「製パン王キムタック」11話あらすじ

マジュンとの約束、これを聞いてたミスンはタックを助けるでしょうね。今後、嫉妬から本当に好きになる展開でしょう。しばらくはパン作りで苦労するんですね。先が全然、見えないわ。

キムタック11



11話

ユギョンをマジュン(ソ・テジョ)に紹介するタック。
でも、マジュンはどうでもいい・・関係にないって態度で、怒るタックは殴ろうとする。

説明

これを止めるミスン。
「この家では暴力は禁止よ!」と、タックに言い聞かせる。

追い出されたら困るタックはもう、ミスンのいいなり。
ひざまずき、ミスンに
「もう、乱暴なことはしません。」と、タック。

母の言葉を思い出すのよ。
「こぶしで、すべてを解決しようとするのは間違ってるわ。それはよくない癖よ。こぶしはあなたの切り札なの。それこそが本当の男よ。」と、母ミスンの言葉。


怒るマジュンにユギョンは聞く。
「説明してちょうだい。タックはあなたをマジュンと知らないわね。あなたの動機はなに?なにを企んでるの?」と、ユギョン。

動揺するマジュンに
「あなたは昔と同じね。臆病で不安を抱えてる。神経質だわ。」と、指摘のユギョン。

怒るマジュンに「前も言ったでしょ。あなたじゃなくて、タックを探しにきたの。」と。

ソ・テジョと偽名のまま、タックには「マジュン」ということを隠してるから。
ユギョンはマジュンを見抜いてますね。

タックをライバルと意識、不安なのもわかってる。図星なので怒るのだわ。


イルジュン夫婦

警察に、逮捕されたジャリムを心配するインスク。

イルジュンは、裏金をだしてるみたいね。これですぐに出られるジャリムでしょ。
そんな夫婦をみるハン秘書は複雑かしら。



部屋をこっそり、抜け出すタックを見るマジュン。
製パンを作る作業部屋が荒らされる・・その男は・・指をけがしてハンカチで、指をおさえる。

翌朝
製パンを作る作業部屋が、めちゃめちゃに荒らされていた。
全員集合、
「誰がこんなことをした?最後に片付けたのは誰だ?」と、怒るインモク。

マジュンは
「昨日、遅くにタックが出ていくのをみました。」と。

「ボクはなにも知りません。何もしていません。」と、タック。

ジングが
「私は彼を呼び出し、一緒にいました。」と、タックをかばう。
インモクはジングが、ウソをいってるのを見抜き、タックに質問。

「ボクはなにもしていません。」と、外へでたことを認めたものの、何をしにいったのかを言わないタック。
ミスンは、マジュンの指のケガをみる。

深夜、パルボンが物音で外に出たのでわかるでしょう。そしてケガをしてるのが、犯人だし、きっとマジュンがやったんだわ。

パルボンは、みんなを集めて「今日は休業にする。」と、丁寧に謝罪の文章を店にだして休めという。

これに娘は
「父さん。そんな・・これじゃ、利益が出ないわ。緊急用のパン生地をつかえば?」と、言葉に
「それでは美味しい、安定したいつもの味がでない。」と、断言するパルボン。

パンにポリシーをもってるパルボンだから、完璧なパンじゃないと、納得できないのでしょうね。こんな状態じゃ、いつものパンを作れないとお祖父さん。

自分をかばうジングに「俺を気にするのはやめてくれ。有り難くない。」と、タック。

ジングは自分のせいでタックが、12年も人生を1人で、生きてきたことを申し訳ないと思ってるの。でも、タックはそんなのがいやなのね。

ラジオで曲を聴くユギョン。
タックは「フランスの歌手、好きな歌詞」と、知る。

「後悔はしない」と、意味の歌詞であり
「"The good and the bad that has been done to me."」
(良い行いと、私に行われた悪さ)
うーん、これは直訳なので・・(笑)

意味は「私にふりかかる悪と、良いこと」かな^^;

悪い過去は思い出さない、前に進む・・と、ユギョンと手を繋ぐタック。

嬉しいタックでしょうね。大好きなユギョンと手を結べるから、その意味は好き♪
このラブラブな2人をみつめるマジュン。


お願い

突然、警察がきてユギョンは法を犯したと、連れていかれる。

驚くタックは・・・ミスンの止める顔、言葉を思い出しながらも、刑事を殴ってしまう。
「男が拳を使うのは最後の切り札よ。」と、母ミスンの言葉。

警察につかまるタック。

なんだーーあそこでやめるタックだと思ったけど、連行されるユギョンの顔で、殴ってしまう。そんなにユギョンが好きなのかしら。
ミスンのがっかりした顔。パルボンたちも、これを見ていた。

ハン秘書の手により、警察から出るジャリム・・連れて行かれるユギョンを、見て見ぬふりなんだわ。
ユギョンの叫びがかなしい。ジャリムって結局、お嬢様で自分が、一番大事なんだわ。


家に戻るジャリムは寝込み、ユン医師が診察する。
ハン秘書は、ユン医師をみて
「以前、あったことが?」と、聞くも知らないといわれる。

どうもユギョンは、貧しい子を助けるための活動をしてるもよう。
そんなクラブに参加?と、ジャリムを怒るインスクだわ。


インスクは、無事に戻ったジャリムのため、フランス料理と、ワインを用意するように指示。
ハン秘書には、イルジュンに早く帰宅するよう告げてもらう。

パルボンは、作業部屋でパン生地をこねるマジュンをみて、自分の前で練習するようにいう。喜び、作り始めるマジュン。

「パン生地は生きている。ただの小麦粉かもしれないが、それは生き物と同じだ。お前は昨日、それらの生き物を殺した。」と、パルボンに焦るマジュン。

パルボンは、作業部屋を荒らした犯人がマジュン(ソ・テジョ)!と、知っていた。落としたハンカチは高級であり、そんなものを使用するのは彼だけと、指摘する。

とぼけるマジュンに
「お前はなぜ、ここに来た?3つの試験を、合格しなければならないのを覚えてるか?これから2年、お前がまてるなら、その試験をうけさせよう。」と、それまで試験をしないことが罰と、パルボン。

「待てないなら、いますぐにここを出て行きなさい。勝手にすればいい。とめることはしない。2年間、ここで修行するつもりはあるのか?」と、聞くパルボン。

「ベストをつくします。」と、答えるマジュン(ソ・テジョ)

「自信はあるのか?」と、父の言葉をおもいだすマジュン。

さすがはパルボン。
部屋を荒らした犯人はマジュン!と、わかった上で、2年間を修行させるというの。これを耐えるとマジュン。
でも「2年は長い」と、文句をいってたわ。

本格的にパン職人をめざすのね。父のように。


イルジュンと電話するインスクは、急な会議で帰りが遅くなるといわれ、不満。
ご馳走の肉は、家政婦に「あなたが食べなさい。もう、必要ないわ。」と怒る。

いつも、帰りが遅い夫。もう、夫婦の心は冷えてるから。

亡くなったホン女史の法事?のことを家政婦に聞かれ、怒るインスクは、家政婦に指示する。
「でも、これは個人的に世話をされるべきです。」と、助言の家政婦。

「彼女が生きてる時、私のことを息子の嫁として扱わなかったわ。決して!」と、怒るインスク。

だから、姑の世話なんてしない!と、インスクなのよ。

手紙の中、「殺人者」と、書かれたのを見て怯えるインスク。

これ、誰だろう?あのことを知ってるのは?


ジングは、「私をおぼえてますか?」と、社長に電話。

でも、でたのはハン秘書だった。時間がないとジングは、ハン秘書にタックが、警察につかまったことをつげる。
「チョンサンに住んでいたキム・ミスンの息子・・助けるべきです。」とジング。

ユギョンは刑事に、ジャリムはコネで、警察をでることが出来た。
「世界を変えたい。不幸な人を救いたい」と、100日ユギョンが思っても、活動しても無駄といわれる。

ユギョンの活動は無意味!と、言われるのよ。

パルボンと話すインモクをみると、病気の妹を世話して苦労した人のもよう。
だから、色々なことに用心深いとパルボンは理解してる。

これを聞いてたマジュンは「なぜ、みんなタックには寛大なんだ?お前はそんなに偉大なのか?」と、考える。

タックはミスンに母ミスンの写真をみせ、母も
「拳を使うのは最後の切り札。それが男!」と、いわれたことを話、もう、拳を使わないと約束する。
そして差し出された豆腐をたべるタック。

そこへマジュンが来る。
ユギョンを助けたいとタックに「助ける方法がある」と、マジュン。

「本当か?」と、タック。

「今から2年間、パンを作ることだけを考えろ。真剣に・・ベストをつくしてパンを作ることを学ぶのだ。その間、2年間は、ユギョンのことを完全に忘れろ。
決して、彼女と会わないと約束しろ。」

「ええ?ソ・テジョ。なぜ、俺がそんなことを?」と、驚くタック。

「その覚悟を決めるんだ。お前がどれだけ、偉大なのか、試してみたい。」と、マジュンに
「俺のような新人になぜ?」と。

「俺はお前が、特別な嗅覚を持ってると聞いた。それで、どんなパンを作れるのか?戦おう。」と、マジュン。

ユギョンと自分との「関係も知らないだろう?」と、タックに挑戦状を投げつけるマジュン。

「ユギョンを助けるには、この条件を飲むしかない!」と、マジュンに戸惑うが・・ユギョンを本当にとり戻すことが可能なら、
「最後の1回だけ会う必要がある。」と、タックたちの会話を聞いているミスン。

マジュンの考えが理解出来ないタック。
タクシーをとめ、ユギョンの好きな曲を聴かせる。警察署の中で聴いてるユギョン。


マジュンはハン秘書にユギョンを出すように指示する。
警察から解放されるユギョン。

待っていたタックは
「これから2年間、会えない。パンを作ることに集中する。俺たちは12年間、離れていた。だから、2年はあっというまにすぎるだろう。本物のパン職人になって戻って来る。」と。

母がいなくなった12年間、唯一の生きる支えはユギョンだった。
生きる理由はユギョンだけ。

嫉妬


立ち去るタックは・・戻って来てユギョンにキス・・
これを見ているマジュン。

続く・・・

ユギョンはタックがマジュンと何か、約束をした!と、わかってたようです。
でも、何も言わないタックですね。
2年間、パルボンのそばで修行して、どちらがパン職人になれるか?と、ライバル心でいっぱいなマジュンを感じました。

パルボンは、すべてをわかってるようです。なぜ、マジュンが荒れてるのか・・そして乱暴だけど、正直なタックの性質をも。

ここで別れるユギョンとタックだけど、すると・・次は2年後になるのかしら。
まあ、しばらくは修行時代の展開でしょうね。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌