スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

追跡者(チェイサー) 3話あらすじ

権力の前では無力な人々、これを利用して選挙に勝とうとするドンユン。面白いです!

キャスト
ソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、キム・ソンリョン、イ・ヨンウ、リュ・スンス、コ・ジュニ


3話

スジョンのための積立金・・と、停職中のファン班長に渡すホンソク。班長のおかげで、逮捕出来たのだと言う。

ソ会長に約束の選挙資金を頼むが、PKジュンを無罪にしなければ、出さないと言われるドンユン。
選挙活動ですぐにも資金が必要だが、裁判は最低でも2ヶ月かかる。

「あいつが有罪になれば、ジスが困る。娘の尻ぬぐいで出す金だ。」と言うソ会長。

PKジュンの持ってる動画は、口封じしたと言うソ会長。
娘の尻ぬぐいだけはするが、お前の面倒は見られないとドンユンに言う。

奉仕活動の途中、ソ会長の言葉を思い出すドンユン。
離婚して、選挙を諦めればセメント工場はやる・・と。

「私が当選したら、ホームレスの食事の配給を全面禁止します。」と叫ぶドンユン。

楽をして得た食事のせいで、再び立ち上がり、挑戦する機会を失っていると言う。職業訓練機関を拡充します・・と、言うドンユン。
怒った人々が暴れだし、ドンユンを警護するホンソク。

チャン・ビョンホ最高裁判事に提案するドンユン。
首相のチャンスを与える。その代わり、裁判で勝利を・・と。

PKジュンの証拠はあふれている。
猿が検事でも有罪にしかならない・・と言うチェ検事。

PKジュンの担当弁護士が、チャン・ビョンホ最高裁判事に変更になる。

裁判
事故当時の道路状況を説明、被害者を水たまりと認識したと言うチャン・ビョンホ。
「加害者が事故を認知できなければ、ひき逃げにはならない」と言う。

当時、現場に倒れていたスジョンと一緒に、お金持ちのおじさんに会ったと証言するヒョジン。
少年院に収監中のヒョジンは、スジョンと中学の同級生。
嘘だと叫ぶホンソク。

スジョンに売春及び、麻薬容疑・・TVで流れていると、電話でホンソクに教えるミヨン。

スジョンの遺体には薬物反応も出ていた。学校に協力を求めるが、拒否されてしまうミヨン。

生徒たちが嘆願書を作ってくれ、提出するも却下される。
何も出来ないと、嘆くミヨン。

裁判
ブラックボックスの映像を見たホンソクの証言で、PKジュンは女といた・・と、言うチェ検事。

「私は罪人です。法が許してくれても・・私は自分を許せません。自分の命である音楽をやめます・・」と、言うPKジュン。

反省するふりをして、チャン・ビョンホには小声で、「腹が減った・・・」と、言うPKジュン。

ロウソク文化祭の警護に来るホンソク。
火を消しに来たと演説するドンユン。

「悔しくてロウソクの火を持っても、権力の前では何も出来ない。数ヶ月、火を灯しても復職はできませんが、権力を手にし、条文を1行、変えればすぐに復職できます・・」

「私が変えます・・私の千億ウォンの株を売り、社会福祉財団に寄付、皆さんからの寄付金で選挙を戦う・・」と言うドンユン。

ドンユンの演説で、何かを感じるホンソク。
支持されるドンユンは、1時間足らずで後援金数十億ウォンが集まる。

スジョンの部屋にあった貯金箱のお金を、ドンユンの後援金に寄付するホンソク。

判事に会いに行き、スジョンの日記を渡そうとするミヨン。だが、個人的に会うのは違法だと拒否されてしまう。

スジョンの死を受け止められず、ショックでPTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまうミヨン。うつ病、幻覚、幻聴などがあり、深刻化するとパニック障害にも。
入院、薬物治療を勧められるホンソク。

ドンユンの事務所に来るジスは、裁判を早く終わらせて、離婚すると言いだす。
そこへホンソクが、ブラックボックスを見た、助けてくださいと来る。

「娘の事故で、PKジュンと一緒にいた女が、法廷で陳述できるよう力を貸してください・・」と、言うホンソク。
公職の立場だから・・と、ジスに助けてやりなさいと言うドンユン。
話を聞いて激しく動揺するジス。

「カン議員が大統領になるまで、お守りします・・」と、感謝するホンソク。

裁判
ファン班長を証人として出すが、違法賭博業者から、上納金を受け取っていたことを質問するチャン・ビョンホ。

ホンソクから、息子の入学金を受け取ったと指摘、金品授受の事実を認めさせる。

PKジュンは療養を理由に保釈される。

入院するPKジュンを見て、責めるミヨンは突き飛ばされてしまう。
怒るホンソクはPKジュンを殴る。

続く・・

娘の敵であるドンユンを警護するホンソクです。
仕事とはいえ、あとで苦しむでしょうね。しかも、スジョンの貯金を寄付してしまいました。

チェ検事が本気を出して、チャン・ビョンホと闘ってくれる事を期待ですね。

裁判で、権力の前では無力を感じ、別の権力にすがるしかないホンソク。
これで、ドンユンたちに復讐なんて出来るのでしょうか。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年09月29日 | 追跡者(チェイサー)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。