妻の誘惑 41~44話あらすじ

次第に洗練された女性に変身するヒロインのようです。復讐のためなら、苦手な水泳もやる!と、すごい迫力です。復讐相手が同じ・・と、目標を絞るミン女史の計画もすごそうです。
一気に集中してみたいですーー。



あ、やっぱり!
「ミン・ソヒ」と、偽名だったので驚くゴヌだわ。
手作り石けんのことまで、ミン女史にウソついたから、あとで大変だわ。

会長は、ミン・ヒョンジュを探すも見つからない。エリはうるさい姑にうんざり。妻の味方をするギョビン。

料理をするウンジェは、ゴヌに偽名のことを聞かれて困る。
社長には内緒と頼むのよ。

ゴヌはソヒは自殺した妹の名前であり、社長にその名前で、意図的に近づいたと指摘。
「それは誤解です。知りませんでした。」と、泣いてあやまるウンジェ。
ソヒは、ウンジェが助かった海で溺れて・・遺体はまだ見つかっていないと話すゴヌ。

ガンジェはやっと、「エリは悪い女だ。チョン家も良くない」って気がつく。

ギョビン妹のスビンは賢い。
エリの飲酒を指摘、驚く姑たち。
怒る会長は「夫が管理しろ。流産したら許さない。」と、怒鳴る。まだ、妊娠をウソついてるけどバレなかったわね。

エリは姑に嫌みをいわれ、ジュースが手作りでないと文句をいわれる。
作り直すのだけど、拒否する姑なんだわーー。
そのうち、怒って家事も拒否するエリでしょう(笑)

ウンジェは夜、ソヒのパジャマを着てーーー!
驚くミン女史は、ソヒと勘違いで抱きしめる。娘が戻ったような感じの母。これを怒るゴヌ。だってーー服まで着ることはないでしょ^^;
あやまりなウンジェだけど。

ミン女史は、ウンジェにソヒの面影を感じて服まで購入。
ゴヌは、事情を話し会社を出るように指示。これで出て行くわけにはいかないわね。

ミジャは会長家に、塩辛をまいて文句(笑)
これを掃除しないで妊娠を理由、外出するエリ。激怒の姑ミイン。

ミン女史のサロンにいくエリは・・ウンジェとバッタリ? (((゚д゚;)))

でも、ウンジェは咄嗟にきがつき顔を隠す。
足の火傷の跡をわざと見せて、驚くエリは帰ってしまう。ギリギリだったわねーーまあ、こんな早くにバレるわけないけど(笑)

ギョビン昔の女でしょうね?ウニョンが来てギョビンにキスするのよ。
これを見たエリは激怒で「この尻軽女!」って。

嫉妬で暴れるエリを
「シン・エリ。その程度で怒るの?夫を奪われたら、どんなに屈辱的か・・味わってもらうわ。」と、ウンジェ。

ウンジェは元・夫のギョビンを誘惑するわけね?でも、ギョビンも前の妻であるウンジェにそっくりな(ウンジェだけど)を相手にするのかしら。

整形するとは思えない。あのまま、似た女性として近づくのだと思う。

浮気というか昔の女だと思うけど、誤魔化すギョビンはエリに車を購入。

43話

エリ、面白すぎる。

姑ミインに反抗、食事なんか作らない、洗濯もしない。
怒るスビンと言い争い、ミインに入ってエリを押し倒してしまう。

これで流産?と、思ったけど
「天下のシン・エリよ。飼い慣らされてたまるもんですか!」って(笑)
ここまでやると、呆れちゃうわ^^;

ミインも「やっと、本性を現したわね」って。

あーー!大変だわ。
ミン女史はウンジェを信頼、VIPのメイクを任せるも、新人なんのでクレーム付ける客。
でも、ミン女史は失敗を重ねて成長するとアドバイス、怒らないの。

ソヒの名前を使ったウンジェを怒るゴヌは、母に事実を言おうとして・・・

警察に問い合わせ、ソヒが海で亡くなった日に、他の女性が自殺してた事実を知る。
名前は「ク・ウンジェ」遺書もあるとわかる。

驚くゴヌはどうするかしら。
そんな偶然・・でも、ドラマだから(笑)

ミン女史は、ライバル会社のエリとギョビンを食事に誘う。
これをウンジェも誘うの。
公募でメイク大賞を取った新人だから、紹介したい。相手がエリと知り、驚くウンジェは・・トイレに長くいれるはずもなくて。

トイレに入るエリに、バケツの水をかけるウンジェ^_^;
これで食事はナシってことでしょうね。カットされてるのだわ、きっと。

家に帰るエリはやっぱり!流産したことにして・・悲しみのまね。

怒る会長はミインに
「何人の嫁を苦しめたら気が済むんだ?」と、怒る。

最初から、妊娠がウソなのでいずれ、ウソを重ねるエリなんだわ。スビンもショックで料理を作るハメに・・

ウンジェはゴヌに
「遺書まで書いて自殺か?それを ”殺されそうだった” と、ウソを?」と、怒る。
必死に泣いて
「お願いです。この名前が必要なんです。今は理由を聞かないで助けてください。」と、ウンジェ。

「妹の名前を使い、俺と知り合いと母さんが知ったらどうする?」と、ここで聞いていたミン女史は激怒。

「娘の名前を利用、うちに入って来たの?死んだ娘の名前で公募展に応募して・・うちに侵入したの?」
「違います。その名前は知りませんでした。」と、泣いて言い訳する。

「今すぐ出て行って。私と娘を愚弄したのよ。」と、ミン女史。

これは怒るのは当然な母でしょうね。ゴヌの気持ちもそうだし。でも、ウンジェにはいえない復讐するという目的がある。
そのために、公募展に応募したのよ。家を追い出されるウンジェ。

ゴヌは母に「ソヒが消えた海、同じ日に見つけたから、縁を感じて助けた。」と話す。
これを聞いて驚くのよ。玄関前で眠るウンジェを見つけて。
行く場所がないから。

ゴヌから、流産したことを聞いた母。
「警察は自殺と言ってたけど、妊娠してたのに信じがたい。」と、ゴヌ。
公募も自分で応募、身分を隠し名前も隠している。
留学も断ったので・・

「副賞や、家の財産が目当てではなさそうね。」と、ミン女史。

オモ!ニノは会長に
「お母さんが心配なの。おじいさん。ニセの赤ちゃんが消えたから、僕たちを追い出すの?」って^_^;
「パパとママは、ニセの赤ちゃんを作って結婚したんだ。お祖父さんが反対するから、ニセの赤ちゃんを作ったの。」と、ニノに驚く会長。

姑ミインは激怒(笑)
「この結婚は破棄よ。」

あやまるエリは必死、でもずっと、妊娠のふりでミインに家事をさせてたから、よけい怒るの。
「本当のことでも、あんたの言葉は信じられない。ニノもギョビンの子?」と。

怒る会長は「ウソの妊娠で結婚なら、出て行け!」と、倒れそう。
エリもひざまずいて・・謝ったのを許してくれないので
「限界だわ。」と、荷物をまとめる。

「なんだよ。あれくらいで。ウンジェは7年も我慢したんだ。」と、これに怒るエリは
「自分のプライドを守るわ」と。

ウンジェーーーすごい!!!

何するかのかと・・・ミン女史が運んだ食事を落として・・割れたお皿の上でたって話すの・・足からは血が出て。

「本名はク・ウンジェです。」と、住所、家族の名前、元の夫のギョビンのことも話す。
「だから、会えなくて昨日、逃げたんです。私を殺そうと海に沈めた男です。あの男に復讐するまでは、死ねないんです。」と、泣いてすべてを話す。

エリは妊娠の事がバレ、その怒りをミジャたちに向ける。
「義父に塩辛をまいたでしょ!」と、家の中で塩をまくエリ。
「今度は肥やしよ。」って(笑)

捨て台詞もすごかったわーー。ミジャたち、あれじゃエリに勝てないわ。

ミン女史に
「シン・エリは親友です。夫に中絶を求められ、拒否すると今度はわたしを、泳げないのに海に沈めました。それで私の赤ちゃんが死んだのです。」

驚き
「それなら、警察にいわないと!」と。
「いいえ、この復讐を終えるまでは絶対に姿を見せません。他の事は許せても、赤ちゃんを殺したのは許せません。復讐を果たすまでは、死んだ者としていきます。」と、ウンジェ。


悲しみ泣いて、話をするウンジェは興奮で倒れてしまい・・それを見て
「まるで40年前のわたしだわ・・チョン・ハジンは私の子を殺し、その息子も同じことを・・・女を裏切り、子供を殺す。罰当たりな親子・・」と、思うミン女史。

ウンジェ母のミジャを呼び出し、聞き出す。
「娘さん・・諦めず、探したら?」
「いいえ、あの子は生きることが辛くて死んだんです。地獄の結婚生活でした。天国で幸せになってほしい。娘婿が再婚した今、生きて帰ってもつらいだけです。」と、ミジャ。

写真を見せてもらい
「チョン・ハジン、あなたの考えがわかったわ。ピョルニムがあなたの嫁を、私に送ったのね。」と、ミン女史。

ウンジェに「あなたはソヒとして生きなさい。」と、協力してもらうよう、この家で暮らすことを許可する。
これ、復讐する相手が、同じチョン家なんで?ウンジェを利用して、自分も会長に復讐する気でしょうね。

ウンジェをロボットのように扱いたいのだわ。
でも、それで自分も彼女も復讐が果たせればいいと。驚くゴヌ・・感謝のウンジェ。

「ソヒさん、ごめんなさい。1年だけです。あなたの手に入れたものには手を出しません。」と。
ゴヌのことは「手にしてない」ソヒだから?

ゴヌは事情をすべて聞いたけど、それでも母が認めるのはおかしい?と、聞くの。
そりゃ、母にしたら「私も復讐したい相手なの。」とはいえないわ。

エリは家の中、会長にまでみんなに完全無視される。
これ、結構辛いのかも?

ミン女史もまた、すごいのよーーーー( ̄ェ ̄;)

「恩を返したければ、本物のソヒになりなさい。」と、厳しい。
「ニセモノ(ソヒの)はいらない。」と、母に驚くゴヌ。

自信に溢れ、堂々と、お辞儀もいらない、家はで「ママ」と、呼びなさいって。

家政婦のミジャが来て・・「極秘の仕事よ。」と、建設のことをいって追い返す。
「みやね、アジュマ。今はソヒの母は私なの。」と。

ソヒの通帳を渡し「ソヒになるのよ。」と、言葉で買い物するウンジェ。
地味だったから、派手なソヒの雰囲気にあわせるのよ。
厳しいミン女史なんだわ。完璧にソヒになれ!ってこと。

「秘書みたいな言葉使いもやめて!」と、注意するミン女史。何度も、服を着替えて・・あんな必要あるのかしら。
センスを磨いて!と、意味なの。

乗馬、水泳までも習えというのだわ。水が怖いウンジェに
「何かをえるためには、自分を殺さないとダメ。死ぬ気で頑張って。復讐は口先だけなの?何としても、やり遂げる覚悟でやるのよ。
がんばっただけじゃ、社会に通用しない。妥協や、失敗を積み重ねるようではダメ。」と、ミン女史。

まさに自分の復讐もかねてるのだわ。
確かに、大変なことだからウンジェ1人の力じゃ、通用しないかも。
こうして復讐は始まるのね。

ガンジェは、エリに
「もう、お前の両親の法事はしない。理由はわかってるだろう。お前を預かり、墓まで建ててやったんだ。」と、言葉に怒り狂うエリ。

「両親の事故の補償金を奪ったでしょ。それでウンジェの学費と、生活費を賄ってたくせに。大金を懐にいれて、私をこき使ったわ。」と、反論。

そこへミインがきて「二股なの?」と、怒る。
この時、ハヌルがガンジェに一目惚れ・・電話番号を聞いて。

プールに練習にいくウンジェは・・水が怖い。
その時!なんと、ギョビンがプールに来て・・隠れるために、怖い水の中に潜るウンジェ。

すごいわー「死ぬ気でやるのよ。」と、言葉を思い出して潜るの。
水が怖いのによく飛び込めるわーー。
どんどん、迫力とスピードつける面白さです(^^ゞ

今後は本気の思いを知り、水泳を教えるゴヌのようです。つまり、ウンジェを支えるゴヌでしょうね。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。



関連記事
スポンサーサイト



2010年08月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 妻の誘惑
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌