スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

マイ・ラブリー・ブラザーズ 33-34話あらすじ

結婚を認める展開で幸せも近づく2人ですね。

マイ・ラブリー・ブラザーズ DVD-BOXI
マイ・ラブリー・ブラザーズ DVD-BOXI
エプコット 2013-09-27
売り上げランキング : 41334


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャスト
ソ・イングクリュ・スヨンイ・ソンジェ、ミョン・セビン、キム・ヨンフン、ハン・ヘリン


母ジョンスクがいるのを見て、車を止めるヒョンギ。

車から降りるミリムを見て、同じマフラーと気が付くジョンスク。気まずい雰囲気になり、今日は帰ります・・と、1人で帰るイノク。

家に戻り、ウォンテとヒョンギに怒るジョンスク。
「同じマフラーなんて!お金を使わせたわね。彼女にプレゼントするのを勘違いした私が悪かったわ。」
イノクとの交際を隠してたと、指摘するジョンスク。
言えば気分悪いだろう・・言えなかったのだと言うヒョンギ。

ボラムのお遊戯会に遅れて行くスンギ。親として、ミリムと一緒に踊るスンギ。

ミリムを諦めきれないスンギは、ミンギに告白する。
「あいつの魅力に気が付かなかった。」
後悔する弟に呆れる兄たち。

ミンギ部屋の向かいに、引っ越してくるガンヒ。

ユリの本名はボンナムと知り、好きな名前だと言うガンヒ。ミンギに憧れ、作家を目指してると知るが、本を読んでいないユリに呆れてしまう。

シニョンと会うミンギ。
ジンは結婚式と花嫁のために、辛いリハビリをしたのだと教える。担当医から聞いて、シニョンにサプライズだったのだと。

約束出来るものではないから、自信もない。だから、ジンは言えなかったのだろと。
「君から戻ってくれ。あいつからは戻れない・・」と言うミンギ。

ミンギに、ユリを育てるのは出来ないと言うガンヒ。それなら、契約しないと言いだすミンギ。
ミンギが連れてきたので、半分は責任を持つという事で、バイトとして雇う事に。

ジョンスクを怒らせてしまい、不安なイノク。会おうとジョンスクを呼び出す。
お金を受け取っていながら、再び交際したことを謝る。

受け取れないと、お金を拒否するジョンスク。
「交際はいいわ。でも、結婚しないという約束は守って・・」と言うジョンスク。

ソンヒに、ジョンスクの事を相談するイノク。
お金を口実に、復縁させないつもりなのでしょうと、驚くソンヒ。

父ビョングクが怒っているので、顔を見せないソンヒ。許してもらおうと考えるイノク。
部屋に入り、ソンヒが隠れてるのを知るビョングク。

許してと、謝るソンヒを認めないビョングク。
イノク、ダビンも一緒に、叔母さんを許してあげて・・と言われ仕方なく許す。

ソクチンに指輪を返すミリム。
「自信がないの。あなたの事を知らないし・・」
「これから知ればいい。指輪で束縛する気はない・・」と諦めないソクチン。

松葉杖で、帰宅するジンに驚く母・チョン女史。嬉しさで感激、泣き出してしまう。

立って歩くジン。驚くシニョンはジンに言う。
「そばにいて・・」
ジンに抱きつくシニョン。

イノクとデートするヒョンギ。
「アジトを作りませんか?ゆっくり出来る場所・・」
提案するヒョンギに、戸惑うイノク。

イノクとマンションを見るヒョンギは、ドクスンに見られてしまう。
ヒョンギが部屋を探してた。同棲するのかしら・・と、噂するドクスンはジョンスクに教える。

ヒョンギが部屋を借りる気・・と、ウォンテに言うジョンスク。

ボラムと遊ぶスンギは、ソクチンのプレゼントケーキに指輪が入ってた事を知る。不安を感じるも、ミリムが指輪をしていないので安堵するスンギ。

ミリムと話して、仕事の事を話し始めるソクチン。職場に行こうとミリムを誘う。

ミリムに服をプレゼントしようと考えるスンギ。けれど、ミリムがソクチンと一緒に出かけるのを見て止める。

「ミリム・・俺と一緒に・・やり直そう・・」
驚くミリムにキスするスンギ。

ソクチンの目の前で、キスするスンギです。涙で復縁するシニョンとジンでした。

34話

ソクチンの目の前で、キスされたミリム。
「バカにしてるの?」と、怒りスンギを叩く。
怒り帰ってしまうミリム。

不愉快になり、スンギと話すソクチン。
「俺にキスを見せつける為か?彼女を侮辱した!」
スンギと殴り合うソクチン。

「俺はあいつの元夫だ。子供の父親だ・・」
「それは過去だ。今は俺の愛する女性だ・・」と、言うソクチン。

ミリムに会い、本気なのだと真剣に話すスンギ。だが、怒ってしまい呆れるミリムだった。

ウォンテに会い、イノクとヒョンギの結婚を認め、2人を結婚させようと提案するビョングク。喜び、賛成するウォンテ。

ジンに会い、松葉杖で歩ける姿に感動するミンギ。
アメリカにシニョンと一緒に行くと知り、大喜びする。式も来週、俺のおかげで復縁したと笑うミンギ。

ジンとシニョンを空港まで送るミンギ。俺の結婚式にも来てくれと言う。

ユリにはお手上げ!と、言いだすガンヒ。契約するから、長い目で見て欲しいと頼むミンギ。

前の部屋がうるさい・・、文句を言いに行くと、ガンヒが住んでいた。
驚くミンギを笑うガンヒ。
同じ部屋で住むと言うユリにも驚く。

友人と嫁の話をするジョンスク。
優しくすれば、嫁も優しくなる・・と話す友人たち。

イノクと一緒に、新居の家具を見に行くヒョンギ。ベッドも見ようと、言いだすヒョンギに恥ずかしいイノク。

一緒に、ベッドに寝て試していると、ジョンスクに見られてしまう。
「お嫁さん?」と、聞かれ戸惑うジョンスク。

ジョンスクに申し訳ない気持ちで、去るイノク。
「結婚に反対してるの?認めてあげればいいのに・・」友人たちに言われてしまうジョンスク。

家に帰り、アラムに質問するジョンスク。
「ダビンのお母さんと結婚したらいや?」
「嫌じゃないよ。優しい」と、答えるアラム。

ミリム、ボラムを連れて食事に行くスンギ。偶然、ソクチンが来て会ってしまう。

ソンヒに頼み、ソクチンの身辺調査を頼むスンギ。
調べてもらうと、ミリムのラーメン会社の本部長。親は医師、長男もお金持ちと完璧なソクチンだった。
不利な点はないと、困るスンギ。

悩むジョンスクはガンヒに相談する。
離婚したガンヒは、ヒョンギの結婚に反対する理由はないと言う。
「嫌なら、結婚を認めて嫁に復讐すれば?」と、言いだすガンヒ。

イノクを呼び出し、告げるジョンスク。
「結婚して、堂々と一緒に住めばいいわ・・」
驚くイノク。

続く・・

キスが続いた回ですね。
33話で、ヒョンギとイノク。スンギとミリムもキスしてました。
スンギ役のイングク君、「応答せよ 1997」と違うパターンで上手でしたね。

ヒョンギの結婚を認め、イノクに復讐するつもりのジョンスクかしら。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年10月25日 | マイラブリーブラザーズ

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。