スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

シンイ-信義 21話あらすじ

「一生、守るから俺のそばにいてくれないか・・」こんなことを言うヨンにドキドキです♪

【日本限定盤】「シンイ‐信義‐」OST
【日本限定盤】「シンイ‐信義‐」OST
IMX 2013-03-16
売り上げランキング : 2053


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 イ・ミンホ、キム・ヒソン、イ・フィリップ、リュ・ドックァン、パク・セヨン、ソンフン、シン・ウンジョン



21話

「半月もすれば天界に帰る人がなぜ、俺の部屋にいる・・」と、言うヨン。
「王様がここが1番、安全だと・・」と答えるウンス。

「何を考えてるのかわからない・・でも分かったことが・・いつも俺を心配してくれる。俺のために笑い、泣き・・守ろうとする。今回も俺が皇宮を気にしてたから・・。こうしましょう。まず、解毒剤を見つける。薬をみつけ、天界へ行かずとも助かるなら・・その時、言います。・・残って欲しいと・・
天界にはあなたの帰りを待つ人がいる。それでも聞きます。・・一生、守るから俺のそばにいてくれないかと・・」と、言うヨン。

「私のお守りは大変よ・・」と言うウンス。
「そばにいてくれるなら、死ぬまで離しません。」
俺が聞いたらその時に返事を・・と言うヨン。うなずくウンス。

皇宮
「医仙に国医大使の位を考えた。戻らないか。」とヨンに聞く恭愍王。
高い位につけば安全だと思っていたら、近衛隊に入ると言い出した医仙だと言う。

徳輿君を斬る許可を求めるヨン。王命にて罰すると言う恭愍王。

典医寺
ファ・スインとチョヌムジャの襲撃により、殺害される薬員、チャンビン。
研究中の解毒剤を受け取り、悲しむウンス。

王妃誘拐の容疑で、徳輿君を探すヨン。
キ・チョルの策略で、征東行省に向かう徳輿君。

ウンスを探し、チャンビンだけでなく手裏房も襲われたと知るヨン。

自分のせいで、チャン医師が亡くなったと悲しむウンスを気遣うヨン。

「私はここにいるわ・・3つ数えるうちに私をみて・・」と思うウンス。
振り向くヨン。

捕らえた徳輿君を尋問するため、準備するヨン。
「徳輿君は征東行省の平章政事です。罪を犯したとて、処罰は高麗ではなくて、征東行省で行う。」と、言う断事官ソン・ユ。

皇宮
恭愍王に、徳輿君を元に引き渡したと報告するヨン。征東行省は、キ・チョルが私物化する親元派の拠点。
「徳輿君を擁立し、王様を討ちましょう。」と、忠告するヨン。

指揮権を与えてくれたら、征東行省を討つと言う。重臣の同意が必要と、答える恭愍王。

会議
元が挙兵すれば国境では元と、国内ではキ・チョルと戦う事になる。
「こちらは名分がある。王妃をさらった者も匿っている。」と言う恭愍王。

王を替えるのだ!と、言うキ・チョル。

ヨンには重臣の同意が取れない・・と、誤魔化す恭愍王。ヨンには手出しさせず、見守って欲しいのが本音。
北の領土を取り戻し、無血でキ・チョルを倒したい恭愍王。

ヨンに命令すれば、相手を殺してでも処罰してくれる。いつまで、ヨンの背中に隠れる?と、考える恭愍王
チャンビンを殺害した者を殺さず、捕らえよと命じる。

キ・チョルとファ・スインを無傷で捕まえるヨン。

断事官ソン・ユから、「ウンス」と書いた手紙を受け取り驚くウンス。

ソン・ユと会うウンス。
「ウンス」は、高祖父が残した日誌にあった文字をまねて書いたと言うソン・ユ。

日誌には天の女人の事が書いてあり、死ぬべき子の命も救ったと。その子が大人になり、村を襲い皆殺しにしたら・・。
「高祖父の遺言です。もし後の世に天の医員と称する者が現れたら即刻、処刑し、世を救えと・・」と言うソン・ユ。
「私は医者よ、見殺しにすべき命などないわ・・」と、答えるウンス。
天人かと聞かれ、否定するウンス。

天人かどうかは、重要でないと言うソン・ユ。
「先を憂いて何もせず、生きることが正しいの?・・どこから来たより今、この場所が大事。」
殺したいなら殺せばいい。必死で生きると言うウンス。

ソン・ユは世の害となるものを、排除するのも官吏の役目と考え。

征東行省で、徳輿君を尋問するので立ち会って欲しいと頼まれる恭愍王。罠と知りながら、行く決意をする。

恭愍王がくれば人質にして、新しい王を・・と考えるキ・チョル。

ヨンの手の異変に気がつくウンス。

ウンスが1人の時、男が来る。

続く・・

この男は元の人間でしょうか。誰かしら。

心配なのはヨンの手ですね。ケガが原因で、震えるようになったのかな。

断事官の祖父の日誌に、ウンスの事が書いてあったのですね。だから、処刑しようと考えたのでしょう。

ウンス、恭愍王だけでなく、王妃、そしてヨンの手まで気になる事が続き、飽きない脚本だと思います。

残念なのはチャンビンの死です。その瞬間は映っていないのだけど、最後の顔が見たかったわ。

ヨンを頼らず、自分で王として自覚を持ち、行動する恭愍王でした。

残って欲しい。そばにいてくれ・・と言われたら残る決意のウンスでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年05月19日 | Trackback(0) | シンイ-信義

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。