『シンデレラのお姉さん』8~9話 あらすじ

優しいデソンが死んでしまいました。これでショックの大きいウンジョたちですね。自分を心から心配してくれた・・と、思うウンジョはあたたかい言葉を思い出します。


8~9話

8話
デソンは倒れて・・手術・・無事、成功、退院。
ここで死んじゃかうと思ったら^^;

ギフン父は、ギフンが「デソン都家で働いてる」のを知らないから会う!と、デソンを「信じて」と、断るギフン。だってギフン父の命令で、デソン都家に来たんだものね。

ヒョンソンはギフンと日本へ出張?これが「可愛いからサインしましょう。」って簡単に契約成立。
これ、ひどくない?こんな簡単に契約する訳ないじゃん。日本をバカみたいに書いてるわ・・と、思ったが。
帰りに車の中?騒ぐヒョンソンで・・事故を起こしそうになって。

これをギフンがベルトを外して守ってくれるの。庇うって言うか・・。
これにギフンを好きなヒョンソンは感激でもう泣いて。まあ、好きな人にあんな風にされたらね。

ギフンは、ヒョンソンに「甘えるな、頼るな!」って厳しいけど、こーいう時は守ってくれるからよけいにね。

ジョンウの愛がね、これまた暑苦しいほどに痛くて^_^;
まあ、これがストーカーとどう、違うのかわからない韓国ドラマだわ(笑)

ウンジョにお弁当を作るのはヨシとして、抱きあげたりしてつい、クールなウンジョも微笑みを。

子供のころを思い出したんでしょう。
軍隊にいた時、雑誌でウンジョを見てデソン都家で働きたいと思ってたジョンウ。
これをヘジンに頼んでた。

デソンは本当に良い人で優しい。
ヒョンソの叔父だからって、ちゃんと将来のことまで考えてくれて。工場をあんなにして逃げたのにね。
ウンジョは、警察にヘジンを突き出そうとするけどこれをとめるギフンたち。

ジョンウが、ウンジョを抱き上げた言った言葉
「お前が走ると苦しいから、俺が走る。姉さん、あなたと一緒に生きてきた。」ってウンジョを抱っこして走るって^_^;

夜、ウンジョはガンスクがチャン氏と、電話で話してるのを聞いてしまう。
これを怒るウンジョ。デソンには本当に恩を感じてるウンジョだから。

研究中のマッコリ失敗したり?資金が足りなくなったりしたのを、フォローするウンジョ。
デソンは「お父さん」と、呼んで欲しいというけどウンジョは・・それをいったら「家を出る・・」みたいな。拒否なの。
そんなウンジョを理解するのがデソンなんだわ。

ガンスクはチャン氏に手切れ金を渡して・・帰りにウンジョと会ってしまう。

9話
ギフンはウンジョが、ジョンウといた時、笑顔になってのが気になる。自分といる時はとても冷たいウンジョ。

なぜ、ジョンウが?と、思ったギフンでしょう。部屋を見ると・・ルームメイトのジョンウの部屋にあったバットに刻まれた言葉。

「ソン・ウンジョは永遠にハン・ジョンウのものだ」と、読み、ヒョンソに聞いて・・ジョンウがウンジョをずっと、前から知ってたことを知るギフン。

ギフンの手紙?ウンジョへ。
「俺を捕まえてくれ。そうしたら、ここでとまれるかもしれない。俺の愛する女、ひどい女・・」
これをずっと、持ってるヒョンソ。本当はウンジョに渡すはずだったもの。

チャン氏といるのを、ウンジョに見られて嫌な思いのガンスクだったけど、開き直ったわ。
でも、デソンには優しいガンスクなのよね。心入れ替えたのかな?未亡人でも財産あるから。そこに愛があるのか?

突然、お米が納入できず・・工場は問題になって。心臓悪いデソンに、知られないようにガンスクに旅行に行ってとウンジョ。

書類で契約してないので契約は成立しないと米屋。
ヒョンソがうまく、お酒を飲ませて・・理由を聞いたら・・米を3倍の値段で買ってるやつがいて、邪魔されてると知る。

ギフンは「駅に来てくれ。って手紙を読んでいないのか?」って。これで初めてウンジョは、自分に手紙を残してアメリカにいったギフン・・と、知る。
勝手に消えていったわけじゃなくて。

米の件は、デソンには内緒と指示するウンジョ。
これは、デソンが心臓悪い、自分で問題を解決しようと思ってる。恩を感じてるウンジョだから。
で、ヒョンソにいうの。
「あんたが生まれる前からあるデソン都家よ。あんたのお父さんの名前が付いてるのよ。」って。

「そんな風にいわないで。私より、あんたの方がパパを、思ってると言いたいの?パパの名前、出さないで。あとで自分のものにするから、そのためだとハッキリ言えばいいわ。」

「あんたは何が怖いの?私がこれ以上、何を奪うか心配なの? それとも、私があんたより、重要な人物になるのが怖いの?私がすべてを奪うから怖いの? あんたにはいわない。幼稚なあんたに私の思いなんか!」と、ウンジョ。

ウンジョが我慢してるのは、ヒョンソがデソンの娘だから。
「あんたがなぜ、あの手紙(ギフンの)持ってるの?でも、許してあげる。でも、あんたのためじゃない。あんたがあの人の娘だからよ。」と、ウンジョ。

手紙をギフンから預かったのに、ウンジョに渡さなかったヒョンソを言ってる。
ここのシーン、すごく長いんですよ。
で、ウンジョが「私が生まれて初めて・・・」と、いいかけたのは「守りたいと思うものが出来た。(デソン都家)」だと思うの。
デソンとデソン都家って感じかな。

それも、このヒョンソが邪魔するからうまくいかない・・って雰囲気かと。
ウンジョは、ギフンが自分を思ってること(好き)を知ってるから?これをヒョンソに切り出す。これでショックのヒョンソ。

義妹と三角関係になるつもりはない!と、身を引くとウンジョなんだわ。
ヒョンソには、ギフンのことは興味ないってことね。
(ホントはギフンを好きだと思う)

ヒョンソはこんなウンジョに「お金あげるから、家を出て」と。これを拒否するウンジョ。

日本からの電話にでるデソンは、日本へ船が着いたけど・・お酒のコンテナがないこと、その契約した日本の会社もないことを知って・・。倒れてしまう。

あの会社は詐欺だった!
ギフンは父に確認すると、架空会社でこれはキジョンの仕業とわかる。

「これが本当に、ホングループのホン・キジョンがやる事か?卑怯だぞ。」と、兄に電話するギフン・・と、これを聞いてしまうデソン。
「お前の家族の仕業か? キジョンと連絡取ってたのか?」と、デソン。

電話が来て・・デソンは受ける。
「お前が知らないことがある。親父の金を使って米を買った。おめでとう。つまり、お前と親父がデソン都家に関わってたんだな。」と、キジョン。
「どうしてお前が・・・」と、倒れるデソン。

病院に着くと・・・すでにデソンは亡くなっていた。
ショックのガンスク、ヒョンソ、ウンジョ・・

「私を頼ってもいいんだよ。時がたてば・・ここに残るのがお前にとって良いという、理由になってみよう。私から去らないでくれ。父さんと1度、呼んでくれないか・・。」と、デソンが言った言葉を思い出すウンジョ。

「俺が殺したようなものだ。この家の俺がよく知る・・美しい女たちの父親を・・・」と、見ているギフン。

ショックで泣いてしまうウンジョ。

続く・・・

うーん、次は誰が亡くなる?そんなドラマです。
面白いというよりも、最後はどうなる?と、感じで視聴ですね。最終はドロドロになりそうな予感です。
忙しく、まったりですが最後までこんなペースで書きたいと思います。

シンデレラのお姉さん DVD-BOX Ⅰシンデレラのお姉さん DVD-BOX Ⅰ

ポニーキャニオン 2010-12-15
売り上げランキング : 15833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌