ゆれながら咲く花 5-6話あらすじ

次々と問題が起きても、生徒を見捨てないインジェです。

キャスト イ・ジョンソク、チャン・ナラ、チェ・ダニエル、キム・ウビン、パク・セヨン、ヒョヨン


ジョンホを殴ったナムスンたちは警察へ。
住民番号で、フンスと同じ年とバレるナムスン。ジョンホは示談にすると言う。

学校には黙っていて欲しいと、セチャンに頼むインジェ。

「あの頃のお前に戻ったな・・」ナムスンに言うフンス。
ケンカ番長とはナムスンの事だった。

試験が始まるので、2組に忠告するイム校長。
最下位だった場合は2学期が終わるまで全員、自立学習に参加させる事と。レベルを上げたいセチャン。

「ケンカ番長とはお前の事だろう?」と、過去をジョンホに知られてしまうナムスン。

試験でトップから落ちるハギョンは、インジェに採点のやり直しを求める。これがあなたの点数と言うインジェ。

フンス姉に会いに行くナムスン。
フンスは転校させない。今度こそ、卒業させるという姉。
昔、ナムスンとフンスは親友の関係。

ミンギ母から、試験の事で文句をいわれるインジェ。
教育ママのミンギ母は、母親たちのカリスマであり、逆らうことは出来ない。

試験問題を作成中の教師が、問題を盗まれてしまう。

2組の生徒が盗んだとわかり、手で叩くインジェ。
勝手に体罰を?と、怒るイム校長に、インジェの手を見せて、「叩かれたのはチョン先生だ・・」と庇うセチャン。

「罪の意識もない・・」と、呆れるセチャン。
「あの子たちは悪くない。私たち教師がそう、教えたのよ。両親は注意もせず・・学校は面倒だからと見放した。」
泣いて生徒を庇うインジェに言葉を失うセチャン。

職員室
「まだ、あの子たちの手を離す時ではない」
インジェのノートを見るセチャン。
インジェが作成した2学期の資質評価、問題用紙を持ち去る。

ロッカーを荒らされ、濡れてダメになった教科書は捨てるハギョン。新しい教科書を机の前に置いていくナムスン。

ハギョンに、要点ノートを作り直す時間はないだろう・・と、自分のノートを渡すミンギ。

母親に「こんな人生、疲れる・・」と言いだすミンギ。

数学の教科書を買わないフンスに、楯つけば即、退学と告げるオム先生。

ジョンホに呼び出されるナムスン。
「フンスはお前のアキレス腱か?問題用紙を盗んでこい。」
ケンカの加害者であるフンスを守りたいナムスンは、ジョンホに脅され、覚悟を決める。

「撃たないと誰かが傷つき、撃てば誰も傷つかない。」
インジェの問題をセチャンに聞くナムスン。

ブレーカーが落ちて暗闇の中、ジョンホの指示通り、侵入するナムスン。

6話

学校から出て来るナムスン。
「今度、脅したらお前の命令だとバラすぞ。」
ジョンホに言うナムスン。
問題用紙を携帯で撮った・・と、見せかけ撮っていない。

試験後、問題用紙が1枚足りない事で慌てる教師たち。問題流失になれば・・・と、再試験をする事に。

停電で防犯カメラは5分間、停止して犯人も写っていない。
オム先生の車載カメラを見て、フンスを尋問するが、ナムスンが来て、
「犯人は僕です・・盗もうとしましたが盗んでいません・・」と告白する。

警察に任せる・・と言われ、1日待ってもらうセチャン。ナムスンを助けるため、インジェと動く。

犯人は中退生であり、塾長も指示したとイム校長に報告するセチャン。
犯人が在校生でなく、安堵するイム校長。

ナムスンと話すインジェは、ジョンホの命令だと理解する。

ナムスンの濡れ衣をセチャンが・・と、知り喜ぶ生徒たち。セチャンに素直に感謝するナムスン。

眠気覚ましに、ドリンク剤を飲み過ぎたハギョンが倒れる。見てるだけで、運ばないセチャンに驚く生徒。
ハギョンはナムスンが運ぶ。

ジョンホを呼び出し、試験問題を盗む命令をナムスンに出した・・と指摘するインジェ。
ナムスンが言った?と怒り出すジョンホ。

お前とフンスは中学の同級生だった・・と、皆の前でいうジョンホ。
試験問題を盗もうとしたのはフンスの為・・と言いだす。

試験で満点が取れず、母親に謝罪するミンギ。

ミンギ母が、最初の試験と再試験の難易度が違うから、成績が下がった・・と苦情を言いだす。
チンピラの転校生・・と、騒ぐミンギ母。

ナムスンの事で、苛立つフンスはミンギを手で押しやる。目撃したミンギ母が暴力と怒り出す。

ミンギ兄ヒョンギは、母親のせいで2年間、引きこもり生活。泣き叫ぶ母を見て、ごめんね・・と謝るミンギだった。

生徒たちが救いを求めてるかもしれない・・と、校内暴力実態調査をするインジェ。
無駄だ・・生徒が書くはずがない!と、言うセチャン。

続く・・

生徒たち、校内暴力の事を書いたようです。
訳ありのナムスンだと思ってたら、フンスと同じように留年してたのです。ナムスンと争い、転校したフンスの様子。

フンスに対して申し訳ない気持ちがあり、何をしても逆らわないナムスンだと思います。

母親に追い詰められ、優秀だったヒョンギは引きこもるようになっていたのです。
押しつけられる勉強はね。
ミンギも危ないわ。母親の期待に応えようと頑張ってるから。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年08月01日 | ゆれながら咲く花

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌