スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ゴールデンタイム 11-12話あらすじ

誰を先に助けるか・・命の重さについて考えてしまいます。

出演 イ・ソンギュン、ファン・ジョンウム、イ・ソンミン、イ・ギヨン、ソン・ソンミ、チャン・ヨン


11話

緊急病棟に2人、運ばれてくる。
刑事と誘拐犯であり、2人とも手術が必要な重傷患者。しかし、手術室が足りない。

誘拐犯だけが知ってる子供の手がかり。
2人の命が・・と、言うジェイン。だが、チャン・ヨンウ刑事を優先させるべきと言うミヌ。

ミヌが犯罪者というのを、患者はユ・スンチョルだと言い返すイニョク。

イニョクは、ユ・スンチョルを先に手術する。
その間、ミヌがチャン・ヨンウ刑事の治療をするが心停止を起こしてしまう。

チャン・ヨンウ妻の目の前で、必死に心臓マッサージするミヌ。
30分以上、心臓が停止したので脳の破壊があると、チャン・ヨンウ妻に告げるイニョク。

マッサージするミヌを止め、「最期くらいゆっくり逝かせてやって下さい。刑事で苦労した人だから・・」と、言う妻。
そして、チャン・ヨンウ刑事は死亡する。

重傷センターの申請をするカン理事長。
手術室が足りない、各科へ協力要請するとミヌに言う。
国がヘリでの移送サービスを再開、これを使用すれば、患者を運ぶ時間を短縮できるだろうと言う。

手術後、意識を戻すユ・スンチョルに子供は生きてるか聞くジェイン。子供は見つかり、安堵の両親。

亡くなったチャン・ヨンウのお葬式に行くミヌとジェイン。

イニョク、ミヌの言いたい事もわかる。同時に手術室が必要という状況、それでも患者を受け入れないと・・死んでしまう。
現実にありそうで難しい問題ですね。

亡くなったチャン・ヨンウにも、奥さんと子供がいるのです。
重症外傷センターの件で、自分たちのポストの心配ばかりしてるファン科長たちもねえ。


12話

大腸がん患者の腸内洗浄をするジェイン。
だが、手術中に便が残っていたので、キム科長に怒られる。

外傷センターをパク・ソンジンに任せたいファン科長。

カナダへ行くウナ後任の面接をするイニョク。
重症外傷のコーディネーター・VIP担当の仕事を説明するが・・決められないイニョクに苛立つウナ。
意欲のあるソ・ヒョウォンを選ぶ。

本当はウナに辞めて欲しくないイニョク。だから、決められないのよ。

車の急発進で、骨盤骨折した患者が運ばれてくる。パク・ソンジンに頼むイニョク。

整形外科に新しい教授が来る。
長年、ファン科長の下にいたパク・ソンジンは使い捨て・・と噂するミヌたち。

骨盤手術をして、人命を救う事に感動するパク・ソンジン。

ヘリポートの工事を計画するカン理事長。階段だけではヘリを配置してもらえない。

胸の痛みがあるので、検査するカン理事長。
皆、理事長を担当したいと言い出す。

続く・・

ウナがカナダへ行く事で、後任を決めたイニョクですが寂しい様子。ウナに残って欲しいのでしょう。

インターン期間が終わったジェインとミヌ。
ミヌは緊急病棟に残り、ジェインはキム科長に怒られ、一緒に働くことに。

骨盤骨折の手術シーンが凄かったわ。あんな風にするのかしら。他の手術でも、手術前に医師同士でやり方などを相談するのだと驚きました。

日本の医療ドラマだと、緊急手術前に話し合うシーンなんてあまりないですよね。
ばばっと手術するイメージがあります。

今まで、カン会長だと思ってたのですが間違えました。すみません。
カン理事長でした。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年05月16日 | ゴールデンタイム

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。