾行中、ウヒョクがいるのに気がつくソンジュン。乱闘になり、ウヒョクを刺すソンジュン。
ウヒョク妹がソンジュンを殺害するが、「殺せ」と、言い残し、亡くなるウヒョク。

翌日
ソンジュンが亡くなったと、報告を受けるウォンソクだが、研修中は外出出来ない。悔し涙のウォンソク。

bar
「私たちの家族はいきられたのに・・死んだ。みんな殺す・・」と、つぶやくウヒョク妹。
あいつらは10年以上も、父さんを利用したと。

お酒を飲む訓練で、酔ってしまうギルロ、ソウォンたち。

ヨンスンに、「放送局を受験するので、外出させてほしい・・」と頼むソウォン。
「ここを辞めればいい・・」と、いわれるが、給料のために辞めるわけにはいかないと答えるソウォン。

ソウォン実家
パーマをかけ、婦女子会長になるマクネ(ソウォン母)。
村長になると言うパンソクに、公約がないと誰も票を入れてくれないよ・・と、言うマクネが面白い。大仏ヘアーなの。

パラシュート訓練。
「俺が会ったキム・ソウォンの誕生日は今日だ。誕生日おめでとう・・」と、言うギルロ。
パラシュートで空を舞いながら、歌うギルロに驚くソウォン。

ギルロと話すソウォン。
「放送局を受験するため、ここを辞めるかもしれない・・」と言うソウォン。
「辞めろよ。夢を追うべきだ・・誰かのためでなく、自分のために生きろよ。」と言うギルロ。

「恋をしてる余裕はない。優しくしないで。」
「知ってるのは君の偽名と、偽の親と偽の誕生日・・本当の誕生日は?俺はハン・ピルロ。君は誰?」
「ここを出れば知るかもね・・」と、答えるソウォン。

幹部と話すウォンソク。
ソンジュンは、ジュマンとJJの接触現場で死んだ。
「ハン・ジュマンが尾行に気づき、罠を仕掛けたんだ。弟子のピルン・・やつの父親に殺されたも同然だ。」
弟子を大事に育てろと言う幹部。

ここ、KNTVの字幕では「ピルン」とあるのです。
内容からして、ギルロ(ピルロ)の事だと思うのですが。つまり、ギルロ父・ジュマンが罠を仕掛け、ソンジュンを殺したと、推測する幹部です。
でも、ジュマンは罠なんて仕掛けてないと思います。


突然、除名されるギルロ。
規則違反、反則点オーバーなど理由は十分と、告げるウォンソク。「本当の解雇理由は君の中にある。捜してみろ・・」
驚くギルロ。

納得いかないソウォンだが、追い出されてしまうギルロ。

「自分がいなければ、この世は存在しない・・」
ギルロの言葉を思い出し、ギルロを追いかけるソウォン。

「君が誰なのか・・名前すら知らない・・」
「私が知ってるわ・・」
泣きながら、研修所を去るギルロ。

ソンジュンが生きていれば、上司に逆らっても、守ったはず・・と、ウォンソクに抗議するヨンスン。
ギルロを守らないと、抗議するヨンスンです。

ホテル
目覚めると、ウォンソクがいたので驚くギルロ。特殊任務を命じられ喜ぶ。

父であるハン・ジュマンの監視、保護をしろと言うウォンソク。
「国際産業スパイに命を狙われている。系列会社が持つ多くの国際特許技術を奪うことが目的らしい。」
「俺は要員ですか?」と、確認するギルロに
「私の弟子だし、信じる要員だ。」と、言うウォンソク。

身分証は?と、聞いて、身分を隠すのに必要か?と、殴られるギルロ。

家に帰り、会社に入るギルロ。

1年後

キム・ジョンウォンと名乗り、面接を受けに来るソウォンと再会するギルロ。

続く・・

ソウォンはきっと、任務として偽名で面接を受けに来たのでしょうね。ギルロは部長になってます。

亡くなったテロリスト・ウヒョクの妹たちが今後、どう接触してくるのか謎ですね。これで、オム・テウン氏のシーンが終わるは寂しいです。

回想シーンによると、国家情報院の要員たちが、ウヒョク父を見殺しにした様子です。
幼いウヒョクが必死で、父さんを助けて・・と頼んだのに無視したソンジュンたちでした。これで、復讐を決意したのだと思います。

ギルロを解雇したのは上司からの命令だけど、父親のジュマンを監視、保護させたのはウォンソク個人の命令のような気がします。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年04月30日 | 7級公務員

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌