スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

九家の書 4話あらすじ

権力者を怒らせ、危険なムソルを助けるガンチかしら。

キャスト
イ・スンギ、ペ・スジ、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、イ・ソンジェ、キム・ヒウゥン

↓OST


4話

”百年客館”に泊まりたいと来るグァヌン。ムソルは留守中、テソが対応する事に。

部屋は満室だと断るテソ。
客を帰してでも、部屋を用意しろと言うグァヌン。客は追い出せない、王様でも例外は認められないと言うテソ。

客は平等と言うテソに、言い掛かりをつけるグァヌン。例外がないのなら、王様より客館の原則が上なのかと絡む。

ヨウルに縛られたガンチは、”百年客館”に怪しい客が来て窮地だと知る。ヨウルに、縄をほどいて欲しいと頼むガンチ。

テソでは対応出来ないと、息子の無礼を謝罪するムソル夫人。
チョンジョを見て、ソファを思い出すグァヌン。

そこへガンチが来て、「客館に来れば客だ。誰であろうと・・」と言う。追い出そうか・・と、グァヌン部下を威嚇するガンチ。

面白いやつだ・・と、ガンチの態度を笑い出すグァヌン。
そこへ役人が来て、宿を案内するとグァヌンを連れ去る。

ガンチを屋根の上から見守るヨウル。

”百年客館”を警備しなかった事を指摘するムソル。酒を飲んで暴れ、皆が探しに来てくれたと嘘をつくガンチ。

ガンチよりも、残忍で権力あるグァヌンに謝罪するべきと言いだすムソル夫人。

ガンチに何故、家を出て行かなかったのかと聞くムソル夫人。

「子供の頃から笑ってくれませんでした。なぜ、私を嫌うのですか?」と聞くガンチ。
不吉だと言う夫人に、命がけで2人を守ると言うガンチ。
「人かどうか、わからぬ者の誓いなど信じられるか・・」と怒るムソル夫人。

婚礼準備のチョンジョを見つめるガンチ。
「主人の娘に惚れ、追い出されたのか・・諦めろ。」と言うヨウル。

ガンチを後ろから、細い棒で叩くヨウル。
よけられず、怒り出すガンチに驚く。
「相手によって実力が変わる?」と考える。
グァヌン部下に対しては機敏なガンチだった。

ガンチに1番嫌いなものは、オニグモだろうと言うヨウル。驚くが否定するガンチ。

1人になり、「なぜ、知ってるんだろう・・」とつぶやくガンチ。

子供の頃、守ってやるとヨウルに言ってた様子のガンチ。

テソと妓楼にいるグァヌンに謝罪するムソル。
無礼なガンチを、尻打ちの刑にすると言うグァヌン。それは殺人罪と同じ処罰、重すぎると言うムソル。

別の形でお礼を・・と言いだすムソルに、
「”百年客館”をいただこうか・・十歩譲って、そなたの娘・・」と言うグァヌン。
それも無理なら、ガンチに処罰を・・と、譲らない。

ピョンジュンの言葉を思い出し、「尻打ちの刑は私が受けます・・」と、申し出るムソル。
さすがに、王の信頼があるムソルを叩くわけにはいかない。

引き下がるグァヌンはムソルを殺害して、犯人をガンチにせよ、と部下に命令する。

街で男(師匠?)と出会うヨウル。
チョが商圏を掌握するために、殺人を犯すのか・・と言う。他に意図があるか考える。

高利貸しを見つけ、お金を奪うガンチは村人に奪われた利子を返す。
村人に愛されるガンチを見ているヨウルたち。

ソジョン法師を見つけ、
「桃の木のそばで出会った縁を受け入れたら、どうなりますか?」と聞くヨウル。
「どちらかが死ぬかもしれない・・」と言うソジョン法師。

夜の巡回中、ヨウルと再会するガンチ。
「なぜ、オニグモを嫌いな事を知ってる?」と聞く。
「覚えていない出会いなら、意味がない・・」と、答えるヨウル。
「会った事がある・・?思い出せば、意味があるのか・・」と言うガンチ。

怪しい気配に気が付き、戦うガンチとヨウル。相手は幻、だが斬られればケガをする。
無数に増える幻の男たち。

家にソジョン法師が来て、驚くムソル。
「20年たったから来たのか?ガンチの正体は?」と聞く。

ガンチの腕輪を落とした時、異変に気が付いたと言うムソル。
しかし、相手はソジョン法師ではなく刺客だった。
「声を出したら、斬ります・・」

続く・・

またまた!ラストの2人、格好いいですね。絵になるヨウルとガンチです。
剣を使うガンチが早く見たいわ。

スケベなグァヌンは今度、チョンジョに目を付けました。危険ですねえ。
ソファの事もあるから。

驚いたのはムソル夫人の言葉です。
ガンチが、人間じゃない事を知ってるようです。
赤ん坊の時、額にケガをしたガンチですが、一瞬で傷が治ったので、人間とは思ってないのでしょうね。

グァヌンの部下は術が出来るのかしら。ラストで、ガンチが襲われたのは幻だそうな。

チョンジョとテソ母親の名前がわかりません。
ムソル夫人と書く事にします。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年10月08日 | 九家の書

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。