スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

男が愛する時 15話あらすじ

記憶喪失なのか、演技なのか・・愛する人を信じたいテサン。

男が愛する時 DVD-BOX1
男が愛する時 DVD-BOX1
ポニーキャニオン 2013-12-04
売り上げランキング : 669


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャスト
ソン・スンホン、シン・セギョン、ヨン・ウジン、チェ・ジョンアン、キム・ソンオ、JB、Jr.


15話

病院
目覚めるミドはテサンの手を握る。そばにいたジェヒを選ばず、覚えていないミド。

事故のせいで、一時的な記憶喪失と知りショックのジェヒ。

事故現場を調べ、風邪のミドがなぜ、ペンションに来たのかと考えるジェヒ。

事故で、脊髄を損傷して歩けないミドは車イス生活に。だが、神経は戻ることもある。

自分をティティと呼び、昔に戻ったようなミドを見て、反省するテサン。

部屋で1人、テサンへの手紙を書くチャンヒ。
「兄貴、俺にもしもの事があれば・・ジェヒは実の弟じゃない・・」

ミドは携帯の履歴を見て、事故の前に話したチャンヒにかける。話したことを聞くミドに、知らないと惚けるチャンヒ。
会話を聞いて、事故はチャンヒが・・と感じるテサン。

チャンヒを問い詰め、ミドを殺そうとしたと知るテサン。
チャンヒを殴り怒る。
「兄貴はミドに死んで欲しいと思ったでしょう?弟には恩人の女を奪うやつになって欲しくない。」と、言うチャンヒ。
「やり過ぎだ。重大な罪だぞ・・このことは誰にもいうな。」と叫ぶテサン。

事故の事も覚えていない。
自分の事も忘れて、怯えるミドを心配するジェヒ。
テサンにあの日、どこで何をしてたのかとアリバイを聞く。呼び出していないと答えるテサン。

ソンジュと話すジェヒ。
テサンの弟、ハン・テミンは養子が離縁、施設に戻り香港の実業家の元へ。
その実業家は、チャン・ジミョン。
副会長が、テミンだと予想するソンジュ。

ミドのお見舞いに来るソンジュは、テサンにあなたの指示でチャンヒが・・でも、通報しないと言う。会話を聞いているミド父。

チャンヒに、ミドはジェヒを覚えていないと言うテサン。
事故もジェヒも覚えていないが、テサンの事は覚えている。
車は自分が処理すると言うチャンヒ。

クッパ屋
警察が来て、キム・ソンジュンの服と身分証が工事現場で発見され、本人の血痕もあった。だが遺体は見つからない。

信じられないと言うホンジャ。一時の気の迷いで、家を出て家族を捨てた事を後悔してる。

休養地へ行くテサン、ミドたち。

夜、1人で景色を見ているとチャンヒが来て、ミドを連れ出す。
「記憶を失ったふり・・歩けないふり・・恩人の兄貴と弟と二股した。ジェヒを思い出しても、胸にしまってください。記憶が戻っても、ふざけたマネはするな!」
ミドを車イスごと、置き去りにするチャンヒ。

帰ろうと車イスを動かし、崖から落ちるミド。

ミドがいない事に気がつき、探すテサンは倒れているミドを発見、看病する。

皆と一緒にリビングで眠るテサンたち。
朝、目覚めるミドはテサンに言う。
「皆で寝てたの?ダメよ、公私を区別して、別々に寝てたじゃない。ミジュンもいるのよ。」
仕方なく外に出るテサン。

ふと、出張に行った時の事を思い出すテサン。
「公私は区別しないと・・」と言った自分・・。

続く・・

あの言葉を覚えてるのなら、記憶を失っていない・・と考えるテサンです。チャンヒの言う通り、ミドは記憶を失ったふりをしていると思いますね。

うーん、でも崖から落ちた時は1人だったのに、自分で足を持ってたミド。どっちなんでしょ。

ソンジュはテサン弟のテミンは、投資先の副会長だと考えです。
私もそうだと思ったけど、チャンヒがもしもの場合を考えて書いた手紙。あれを見ると、ジェヒは実の弟じゃないと・・。

もしかすると、ジェヒがテサンの本当の弟なのかも。
だから、チャンヒとしては兄と弟が女の事で、争わないよう必死で守ってくれる気がします。
さて、事実は・・



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年10月01日 | 男が愛する時

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。