スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

野王 23話あらすじ

野望を遂げた瞬間、生まれ育った奈落に突き落とされたら。愛憎の結果は・・

出演 クォン・サンウ、スエ、ユンホ、キム・ソンリョン、チャ・ファヨン、クォン・ヒョンサン、イ・ドクファ、イ・イルファ、コ・ジュニ

↓OST


23話

特捜が出来て不安なダヘは、「大統領にも不利です」と、特捜の拒否を要求する。特別検事を頼むから、自分の味方だと言うソク・テイル。

だが、特捜にハリュが参加してると驚くダヘは手を打つ。

仕事で来たハリュの指紋を入手、チャ・ジェウンの身元に問題あると言いだす。

指紋を調べると、ハリュの指紋はすでにチャ・ジェウンのデータと差し替えていた。余裕のハリュに驚くダヘ。

賄賂に使用された紙幣を撮影、流れを捜査させるハリュ。

ハン・ヨンソク代表に50億ウォンを渡して、候補を辞退させた事。
119番の通報削除。
ドフンの爆発事件で、ヤンホンが自首したが無罪で釈放された・・と、追及する。
誤魔化すダヘに、次回は青瓦台に行くと言うハリュ。

対策も見つからず、ヤンホンにハリュを殺せと命じるダヘ。父も殺した男なのよ・・と。

家に侵入してきたヤンホンと争い、縛るハリュ。
「ダヘが俺を殺せと・・?まだ、ダヘを信じてるのか・・お前は利用されてるだけだ。」
注意するハリュだが、信用しないヤンホン。

ヤンホンの目の前で、ダヘに電話するハリュ。
「諦めないのか?父親を殺したのはお前だぞ。」
「ハリュ・・私が殺したという証拠はないわ。」と答えるダヘ。
会話を聞いて驚くヤンホン。

ヤンホンのいない部屋に行き、「ヤンホンは事実を知った。お前を捕まえに行くそうだ。」と脅すハリュ。

電話で、ダヘに隠れるため資金も必要、会おうと言うヤンホン。待ち合わせをするダヘ・・と信じている。

待ち合わせの場所から遠い場所で、様子を見るハリュとヤンホン。
車で来たのは数人の男たち。驚くヤンホン。
ダヘは来なかった。

スジョンに謝罪して、戻るよう頼むソク・テイル。

ダヘに渡した資金を、恥を覚悟で公表しようと言うドギョン。

ジミに、
「私の家族は父さんと叔母さんだけなの。あまり、父を憎まないで・・」と言うドギョン。

ドギョンが政治資金を公表すると知り、止めるダヘ。
だが決意は変わらないドギョン。

大統領夫人チュ・ダヘに50億ウォンずつ渡したと、謝罪会見をするドギョン。

驚き、「出て行け、チュ・ダヘ!」と市民もデモで大騒ぎとなる。
混乱した街と、叫ぶ市民に怯えるダヘ。

ソク・テイルは、大統領として意見を発表。
「この件は大統領とは関係ありません。特捜にも協力します」と。

ソク・テイルに、私の噂は大統領にもダメージになると言うダヘ。
「自殺偽装をした事が世間に知られたら?」と脅す。
「誰が君を信じる?自叙伝も嘘だらけの君を・・諦めろ。」と言うソク・テイル。

「ダヘさんから、大統領候補辞退の代価として・・現金を渡された。」と、録音を入手するハリュ。
証拠は十分、官邸に向かう。

捜査令状持参で、ダヘの逮捕に向かうハリュとチャン・ウチョル。

大統領夫人として仕事中、令状を持ったハリュが来る。慌てず、私室で話す2人。

金庫から銃を出し、ハリュに向けるダヘ。

「これが答えか・・また殺すのか・・お前がいるべき貧民街に自分の足で返れ。」
ハリュを撃つダヘ。

続く・・

ハリュを撃っても、逃げ場のないダヘです。
あがいても無駄、それも承知で、自分を追い詰めたハリュが憎かったのでしょう。少しは愛もあったのかしら。

残り1話、ハリュは助かるだろうけどダヘはもちろん、捕まるでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年10月17日 | 野王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。