応答せよ 1997 13話あらすじ

シウォンの告白です!自爆のユンジェに爆笑♪オススメのドラマです!

応答せよ1997【1997セット初回限定版】 DVD-BOX1(本編DISC3枚+特典DISC1枚)
応答せよ1997【1997セット初回限定版】 DVD-BOX1(本編DISC3枚+特典DISC1枚)
エスピーオー 2013-07-24
売り上げランキング : 7137


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 ソ・イングク、チョン・ウンジ、ホヤ、シン・ソユル、ウン・ジウォン、イ・シオン


13話「次じゃなくて今」

2005年ソウル
判事になったユンジェ。
兄テウンは住んでた家と、ボロ車をユンジェに譲る。

6年前、サイトで成功したテウンは大株主となったが、全財産を社会に寄付し、ユンジェ母校の教授になった。

ソンジェは田舎の役所で働き、ユジョンはソウルの幼稚園で先生となる。ジュニは医師、インターン1年生。

シウォンは何をしているかわからない。
偶然、カフェで再会したユンジェだった。近況を聞きあう2人。

「彼女はいるの?」と、聞くシウォン。
「・・いるよ、付き合ったばかりだ。」と、答えるユンジェ。

速攻、ジュニに電話するシウォン。
「ユンジェに彼女はいる?」

シウォンの言葉に焦り、激しく動揺するユンジェ。
「友達だ・・・仲のいい友達だ・・」

言い訳するユンジェを笑うシウォン。「友達・・?クソ食らえだわ。」
衝撃を受けるユンジェ。

「同窓会にも行かず、盆も旧正月も帰らずに・・6年間、必死で避けてきたのに・・一瞬で無駄にされた。油断できない女だ。すべてが96年の高校入学式の日に・・僕は完全に・・90年代のユン・ユンジェにリセットされた。」
ユンジェの戸惑い感じ、笑うシウォン。
このシーン、最高に面白い。

マンション
ジュニに、「どうしていないと言ったんだ。状況を考えられないのか?」と、文句を言うユンジェ。
「想像力を働かせ、彼女がいると言った・・」と言うジュニ。

ジュニはシウォンの電話で、ユンジェの嘘を予想して、「ユンジェに彼女はいる」と、嘘を言った。けれど、自爆したユンジェなのです。
6年の思いが一瞬で、しかも自分でバラしてしまい、慌てるユンジェが可笑しい。

ユジョンの父親が亡くなり、釜山に帰るジュニ、ユンジェ、シウォンたち。

釜山
ユジョンの父、葬儀に駆けつけるユンジェたち。再会を懐かしむユジョンたち。

父が病気と知らず、電話が来てもすぐに切ろうとしてた事を後悔するユジョン。
「みんなは親孝行してね・・」と言う。

「想い出があるユジョンが羨ましい。父親とケンカしたり・・」と言うユンジェ。
タバコを吸うユンジェに驚くシウォン。
迎えに来てくれたシウォン両親の車に乗る2人。

車の中、ユンジェのタバコを見つけ、シウォンを怒るシウォン父。僕のタバコです・・というユンジェだが・・信じない父。
このシーンも爆笑。

ソウル
シウォンの部屋に遊びに来るテウン。テウンの思いを受け止めないシウォン。
告白してもいいのか?と、聞くテウン。

6年前
鍵と一緒に、指輪をシウォンに差し出すテウン。
「大好きだけど・・ドキドキしないの。私の気持ちは他の人で、ドキドキしてるの。ごめんなさい。」と言うシウォン。

シウォンを抱きしめ
「俺の事を好きになるまで・・待つよ・・足長おじさんになるよ。」と言うテウンだった。

この時、シウォンがドキドキと言ったのはユンジェの事だと思う。まさか、トニーの事だったりして。

釜山
ソウルの事を話すシウォンとユンジェ。
ミスしても周囲が優しくしてくれる。孤児といえば皆、庇ってくれる。

「俺はいやなんだ。”兄しかいない可哀相なヤツ”と思われたくない。」
こんな事を考えずにいられたのは、シウォン両親が文句を言ってくれる、それが嬉しい。ありがたいというユンジェ。

「今も・・・ユンジェは私が好きなの・・?」と聞くシウォン。
「・・今度・・」と、誤魔化すユンジェ。

ジュニが行かれなくなり、2人で車に乗る。
シウォン父に車を買ったのに、自分はテウンの古い車で我慢してるユンジェ。古いので、ドアもまともに空かない。

「こんな車、いや!」と叫び、逃げようとするシウォン。
しかし、壊れたドアは開かなかった。
「お父さんの車は買えるのに・・自分の車は買えないの?」と、呆れるシウォン。
問題なく走るから・・と言うユンジェだった。

車の中
「あんたが好きなの・・友達じゃなく・・男として・・」
シウォンの言葉に驚くユンジェ。

続く・・

あー!ついに告白ですね。
残念な事に、録画エラーでこの後半は見れませんでした。たぶん、数分だと思うのですが。

14話の冒頭で、シウォンの告白を知ったのです。ユンジェの驚いた顔、その後が気になりますね。

父親が亡くなり、後悔するユジョン。ユンジェの亡き両親への思い、面倒を見てくれたシウォン両親への感謝。
家族愛がしっかり、描かれてる13話でした。

ユンジェが告白後、6年も必死で避けてたのに自分で、彼女はいないとバラすユンジェに爆笑でした。
そして今度は、友達でなくて男として、ユンジェを好きと告げたシウォンでした。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



2013年06月06日 | 応答せよ 1997

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌