ゆれながら咲く花 1-2話あらすじ

最終回の視聴率は15%、原題は「学校2013」学園シリーズです。

キャスト
チョン・インジェ  (チャン・ナラ)教師
カン・セチャン  (チェ・ダニエル)カリスマ講師
コ・ナムスン    (イ・ジョンソク)学級委員長
パク・フンス    (キム・ウビン)留年転校生
ソン・ハギョン   (パク・セヨン)副学級委員長
イ・ガンジュ    (ヒョヨン)



2012年 KBS 全16話
脚本 キム・ウンジョン
演出 チョン・ジョンファ


1話

スンリ高校はソウル市内で、178校のうち149位。最低レベルで、生徒の生活態度も悪い。近隣からの苦情も多い学校。

非常勤のチョン・インジェ(チャン・ナラ)は、問題の多い2年2組を担当する事に。トラブルの多い2年2組は皆、避けていた。

断り切れないインジェ。同僚からは、深く関わらないように言われている。

何でも屋のバイトをしているコ・ナムスン(イ・ジョンソク)。

スンリ高校のマドンナ、ソン・ハギョン(パク・セヨン)はこっそり、セチャンの塾に通っている。ある日、ナムスンに見られ、黙っているように頼む。

問題児のオ・ジョンホは遅刻、タバコ、カツアゲもする生徒。

海苔巻き屋の主人から、タバコを吸ってる生徒の写真を見せられる校長。顔は写っていないが、生徒を探して処罰するよう命じる。

オム先生らが探すと、ジョンホだと分かる。一緒にいた生徒の靴から、ナムスンも疑いの目で見られる。

持ち物検査で、タバコが見つかってしまうジョンホだった。
ナムスンは吸わないが、一緒にいた事で同罪となってしまう。しかし、何も言い訳しないナムスン。

処罰が決まりそうになり、不鮮明な写真で決めてしまうのは・・と、異議を唱えるインジェ。
結果、懲罰は保留になる。
大変な事を言ってしまい、ドキドキのインジェ。

選ばれたナムスンは学級委員長。内申書のため、立候補したハギョンは副学級委員長に選ばれる。

校則通りだと退学も可能、問題児は追い出したい校長。スンリ高校を名門にして、邪魔な生徒は追放する考え。

反抗的な態度のジョンホに、他の生徒は誰も逆らわない。唯一、ナムスンだけが彼を止めていた。

授業中、携帯をいじるジョンホを見て取り上げようとするインジェ。反抗され、力では勝てずに怖い思いをする。

給食指導中、列に割り込むジョンホの携帯を再び、奪おうとするインジェ。怒り出すジョンホを叩き、殴られそうになり、ナムスンが助けてくれる。

「2年2組・・私には何もしてあげられません・・」
先輩教師に本音を言うインジェだった。

なぜ、ジョンホが反抗的なのか・・と考えるインジェ。
ナムスンから、「弱いんだから、立ち向かっちゃダメです・・」と言われてしまう。

インジェがジョンホを叩いたと知り、先に手をあげたジョンホを処罰しようとするイム校長。
「これ以上、見ていられない。今後、規則を破った生徒には厳しい罰を下し、必要であれば退学措置も取る・・」と、発表する。

塾講師のカン・セチャン(チェ・ダニエル)はカリスマで有名。知人に家庭教師をした事で半年間、スンリ高校へ行くハメに。

補習クラスの名簿が張り出され、恥ずかしいナムスン。

スンリ高校に到着するセチャン。ネット授業で、有名なセチャンと会うインジェ。

入学説明会の日
父兄たちに優秀な・・と、スンリ高校を宣伝するイム校長。
父兄、イム校長の目の前で、窓からイスが落ちて来る。驚く父兄たちは、こんな学校・・と怒って帰ってしまう。

脅されていたヨンウを庇い、言い合うナムスンとジョンホ。

オム先生らが駆けつけると、教室にはナムスンがいた。

2話

「お前がイスを投げたのか?」と、ナムスンに聞くオム先生。
否定するナムスンを見て、ケンカだと考える。

ケガもない。相手はわからない・・と知り、校内暴力ではなくて、器物破損にすると言いだすイム校長。
目撃者もいる、大事になってしまうと。

成績アップをセチャンに頼むイム校長。
3年生は手遅れ、2年生を10人ほど教え、レベル上げすると答えるセチャン。

窓を割った人を聞くインジェに、僕だと答えるヨンウ。
ジョンホに脅されていたのを庇ってくれたナムスンが殴られ、助けるためにイスを放り投げたヨンウだった。

クラスで、ガラスを割ったのはジョンホ?ナムスン?と賭けが始まる。
言い訳しないナムスンに、口を割ればジョンホに仕返しされる・・・と話す生徒たち。

仕事が増えたらいや・・自分のためと考えるハギョン。
「正直にいえば助かるわ。早く解決して。」とナムスンに言う。
嫌だと断るナムスンだった。

会議で、ナムスンを呼ぶよう命じるイム校長。
問題を隠すことも懲罰だと言う。
「生徒たちは告げ口するなら、罪をかぶった方がまし・・と考えています。」と言うインジェ。

校内暴力として調査すべき・・と言うインジェに、校内暴力でも、器物破損でも犯人は2年2組の生徒。適度に見逃すことが学校・・と言うイム校長。

父兄たちは校内暴力と疑っている・・2年2組の担任をセチャンに任せたらと、提案されるイム校長。

入試に的を絞り、国語の授業を始めるセチャン。大学に行かない者は出るよう指示する。
ヨンウ、ナムスンは教室から出る。

イスを投げてくれて・・と、助けてくれた事をヨンウに感謝するナムスン。

セチャンを呼び出し、進学しない生徒を教室から追い出した事を指摘するインジェ。
「商売ではなく、人を育てる教育の場です。塾ではありません。」
「校内暴力を器物破損というのが教育?」と反論するセチャン。

争うジョンホとナムスンを目撃、ヨンウがイスを投げたと説明するセチャン。まだ、署名してなかったので言わなかったと言いだす。
「ヨンウが犯人なのに・・と、それでも担任ですか?」と。
会話を聞いていたイム校長。

インジェに、「ヨンウは知的障害のある子ね?母親を呼びなさい」と命じるイム校長。
母親が呼ばれ、ヨンウは停学5日となってしまう。
ヨンウは問題を起こしたら、特別支援学校に行くことになっていた。

ヨンウを守ろうとするインジェに、クビになれば二度と採用されないと、注意する同僚。

担任交代嘆願書が届いた、問題を起こせば契約を解除すると、インジェに言うイム校長。

遅刻すれば罰金を取る事になっている。だが生徒から徴収しないナムスン。
「学校もジョンホも同じだ!」と叫ぶ。

遅刻した生徒に理由を聞いて、究極の選択・・罰金は取らないと宣言するインジェ。その代わり、詩を暗唱することと。

セチャンのクラスは受講希望の生徒が多数。

「知識が力となり、それが身を守る。ヨンウを見ろ。無力だからあのざまだ・・お前は俺のおかげで、罰を免れたんだぞ。授業を受けろ。」と言うセチャン。
「先生が言った?自分の意思で嫌だ。」と言いだすナムスン。

ヨンウが転校すると知り、驚くインジェは母親に拒否出来ることを教える。喜び、学校に通わせると言うヨンウ母。

解雇覚悟で、言ったインジェに能力不足とわかった時に解雇する・・と言うイム校長。

ヨンウを助けたインジェ・・と、生徒たちが喜ぶ。

スンリ高校に来た理由を隠してる・・と、イム校長は2年2組の担任をセチャンに命じる。
断れないセチャン。

2年2組はセチャンが担任になる・・と知るインジェ。

続く・・

10年ぶりに復活した「学校」シリーズのようです。
コン・ユ、チャン・ヒョク、キム・レウォン、チョ・インソン、ぺ・ドゥナ、チェ・ガンヒなど多数、このドラマでスターになったようです。

生徒のトラブルだけでなく校内暴力、モンスターペアレンツなど、リアルな問題も描いてるらしい。

「ハイキック3 短足の逆襲」のジョンソク君が出演してるので見ました。
Mnet視聴です。

キム・ウビン君は「紳士の品格」に出演してましたね。
チャン・ナラと、チェ・ダニエルといえば「童顔美女」を思い出します。
優等生のソン・ハギョンは「シンイ 信義」王妃役ですね。

問題児を追い出し、スンリ高校を名門にするつもりの校長。
問題が起きても、罰するよりも言動の理由を考え、解決しようとするインジェ。でも、生徒が男子なら体も大きくて負けてしまいます。

そんなインジェを助けて、支えるナムスンでしょうね。セチャン、ハギョンも訳ありな感じです。

問題が起きて、解決策を探すインジェと受験しか考えないセチャンと対立するのでしょう。
そんなセチャンもいずれ、生徒と本気で向き合うのだと思います。
録画がたまってるのでサックリ見たいと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年07月26日 | ゆれながら咲く花

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌