シンイ-信義 17話あらすじ

脚本も面白い。オススメ!ミンホ君のヨンは本当に格好いいわ。

シンイ-信義- 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)
シンイ-信義- 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)韓国ドラマOST

Loen Entertainment 2012-12-13
売り上げランキング : 1532


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 イ・ミンホ、キム・ヒソン、イ・フィリップ、リュ・ドックァン、パク・セヨン、ソンフン、シン・ウンジョン


17話

「その日・・」が、今日である事に気がつくウンス。慌てて、徳輿君に会いに行く。

「罠で殺す気?・・何でもする。殺さないで。手を出さない約束よ。」
「なぜ、罠と知っている?」と、驚く徳輿君。
手帳の続きに書いてあったと言うウンス。

「お前がいないと、キ・チョルを繰れない。」
王族の自分と結婚すれば、王妃にしてやると言う徳輿君。ヨンを助けるため、承諾するウンス。

イ・ジェヒョンらと、街の家に閉じ込められるヨン。大量の火薬で、狙われるがドアを蹴り破り脱出する。

屋敷
チャンビンから、隊長は難を逃れ、手裏房と合流したと聞くウンス。

チェ尚宮と話すヨン。
「気になる。爆破しようとしてたのに・・消えた。火薬だけを残して・・」と、言うヨン。
「お前を狙ったか。じい様たちは餌で、お前が本命・・」と、言うチェ尚宮。

外宮(玄高村)
新しい玉璽を、恭愍王に届けるイ・ジェヒョン。
「玉璽は名目で、本当は王が病んでるのか見に来た。己の叔父に、王の代理に立てるほど・・深刻かと。」と、言う恭愍王。
図星で何も言えないイ・ジェヒョン。

新しい玉璽で、チェ・ヨンを復職させる恭愍王。
「王妃の命を助け、護衛の者を守り功を立てた。これまでの過ちに恩赦を与えたい。」

恩赦を与えられ、将軍となるヨン。
チャンビンからの書状で、徳輿君とウンスが結婚すると報告に驚く。

皇宮
婚礼の衣装をまとうウンスはヨンの幻を見る。
この微笑むヨンがステキで(*^^*)
つい、ウンスのように笑顔になったわ。どうしましょ(^_^;)


玉座に座る徳輿君は、自分はどう見える?と、嬉しそうに聞く。
「自己愛の強い人格障害者ね。出世欲が強く、欲望のためなら手段を選ばない冷血漢・・うぬぼれも強い。」
ウンスの言葉を笑う徳輿君。

「私に毒を盛ったことは忘れてあげる。治ったから。でも、あの人を殺そうとした恨みは・・何かにつけ思い出す。」
そんな感情は忘れろという徳輿君。

禁軍が護衛してる中、寝所に入るヨン。
ウンスがなぜ、徳輿君と結婚するのか・・理由を聞く。
4日前、命を狙われた自分を助けるため、ウンスが徳輿君の条件をのんだと確信する。

連れ戻そうとするヨンに、
「私も考えてる。婚礼は1ヶ月先よ。それまでに天門が開く・・」と、言うウンス。
「あなたが帰るまで、残された日々はわずか・・ヤツのそばになど・・だから・・俺ではダメか・・」と言うヨン。

「私は天から来たから、おかしな事を言う・・手帳の続きには、ある人の命に関わることが記されていた。
数日前、あなたを助けられたのはそのおかげ・・ある人とは・・あなたよ・・」と、言うウンス。

手帳の先には、他にも書いてあるかもしれない。でも、卑怯な徳輿君は残りを渡してくれない。婚礼の夜、夫婦になった日にくれる・・と言うウンス。

「あなたに毒を盛った男だ。怖くないのか?婚礼など・・」と言うヨン。
「助けられるのにしらんふり出来る?・・あなたならどうする?私を救うでしょ?」
「馬鹿なお方だ・・」と、ウンスを抱きしめるヨン。

手帳の残りを燃やす徳輿君。

ウンスに事情を聞きに来るチェ尚宮。
口約束だけ、結婚はしない。すぐに破談にすると言うウンス。結納品もあり、呆れるチェ尚宮。

王族との婚約、簡単には破談に出来ないと教える。もしも、ヨンと逃げれば逆賊になる・・と、言われ驚くウンス。

皇宮
ヨンが恭愍王の王命を持ってくる。
「玉璽はひとつ、これより王は政務を再開する。」任務として、玉座に座る徳輿君に告げるヨン。

屋敷
キ・チョルと、王の戦法が変わったと話す徳輿君。
「天門が開く日は2ヶ月後と聞いているが、騙されてる気がする。」と言うキ・チョル。
本当はもっと、早いのかもしれない・・と、考える徳輿君。

手帳の残りを捜すウンスとヨン。
「手帳には私の命の他に何が・・?」と聞くヨン。
「天門の開く日よ・・」と答えるウンス。

ウンスの事は書いていないと知り、
「諦めましょう。いつ、死ぬのかなど、知りたくありません。」と、言うヨン。
「私にはこれしかしてあげられない・・二度と会えない永遠の別れになる。それでも、あなたが幸せに生きてると思いたい。だから諦めない。」と、言うウンス。

恭愍王を皇宮から、追い出した兵士たちに会うヨン。
俺たちは部下を失ったが、お前らの上官だけ懐を肥やした。「王が待っている。お膳立てしよう。戻って来い」と言うヨン。

禁軍2千、キ・チョルの私兵に対して、近衛隊は50人。味方を増やしたい考えのヨン。
味方になった禁軍には役職を与える恭愍王。

屋敷
キ・チョルと話す徳輿君。
「婚礼の儀の前に・・禁軍が王に寝返る前に・・玄高村を討つ・・婚儀が終われば、私と妻は皇宮へ戻り、その頃・・王は賊に襲われ崩御する。」

国葬が済めば、妻はしばし旅に出るという徳輿君。日取りは明後日・・と、キ・チョルに言う。

チェ尚宮に、来月15日にあの人が帰る・・と言うヨン。残るわけないと思っている。

結納品を返し、徳輿君に会いに行くウンス。
「手帳の残りはいらない。あなたは王になれないんでしょ。結婚をやめましょ。キ・チョルとの取引に必要だっただけ・・」
ウンスの言葉に驚く徳輿君。

「手帳の残りは宿題、誰かが私に残した宿題を解きたかったの。あの人のそばにいれば、解けるはず・・」と言うウンス。
「破談は近衛隊長との不義が理由となろう。両人の処分は・・軽くて官奴婢、島流し・・」と、言いだす徳輿君。

「王の命で試すか?チェ・ヨンは恋しい女より、王を取るかな・・」
禁軍は2千、王の護衛は50名と言う徳輿君。

普済寺で、婚礼を行うと言われ、驚くウンスとチェ尚宮。
王のいる玄高村は包囲している、客なので生かして連れて来る・・と言うキ・チョル。

逃げられず、徳輿君と普済寺へ向かう時、ヨンが来る。
「王が危ないの。早く行って・・」
ウンスの言葉を聞いてキスをするヨン。

続く・・

恭愍王の元へ急ぐヨンでしょうね。
だから、最後かも知れないとキスをした。徳輿君、キ・チョルたちの前でキスしたので悔しいと思うわ。

チェ尚宮はウンスの気持ちに気がつき、ヨンを思い残ってくれると考えてます。でもヨンは天門が開けば、ウンスは帰ると思ってます。

天門が開く日を誤魔化し、徳輿君と形だけの婚約をしたウンス。
この状況だと、逃げられない気もするけれどもちろん、ヨンが助けてくれるでしょうね。

ウンスが見た幻のヨンがステキでした♪
ミンホ君ファンでなくても、保存版にしたいと思えるほど見応えありますね。
音楽もとてもステキ、ドキドキして泣きそうになります。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年05月05日 | シンイ-信義

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌