「チャンファ、ホンリョン」65、67話

お腹の子はヒョクが父親の気がします。ソウルから故郷に戻りまた、料理で復帰するでしょう。ここまで来ると愛情じゃなくて、ただの執着だと思いますねーー。



65、67話

テユンと別れることは出来ないホンリョン。これをチャンファに頼む。

「お願いよ。初めて愛した人なの。彼なしで生きていけない。あなたと彼は終わってるのよ。」
チャンファ両親には
「彼女はもう、正気です。」と、いうけど信じないの。

かなりまともに見えたから、理解してくれそうな?なんと!サラチャンと、ホンリョンを訪ねてくる。

「お腹に子供がいるのよ。家族を守るために病気のふりをしてるの。」

「あなたにとって家族はなに?夫を愛してるといって、姑を捨てたわ。」

「家族とはわたしが選んだ人よ。姑は選んでいない。テユンさんを選んだ。だから、身を引いて。」

「不要になったから捨てるのは家族じゃない。」

「お願い。家族を引き裂かないで。身を引いて・・」と、涙を流す本気のチャンファ。

ま?どういうのかしら。勝手といえば、そうなんだけど^^;
姑を選んでいない!って、言葉にはびっくり。

ホンリョンはテユンに求婚、これで来てくれないと・・でも、この会話を聞いてるチャンファは治療を拒否。
結果、テユンは来たの?
ホンリョンと、約束の場所には来なかったわ。スチャンが「故郷へ一緒に帰ろう。」って。

疲れ果てたホンリョンは、ゴンミに帰ろうと言い出す。
やっぱりねえ。

フードセンターでは、料理の上手い「ホンリョンのオムライス」を、全国展開にする話が来る。フランチャイズの話も、呆然のホンリョン。

テユンに「子供が生まれれば、気持ちも変わる。」と、いう叔母。

この叔母がいるから、ややこしくなるのよねえ。

テユンはホンリョンのため、ソクトゥにお金を払う。
これでギルランの親権を放棄した。驚くホンリョン。

このパク・ソクトゥの後ろには、ピルトゥがいると教えてくれるヒョク。
ピルトゥって誰だっけ?(゚д゚)!
ヤクザみたいね。

ソウルを離れるホンリョンは、最後にコンジュに挨拶をしようと・・これを拒否する叔母。
「他人だから忘れるわ。」って。

「私は大奥様の面倒を見てきて家族だと思ってます。嫁は義母を捨てても、身内だから家族と呼ばれ、私が世話しても、他人だから家族になれないのですか?
家族に一番、大事なのは心だと思います。」と、ホンリョンの言葉が気になる叔母。

これがきっかけ、ホンリョンを認める方向になりそう。

ソウルを離れるホンリョンは、4号店開店から身を引く。

チャンファに
「家族を守るため、努力してね。」と、ホンリョン。
「縁があっても、私たちはもう、会うのを止めましょう。」ってチャンファ。

「心を入れ替えます。」と、チャンファは退院後、コンジュの病室へいって
ひざまずき、謝罪する。

「誠心誠意、尽くします・・」と、嫁になるとか・・出来るのか?( ̄ェ ̄;)

スチャンは、ホンリョンを追って事業を拡大せず、そばで見守る愛。

コンジュの世話をして、料理も作り
「これからは生まれ変わり、世間からもテユンさんにも認められたい。」と、サラチャンにも協力を頼むの。
続かないと思うけどな(笑)

叔母はテユンに、姑の世話を1日中しているチャンファを認めてやれって。
これを無視するのよ。
口を挟まないから、「強要しないでほしい。」と。

テユンに無視されるチャンファはついに、買い物を・・(笑)
これを見てゴンミたちは
「そのうち、限界が来る」と、噂。

確かに、髪をセットし始めたりするのよ。
サラチャンがとめるの「心を入れ替えかえたのなら、買い物もやめるべきです。」って。
我慢がそろそろ、限界だと思うわ。

ホンリョンは、ゴンミと田舎へ戻り「ありのままの自分をみせればいい」と、考える。

あららーーー!
病院のトイレで溲瓶を落とし、キレるチャンファは限界だわ。

サラチャンに
「ストレス解消が必要。カードを貸して。あとで返すわ。叔母のカードは買い物がバレるので使えない。」と、言い出す。
呆れるサラチャンだけど、カードを貸したのね。

ジョンヘが呆れるほど、買い物をしてるわ。
「生まれ変わるのは難しい。」と、ヒョクの家へ買い物を持ってくのよ。
また、ヒョクに会うのはばれそうだわ。

意識の戻ったコンジュだけど、脳卒中で危険な状態。24時間体制で付き添いが必要となる。
身重だけど、チャンスが欲しいと介護を引き受けるチャンファ。

チャンファは妊娠してるから、諦める方がいいと言われるヒョク。

あの顔、ヒョクの子供なんじゃ?

「テユンさんの心を取り戻したい」と、チャンファだけど・・実家の親に介護を頼み、自分はエステじゃない(笑)

創立記念の食事会があると知り、叔母にすすめられ、1人出席のテユンの席にいくチャンファ。
すごいわーーホンリョンがいた時、恥をかいた場所なのに。
堂々とするところが奥様なんだわ。

テユンは先に帰ってしまい、残るチャンファはつわりで気分が悪い。
これをまわりが驚いて
「つわりが酷いんです。」と、チャンファにまわりは今度、「おめでとうございます。奥様。」と、言い始める。

ホンリョンはスチャンたちと、竜の家に戻る。

「チャンファ奥様が、復活したわね。」と、ジョンヘ。

ソクトゥは自分の口座を調べると、テユンからもらった50億ウォンが消えてることに驚く。
これを「ホンリョンが?そうなら殺す!」と、激怒。
どしたんでしょ。ピルトゥの仕業かな?

「お腹の子の父親は誰だ?ボクの子じゃ?」と、チャンファに聞くヒョク。
やはりね。この子はヒョクの子なんだわ、きっと。
動揺してたもの。

家に戻り、調べるけどどうなのかしら、安心してたわね。


精神病院に通院してたけど、回復・・治ったといわれるチャンファは嬉しい。
「私に足りないのは真心ね。」と、今後は買い物もせず、姑の世話をするという。

コンジュの食事を作るとチャンファだけど、実際はお母さんが作るのよ。

「テユンさんが心を開いてくれない。ホンリョンと私の違いは、真心があるかどうかよ。彼が心を開くまで、誠心誠意、尽くすわ。」と、チャンファ。

続かないと思うわーー。チャンファ父も、精神を心配
「いつも通りにすればいい」って。

チャンファはテユンに産婦人科へ一緒に行き、胎児のエコー写真をみて喜びたいというが
「何も感じない。共感できない。ボクの側にホンリョンさんにいてほしい。人生を浪費してると思わないのか?プライドはないのか?ばぜ、ボクに執着する?」と、いわれるの。

「プライドを捨てて、すべてを失って地獄をみた・・あきらめない。たえてみせる。」と、チャンファ。

そうよね。あんなにプライドが高いチャンファだったのに今は、もう何もかもテユンの心を取り戻すためとはいえ、何でもやってる。

ヒョクは自分の子では?と、ずっと考えてるのよ。

コンジュが声を出しそうになり、テユン、叔母を呼ぶ。
やっとの思いで出した言葉は

「ほ、ホンリョン・・」

大ショックのチャンファだわね。世話をしたのは今回、彼女だから。
「求めてるのはホンリョンさんです。」と、医師。

テユンは悩む。
コンジュが目覚めたら、ホンリョンではなくて、自分を捨てたチャンファが、世話をしたといわないと。

ウンナムの結婚相手の女社長、元・夫は生きていて妻の暴力で離婚。海外へ逃げたと知り、驚くウンナム。


ソクトゥのお金、これは株式を現金に換え、入金を喜ぶソクトゥ。だけど、ホンリョンの同意がないとおろせない。
子供名義の通帳は、両親の管理下にあると銀行でいわれる。
あれ、この通帳はギルランなのかしら。

「訴訟を取り下げれば、名義を変更できます。」と、聞いて激怒。

苛立つチャンファは、ホンリョンの写真に向かって
「あんた、何様よ。私を苦しめるのはもう、やめてよ。どうして私じゃダメなの?努力してるんだから、許してくれてもいいはずよ。私の立場がない。」

「なら、看病しなくていい。」と、テユン。

「看病してるのは、お義母さまの心を取り戻すためよ。でも、もううんざり。
義母の看病なんて真っ平だわ。」と、テユンに捨て台詞。

あららーーー!こんなこと、いっていいのかしら。両親に怒られ、また家に戻るのだわ。。

「うんざりしてるのは事実よ。それは認めてくれないあなたと義母にね。あなたと義母がホンリョンに会いたがっても、私は耐え抜いて、この家に居座ってやる。
理解してくれなくてもいい。私はあなたと暮らし、義母に仕え、子供を生むわ。」

呆れるテユンは(当然)
「意地か?ボクは君を軽蔑している。一緒にいる意味がない。」

「意味はあるわ。最後に残るのは、ホンリョンではなくて私よ。」

「いいだだろう。やってみろ。」

どうせ続かないと思うわーー

ホンリョンには、オムライス・フランチャイズの話もあり、食品コンテストの件も来る。コンテストに入賞したら、大企業からも注文が来るはず。
「入賞したら、故郷に本店をおく」と、条件を出すホンリョン。

テユンの許可も得ず、勝手に家にはいるチャンファ。

「僕の妻はホンリョンさんしかいない。君の子供が足かせになっただけだ。選んだのはホンリョンさんだ。愛する人と別れ・・辛い。
君のような女に会ったことがくやしい。ボクを縛り付ける君にはうんざりだ。
それでいいなら、やってみろ。」と、テユン。

ここまでいわれて耐えるのかしら。トイレで泣くチャンファ。

スチャンが竜の家を、ホンリョンに売ったことを知り怒るスチャン姉。

コンジュの具合が悪くなり、緊急手術となるが危篤・・
悪夢を見て心配するホンリョン。

テユンもついに
「長くても・・1ヶ月もつか・・わかりません。」と、医師に宣告されてしまい、ふらふら・・

まあ、ここまで引っぱったコンジュだものね。
残り、何話かしらーーー。

「黄金の新婦」これも以前、視聴・レビューを書いたのでカテゴリにあります。(本宅ブログ・韓ドラの奇跡にて)
これも、オススメですよん(^^ゞ

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌