スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

野王 6話あらすじ

ハリュは子供のためにもダヘを守るのでしょうね。

出演 クォン・サンウ、スエ、ユンホ、キム・ソンリョン、チャ・ファヨン、クォン・ヒョンサン、イ・ドクファ、イ・イルファ、コ・ジュニ


6話

ペク会長からの辞令で、課長になるダヘはドギョンと一緒にレジャータウン担当となる。

レジャータウンは、殺害した養父チュ・ヒョンテを埋めたピウォル山に、ペンションを建てる予定と知り驚くダヘ。計画阻止を考える。

レジャータウンの建設に反対する環境団体、幹部スジョンと会うダヘ。環境を守る為・・と、ペク会長を動かす事を提案する。

ペク会長の出版パーティ
「ペクハクグループが、環境破壊を先導してるのでは?」
発言するペク会長に質問するスジョン。

恥をかいた・・と怒るペク会長。
「予想通りです。エコタウンを作り、寄付すべきかと・・」
ダヘの企画を認めるペク会長。

誰があの子を入れた?と、怒るドギョンはダヘが、スジョンを強引に入れた事を知る。

ダヘが自分の企画、エコタウンで邪魔をしてる・・と驚くドギョン。

乗馬クラブに、レジャータウンで飼う馬を見に行くドギョン。暴れる馬に困っている時、ハリュが助けてくれる。

事務所で契約中に、ハリュが仕事を探してると知るドギョン。

ドギョンから乗馬クラブの仕事を紹介され、喜ぶハリュ。

ダヘに会い、ドブから出るためには何でもする!と、激怒するドギョン。
怯えるふりのダヘを庇うドフン。
「レジャータウンは姉さんが無理に進めた。なぜ、ダヘを悪者に?」と、怒り出すドフン。
ドフンに怒られ、傷つくドギョン。

ジェウン双子の弟を捜す為、施設に行き、手ががりを見つけるスジョン。アンシムに会う事を勧められた。

叔母にダヘが可哀相・・と、ドギョンとの事を話すドフン。
「ダヘの味方をするほど、ドギョンはダヘを憎むわ。」
ドギョンに優しくする事を提案する叔母。

乗馬クラブに行くドフンはハリュと出会う。

ペク会長に、レジャータウンをやらせて欲しいと頼むドギョン。
環境破壊は会社のイメージダウンと、渋るペク会長だが説得され、クビを懸けてやれ・・と許可する。

重機の工事が始まりそうになり、不安なダヘはハリュに会いに行く。
ピウォル山の整地が始まれば、死体も見つかってしまう。2人とも捕まると言うダヘ。

「罪は償えばいい・・あの時から、道を誤った。」と、言うハリュ。
「ウンビョルはどうするの?2人が捕まれば、誰が育てるの?私が育てる。ここまで来たのに捕まりたくない。助けて・・」
今さら、ウンビョルの心配か?と、呆れるハリュ。

家に戻り、俺に何かあればウンビョルを頼む・・と、テクペに言うハリュ。

ドフン叔母に助けを求めるダヘ。
「ドギョンを動かせるのはドフンだけ。ドフンを動かせるのはあなたよ。」
叔母の言葉で気がつくダヘ。

ドフンに、別れましょう・・あなたのお姉さんと仲良くしたかったと言うダヘ。慌てて、ダヘを引き止めるドフン。

ドギョンに会い、ダヘは大切な人だ。結婚したいと告げるドフン。
「姉さんは母親のような存在だ。母親がいなくても、恋しいと想ったことはない。ダヘも同じように大切なんだ。2人とも失いたくない。」
ドフンの言葉に驚くドギョン。

ドフンが帰り、レストランに忘れ物を届けてくれたハリュと食事するドギョン。

ドフンを思い、レジャータウンを諦めるドギョン。

ピウォル山で、遺体が見つかったと報告を受けるドギョン。今後は、エコタウンチームが現場を仕切ると答える。

レジャータウンの中止で、安堵するダヘだがピウォル山で、遺体が見つかったと警察に呼ばれる。

遺体は養父チュ・ヒョンテとわかり、義兄と再会するダヘ。
遺体と一緒に発見された携帯はハリュのものだった。

続く・・

当時、ハリュが忘れた携帯を使用してたダヘ。
それを見つけ、ポケットにいれたチュ・ヒョンテでした。

捕まりたくないと思うダヘだから、ハリュの携帯が見つかった事を理由に犯人にするのでしょうね。
義兄がダヘの秘密を知りそうな予感です。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年06月16日 | 野王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。