となりの美男(イケメン) 4話あらすじ

天然な雰囲気のジンラク一途な恋が可愛いわ。

出演 ユン・シユン、パク・シネ、キム・ジフン、水田航生、パク・スジン、キム・ジョンサン、コ・ギョンピョ


4話

車に乗ったドンミを追いかけるジンラク。

去った車を見つめて、「俺の方が先なのに・・急に現れて何なんだ・・」
悔しい思いで叫ぶジンラク。

車の中
ケグムに1人で行くから、大丈夫と言うが送ると言うケグム。財布を忘れ、戻れないと言い出す。

オーシャンビレッジのポストをチェックするドフィ。オ・ジェウォンという名前を見つける。

ドンフンと再会して、自己紹介するドフィ。
ドンフンと一緒にいたのは、オ・ジンラクと名前を聞き出す。

サービスエリア
ケグムに嘘を言おうか悩むドンミだが・・。
「行きたくなくて、叔母さんのお見舞いと嘘をいったの・・」
事実を話して、謝るドンミ。

俺も謝ることが・・・財布を忘れたと言うケグム。お金がないので、周囲の人たちに借りる。

明るいケグムを見つめるドンミは人混みで、学生時代を思い出してしまう。

震えて、外のベンチに座るドンミ。
寒いだろうと心配するケグムに、家に帰りたいと叫ぶドンミ。怯えたドンミに何かを感じて帰る。

眠るドンミを見て、道を間違えたと海に連れ出すケグム。

砂の城を作り、ドンミの写真を撮影するケグムは海で服を濡らしてしまう。近所の民宿で、服を乾かす事に。

お酒を飲みながら話す2人。
夜、遅くになり民宿に泊まるケグムたち。早く帰りたいドンミだったが、ケグムが引き止めた。

おばさんの好きなテジュンの短所は・・ネチネチしてると教えるケグム。
「おばさんの片思いの相手は短所だらけだ。」
「片思いの話はやめて。1人で始めて、1人で終わるはずだった。誰にも知られない秘密の楽しみよ。」
なぜ、わかったのかと聞かれ、ソヨンを見る自分と似ていたと言うケグム。

部屋にこもるドンミに、「外に出るのが怖い?息が詰まらない?」と聞くケグム。
「私は好きよ。狭くて平和な私の部屋が・・」と答えるドンミ。

オーシャンビレッジ
402号室は友達・・と、ジンラクに近づくドフィ。
電話させるが出ないドンミだった。


「昨日の言葉は取り消す。”恋が終わった” なんてやめた・・」と言うケグム。

ドフィからのドンミを受けるドンミ。
「もう縁を切りましょう・・」と、1人つぶやく。
私は遠出してるので、帰ってとドフィに言ったドンミ。ドンミを心配するジンラク。

オーシャンビレッジ
警備の人が来て、オ・ジェウォンか確認する。自分だと認めるジンラク。
会話を聞いて、ジンラクがオ・ジェウォンと知るドフィ。

ドンフンには「許可が下りたから、オ・ジンラクが本名だ。俺は犯罪者じゃないから、理由は聞くな。」と、言うジンラク。

ドンミが外泊をして、理由を考え心配するジンラク。

ケグムと話すドンミ。
仕事は校正だと教えるドンミ。

「寒いのになぜ、ベンチで震えてた?人と会うくらいなら、凍え死ぬ方がマシ?人が怖い?」と聞くケグム。
世間と仲良くするんだ・・と言う。
「お願いがあるの。ソウルに戻ったら、知らないフリをして・・」と言うドンミ。

秘密を知られ、気まずいと言う。
わかったと答えるケグムは、最初から出会わなかった事にしようと言う。

民宿の部屋
「”正直に本心を話してみて” そう言われると、彼女は口をつぐんだ。真実は包装紙にくるまれたチョコレートじゃない。本心を隠す嘘が必要だった・・傷をみせてまで本心を話すより、笑顔で嘘をつくほうが彼女にとっての安全策だった・・」

1人でいるドンミは蛍光灯が切れ、おばあさんが言った幽霊の事を思い出す。不安になり、大声で叫ぶドンミ。

車の中で、寝ていたケグムは驚き、部屋に駆けつける。
部屋を出るドンミとぶつかり、キスをしてしまう2人。

続く・・

ケグムはドンミの性格を分かって来ました。人と会う事が怖くて、部屋でこもっている事も。

スペインに帰るまでに、色々な世界を見せてあげるといってました。でも、ドンミのお願いにより、2人は知らないフリをするようです。

人と関わりたくないドンミ。理由はやはり、ドフィとの学生時代ですね。

今日は眠いので簡単に(^_^;)



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年06月17日 | となりの美男(イケメン)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌