ゴールデンタイム 15-18話あらすじ

今の所、ミヌとジェインの恋愛はありません。

出演 イ・ソンギュン、ファン・ジョンウム、イ・ソンミン、イ・ギヨン、ソン・ソンミ、チャン・ヨン


15話

パク・ウォングクの足を切断、意識も戻り、イニョクの判断は正しいと分かる。

重症外傷センターへの支援発表会場を、セジュン病院から福祉部に変更となる。

散弾銃に撃たれたミジュの調査に来る警察。

ジェインの祖父・カン理事長が意識を失い、クモ膜下出血で手術する事に。祖父が心配なジェイン。
ジェイン祖母グムニョを責める大叔母。

手術に同意書が必要だが、離婚したのでサインを躊躇、孫娘がいると医師たちに告げるグムニョ。

脳梗塞の可能性がある患者が運ばれ、治療後も意識が戻らない。ガン患者に使用する強い痛み止めのパッチが貼ってある事を発見するミヌ。

手術が終わり、祖父に会いに来るジェインが孫娘・・と驚く医師たち。

17話

カン理事長の意識が戻らないまま、緊急理事会を要求する大叔母たち。

病院経営の悪化もあり、ジェインに経営を提案するグムニョ。断るジェインに、やる気があれば良いと言うグムニョ。

ジェインが理事長の孫娘と知り、医師たちの態度が変わる。厳しく指導した事を反省する医師たち。

イニョクとナ科長が、ヘリのコンファレンスで病院を留守中、交通事故の妊婦が運ばれて来る。救急病棟のドヒョンも休暇中。
インターンのミヌたちで対応する事に。

妊婦が心停止を起こし、電話でイニョクに相談するミヌ。胎児を5分以内に取り出す必要がある。緊急開腹するミヌ。

産婦人科の医師は間に合わず、ミヌの決断で母親と子供は助かる。インターンのくせに・・と、怒る医師もいたが、適切と言う医師も。

緊急理事会に出席するジェイン。
カン・デジェ理事長は死亡していないが、植物状態の可能性も含め、遺言状を公開する。

病院と経営をジェインに任せる・・と書いてあった遺言状。

続く・・

刑事ドラマのように完結タイプですね。
患者が運ばれ、2話程度で治療を終えます。そしてまた、次の患者の内容です。
あとは真面目に病院経営のストーリーです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年06月15日 | ゴールデンタイム

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌