スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

私たち結婚できるかな? 3-4話あらすじ

自分たちの事より、親の事でケンカが絶えないヘユンとジョンフンです。

キャスト
ソンジュン、チョン・ソミン、キム・ヨングァン、ハン・グル、イ・ミスク、キム・ソンミン

↓DVD



3話「危険な両家の顔合わせ」

ジョンフン母に呼ばれ、家でバッグ、ブーツなどをもらうヘユン。
気に入らない物でも、嫁として喜ぶフリをするのよ。

ヘジンの態度がおかしいと感じるドヒョン。
問い詰め、浮気相手のユリに会ったと分かる。ヘジンにメールで、嫌がらせをしていたユリ。

勘弁してくれと言うドヒョンに、「あの女はダメ。愛人として最低基準を満たしていない・・」と言うヘジン。
「絶体、離婚しない。散々、我慢してる。我が家に協力して。ヘユンの顔合わせでいい旦那を演じて。」と言う。

ユリに会い、「離婚は一度で十分。妻に手を出すな・・別れよう。部屋はやる。」と言うドヒョン。
ヘジンを愛してると言うより、面倒なユリでイヤになった様子。

両家、顔合わせの日
浮気相手のユリのせいで、遅刻するドヒョンたち。

初めての顔合わせに、20分も遅刻するヘユン家族に呆れるジョンフン母。

「専門職でもないただの会社員が、妻子を養うのは無理でしょう。」
ハッキリ言うドゥルジャに驚くジョンフン母。
「こんな冷遇を受けて来たの?」と、思いジョンフンを見る。

今は共働きの時代と、何も譲らないドゥルジャに呆れるジョンフン母。日取りは通常、新婦の家が決める・・とまで言いだす。

見合いするギジュンは、父親からハン会長の娘なら・・と言われる。事業のため、それで良いと考えるギジュン。

家に帰り、ジョンフンを怒る母。
「職業で、あの子を選んだ訳じゃない。冷遇されて悔しくないの?」
遅れてくるのはナメられてる。ヘユンも、バッグをあげたのにプレゼントもない!と、怒る母は泣き出す。

母に泣かれ、途方に暮れるジョンフン。
ヘユンからの電話で、お前と話す気になれない・・と告げる。

「母親同士の価値観が違うだけ。結婚するのはお前たちだ・・」と言うジョンフン父。

電話に出ないジョンフンに会いに行くヘユン。
「俺にお前は勿体ない。いい男を見つけろ。別れよう・・」と言いだすジョンフン。
驚くヘユン。

ドヒョンに離婚してと言うヘジン。

ジョンフンを追いかけるヘユン。
「母さんが泣いた。傷つくから理由は言えない・・」と言うジョンフン。
正直にすべてを話してと言うヘユン。

「次回への忠告だ・・」
顔合わせに手ぶらで来た。感謝の言葉もなかった。父さんは何度もお礼を言った・・と説明する。
怒るジョンフンに何もいえないヘユン。

占い師に会いに行くドゥルジャとドゥルレ。
ヘユンの結婚は、ジョンフンで問題ないと言われる。お金の心配もいらないと。
安心するドゥルジャ。

家に帰り、ヘユンに日取りを決めてと言うドゥルジャ。
「”母さんが泣いたから別れよう”・・・と、言われた。母さんのせいよ。息子を悪く言われ、傷ついたせいよ!」
怒鳴るヘユンに驚くドゥルジャ。

「あの親は箱入り娘で、悪口に慣れてないのね。別れて良かった。マザコンは苦労する・・」と、呆れるドゥルジャ。
彼はお父様に似て、ヘユンに優しい。大事にされると言うドゥルレ。

翌日、ジョンフン母から呼ばれ会うヘユン。
「お母様はジョンフンがイヤなの?不愉快だったわ。」
嫁選びには口出したいけれど、ジョンフンの好きな子で、我慢したと言うジョンフン母。
謝り、別れた事は言えないヘユン。

家に帰り、ヘユンの様子がおかしいと言うジョンフン母。
「別れた。母さんが泣いたから・・母さんへの侮辱は許せない。」
泣き出すジョンフン。

50歳まで、家と仕事の往復。退屈な人生だったと言うドゥルレはバイクを乗り始める。人生を変えようとする。

ヘユンと別れると聞いて、周囲に振り回されるな・・と意見するジョンフン父。

ドゥルレから、「姉さんが謝るべき・・」と言われ、ジョンフン母と会うドゥルジャ。

4話

ジョンフン母に会い、頭を下げるドゥルジャ。
ドゥルジャの態度に、自分も悪かったといい出すジョンフン母。結婚話は進める事に。

ジョンフンに会いに行き、不安を告げるヘユン。
「私のコンプレックスは貧乏と母子家庭・・貧乏は克服できても・・あなたは私のお父さんでもあるの・・」
ヘユンを抱きしめ、早く結婚しようと言うジョンフン。

ヘユンと会い、ブレスレットをプレゼントするジョンフン母。気を使い、お母様の好みで・・とあわせるヘユン。
2人が仲良くしてるので、安心するジョンフン。

ドゥルジャが、ジョンフン母に頭を下げたと知り、
「なぜ、うちが謝るの?何も悪いことはしていない。娘の自慢をしただけよ・・」
ジョンフンに怒りをぶつけるヘユン。

結婚式はホテルで・・と、顔合わせの時に言ったドゥルジャ。言いだしたからと、お金を借りて準備をする。

ヘユンを呼び、結婚式は教会で・・と提案するジョンフン母。
断れず、あわせるヘユンに、教会で式を挙げるのなら資格が必要と言う。改宗までは勧めないけれど・・と。

ドゥルジャから、お金を借りてホテルの準備・・と知るヘユン。
あちらは教会で・・と、ヘユンに怒り出すドゥルジャ。

ジョンフン母と会い、女はホテルの方がキレイ・・と言いだすドゥルジャ。
その態度に、「ヘユンは教会ではイヤだった?」と感じ、怒るジョンフン母。

「なぜ、教会がイヤなら私に言わない・・」と考え、ヘユンを呼び出し説教をするジョンフン母。
ヘユンが怒られてると知り、母親を怒鳴るジョンフン。

ヘユンを外に連れ出すジョンフン。
せっかく、姑の機嫌にあわせてたのに・・嫌われたら幸せになれない・・と、ジョンフンを怒るヘユン。
言い合い、ケンカをしてしまう2人。

ヘジンの家に行き、様子がおかしいと感じ、携帯を見るドゥルジャ。携帯には女からの写真があった。
ドヒョンの浮気に怒り出すドゥルジャ。

ドゥルジャに気遣い、ヘユンと母親の間で葛藤するジョンフン。

離婚について話し合うドヒョンとヘジン。
慰謝料は1億、息子は育てると言うドヒョン。

それでは足りないと、大きな金額を要求を出すヘジン。呆れて、離婚したければ減らせ・・と怒るドヒョン。

家に来たサンジンと話すヘユン。
「楽なのが1番・・会いたかった」と言いだす。

ドゥルジャが来て、あれは誰?何をしてる人?と、聞いて来る。弁護士だと答えるヘユン。

ドヒョン浮気相手の部屋に行き、バットで荒らすヘジン。

続く・・

ドゥルジャは口が悪いんですよね。誤解されやすいタイプと言うか。ズバズバ正直に言うので、傷つく人もいるでしょう。

本気で、ジョンフンを悪く言った訳ではないけれど。ジョンフン母にすれば、気分良くないですよね。

ドゥルジャにすれば、女手一つで娘たちを育てた。二の舞は踏ませたくないから、安定した職業の男性と結婚させたいのです。
それでつい、「ただの会社員」と言ったのでしょうね。
本当は医者と結婚させたいドゥルジャですから。

ヘジンが離婚すると知れば、悲しむでしょう。でも、浮気で苦しむより別れた方がいいわ。

ヘユンはちょっと、暢気とうか、世間知らず。若いのもあり、気配りが足りないかも。結婚は家の関係も大きいですよね。

この両家なら、ジョンフン家が我慢する事が多いと思います。
でも、母さんが泣いたからと別れる男って(^_^;)

サンジンを見て、ヘユンの結婚相手には弁護士が良いと考えるドゥルジャでしょう。
本当に、この2人は結婚出来るのかな?ですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年09月06日 | 私たち結婚できるかな?

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。