スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

シンイ-信義 20話あらすじ

未来の自分を信じるウンス。後悔しないため、ヨンと共に生きる道を選びそうです。つまり、戻らない道です。

シンイ-信義-【3000セット初回限定版】 DVD-BOX1
シンイ-信義-【3000セット初回限定版】 DVD-BOX1
エスピーオー 2013-04-24
売り上げランキング : 3004


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 イ・ミンホ、キム・ヒソン、イ・フィリップ、リュ・ドックァン、パク・セヨン、ソンフン、シン・ウンジョン


20話

「・・あの日、皇宮へ戻るべきだった。戻っていれば、王妃は助かり、王様もお心を見失わずにすんだ・・そして・・すべてを背負い、すさんでいくあの人を見ずに済んだ。・・私のように逃げないで。それがあなたの最後の日になっても・・」
手紙を思い出すウンス。

手紙があったと教え、今、戻れば王妃を救えるとヨンを説得するウンス。近くの村で情報を集めようと言うヨン。

皇宮
王妃が行方不明となり、激しく動揺して探す命令を出す恭愍王。

「これは天罰だ。チェ・ヨンの思いに何ひとつ、応えてやらなかった・・医仙が危ないと、助けて欲しいと申す折、こんな思いをしていたのか・・」
心の苦しみを知ったという恭愍王。

チェ尚宮が王妃の部屋から、親書を持ってくる。
印は断事官のものであり驚く恭愍王。元の使臣、徳輿君の部屋を調べろと命じる。


逃げないで・・と、手紙を思い出すウンス。村人から、戦になると噂を得るヨン。
1人で天門に行く。ダメなら一緒に戻ろうと言うウンス。

「私のせいで武士をやめ、王のそばも離れるの?私が喜ぶと思う?それでも守ってるつもり?やっと出会えたのに・・私のせいで、投獄され、武士までやめて・・戻ろう・・」と言うウンス。
刺客が来るも追い返すヨン。

説得され、王の無事を確認すると言うヨン。
「元の使臣は元へ連行せず、公開処刑する気です・・それでも戻ると?」
「上等よ。」と、答えるウンス。

屋敷
断事官ソン・ユに親書を見せ、釈明せよと言う恭愍王。

「断事官の名で、王妃に親書が渡された。王妃をそそのかし、呼び出した。どこへ連れ去った!」
「筆跡が違います。王妃さまを連れ出してなどいません。」と答えるソン・ユ。
王妃を出せ!と、ソン・ユを縄にかけろと命じる恭愍王。

徳輿君に会い、「私の印章で、偽の親書を送り、王妃を呼び出した。」と、言うソン・ユ。
私の任務は戦をせずに、高麗を接収する事だと言う。

元の姫君に何かあれば、お父様の魏王が黙ってないでしょうと言いソン・ユ。
「いらぬ心配。命まで奪うまい。」と言う徳輿君。

ウンスと一緒に戻るヨンは、王妃が行方不明だと知る。

皇宮
徳輿君を呼ぶ恭愍王。
「王妃を返して欲しい。」と、条件を聞く恭愍王。
「あり得ませぬ。私なら条件など付けません。犯行を認めた事になりますから・・」
王妃も守れぬ王・・と、元にも噂が流れるだろうと言う徳輿君。

「王位が望みか?持っていけ・・ただし、叔父上も高麗人なら国だけは残して下さい。」
「国は残せましょう。名が変わるだけです。高麗も元も同じ事。」
国をその程度しか思っていない徳輿君・・と、呆れるが、妻を救って欲しいと哀願する恭愍王。

チェ尚宮と話すヨン。
王妃の行方不明は、徳輿君の仕業と考えるが証拠はない。
徳輿君に会うと言い出すウンス。王妃の妊娠を知り、早すぎると感じる。

なす術もない・・と、落ち込む恭愍王に、徳輿君との話を聞くヨン。
ウンスが言うには、徳輿君の狙いは王の心を壊す事。すでに壊れてるなら、諦めると言う。

命令してくださいと言うヨン。「王妃を救い出せ。」
戻ったのではなく、頼まれて来たのだと言うヨン。

徳輿君に会うウンス。
岩の下で、見つけた自分の手紙に王妃の居場所が書いてあった。これを王に教える、さればあなたが危険と言うウンス。
解毒剤と取引をしようと提案する。しかし、信じないと解毒剤を出さない徳輿君。

「明日、処刑されるぞ・・」と、ウンスを脅すが
「王妃を助けたものを殺す?」と、開き直るウンス。
あなたはハッタリね。手帳の続きも、解毒剤もないのでしょうと言うウンス。
じきに熱が出ると言う徳輿君。

会議
断事官ソン・ユに、この国には必要ないと玉璽を返す恭愍王。

ウンスを呼び、「高麗の医仙だ。」と、元の姫である王妃の命を救った、余の心も救ったと言う。
「妖魔に見えるか?」とソン・ユに聞く恭愍王。

ウンスに、本当に天界から来たのかと、聞くソン・ユ。
違う、噂は地固めするために余が流した・・と、言う恭愍王。

「元の要求は高くなるばかり・・今、脅しに屈し、罪なき医仙を差し出せば、次は何を要求するか・・これまでだ。これ以上、要求はきかぬ。」と、言う恭愍王。

話を聞いて、天界は嘘?と、驚くキ・チョル。

監禁されている王妃は、水に薬が入っていたと知る。
「王が正気を失えば、助けるつもりだったがこれ以上、長引かせられない。」
徳輿君の言葉を告げる男。

王妃に毒薬を飲ませようとするが、ヨンが助けに来たので、自害する男。

王妃を連れ戻すヨン。
意識もあるが、薬を飲まされていたので流産してしまう。泣いている王妃を抱きしめる恭愍王。

キ・チョルが、天界の事を確認したいと言い出す。
天の門が開くまで逃げるか、先制攻撃するかと言うヨン。3つめよ。その日まで、安全な所にいると言うウンス。
王に迷惑がかかると、将軍を返上するヨン。

仲間と話すヨンは、師匠が最後の舞台を探していて、王に殺された事を知る。剣が重いと言っていた師匠は潮時を感じていた。
「お前も、剣が重くなったから去るのか」と言われるヨン。

新入りの近衛隊員として、王の許可をもらい来るウンス。
「ここが1番、安全な場所・・隊長の部屋だから・・そばにいて・・」
ウンスの言葉に驚き、微笑むヨン。

続く・・

ヨンの部屋なら安心ですね。ラストのヨンの微笑みも可愛かったわ。

またも、リュ・ドックァン氏の涙ぐみながら、王妃を帰してほしい・・と、演技が良かったです。このドラマ、脇役俳優もベテランが多くて豪華ですね。

残り4話で、ウンスが現代にどうやって戻るのか。その後のヨンも気になります。
王妃はいずれ・・なのかしら。恭愍王の悲しむ顔は見たくないです。

キ・チョルは悪人でもっと、暴れるのかと思ったらおとなしい。
意外にも、良い人に見えた徳輿君が憎らしいですね。王妃を殺害しようとするなんて。

キム・ヒソンは大好きな女優で可愛いのだけど、ヨンの方がすごく年下に見えますね。
主人公2人が好きなドラマも貴重なので楽しんでます。

雑誌


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年05月14日 | Trackback(0) | シンイ-信義

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。