スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

乱暴(ワイルド)なロマンス7-12話あらすじ

明るいラブコメだけど、謎の事件も発生です。

出演 イ・ドンウク、イ・シヨン、ジェシカ、オ・マンソク、ファン・ソンヒ、カン・ドンホ、イ・ボヒ


マスコミに騒がれ、ドンスに「俺の生き方が間違ってたから、こんなに騒ぎになって・・」と、弱気になるムヨル。
「野球が出来ないなら、死ぬしかない」と、ムヨルのノートを見てしまうウンジェ。

新聞に選手資格剥奪・・・と、出てしまい心配するウンジェ。ムヨルを助けるためアンチファンに相談する。
ムヨルの事をキム室長に、異議申し立てをするドンス。

落ち込み、山に行くムヨルを追いかけるウンジェ。
「なぜ、暴言の事を話さないの?」と、聞く。
「彼女を巻き込みたくない。」と、言うムヨル。

被害者ユニと会うコ記者。
パク・ムヨルは50億も稼ぐのだから、分け前をもらってもいいだろう・・と言うので呆れる。お金目当てで、野球を球遊びとバカにするユニ。

「カン・ジョンヒをバカにすれば、パク・ムヨルは爆発する」と、写真の裏に書いてある。
これを見て、ユニは言ったのね。

ユニは、「カン・ジョンヒを知ってるだろう?男なら誰でもいいんだろう。尻軽女・・」と、ムヨルに言った。
ジョンヒを悪く言われ、激怒でユニを殴ったムヨルだった。

ムヨルの怒った理由が明らかになる。
審議の結果、ムヨルは24時間の奉仕活動と3ヶ月の出場停止になり、選手資格の剥奪は取り消しになる。安堵のドンス、ムヨルたち。

帰国するカン・ジョンヒ。
元彼女のジョンヒと親しいムヨルを見て、寂しいウンジェはオシャレに気を使う。

ジョンヒの猫が行方不明になり、マンションで見つかるが・・無残な姿だった。パニックになるジョンヒを落ち着かせるムヨル。
猫を殺したのは誰か・・警察に依頼する。

ジョンヒの警護をウンジェに頼むムヨル。

不良に絡まれ、ジョンヒを逃がして1人で、相手になるウンジェはケガをしてしまう。

火傷した家政婦ソニを家に送るムヨル。詩が好きなソニだと知る。

ジョンヒの危機を知り、駆けつけるムヨルは、ジョンヒの傷を心配してウンジェに怒る。
「お前がいるのにこんな事に!」
何も言えないウンジェ。

ムヨルの写真を部屋中に飾っているソニは・・ムヨルのストーカーだった。

12話

ムヨルの携帯、手帳を勝手に見る家政婦ソニ。

ウンジェのムヨルへの思いを知り、「なぜ、告白しないの?」と、聞くジョンヒ。とぼけるウンジェ。

親の事で苦悩するウンジェと、ボクシングで勝負するムヨル。勝負に負けて、ウンジェの願いを聞く事に。
「私を好きになって・・」と、言いたいウンジェ。
しかし、思いを言えず、靴の紐を結んでもらう。

ドンス妻のスヨンは、ムヨルは現役だが夫は引退。静かな所で、暮らしたいと思っているが理解してくれないドンス。
そんな複雑な思いを、ソニに打ち明けてしまうスヨン。

スヨンの家にジョンヒの写真が送られてくる。目はくりぬかれ、写真の裏には「悪いのは誰?」と、書いてある。
驚くスヨン。

続く・・

家政婦のソニが、ムヨルのストーカーなんて驚きですね。あんな近くにいる人とは。
詳細はまだ、わからないのでストーカーとも言えないのかしら。
どっちにしろ、危ない人なのは確実だと思います。

ムヨルがジョンヒと親しくしてるのを見て、悲しい思いのウンジェ。そして、明らかに嫌な顔をするソニが怖いです。
ジョンヒの猫を殺したのはきっと、家政婦のソニだと思います。

キム室長は、ドンアを好きになってる雰囲気です。
最初、ムヨルに対して敵意を感じたコ記者だけど、理解してくれてる様子です。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。