九家の書 11話あらすじ

半人半獣で生きるには辛いことが多いガンチ。

キャスト
イ・スンギ、ペ・スジ、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、イ・ソンジェ、キム・ヒウゥン

11話

ガンチに跪き、チョンジョを助けてくれと頼むテソ。
「兄として・・2人の仲を認めよう。遠くへ行って暮らせ。逃げるんだ。お前を殺したくない・・」と言うテソ。

春花館
グァヌンと初夜を・・と、聞いて驚くチョンジョは死にたいと言いだす。
「キーセン1人が死んだところで、何も変わらない。無駄に死ぬのではない。」
お前より、不幸な人が沢山いると説得するスリョン。

テソとガンチの会話を聞いて、苦悩するヨウルはガンチと話す事に。
「恋した事があるのか?お前にはないだろう・・ため息を聞いただけで眠れなくなり、辛い思いを・・」と言うガンチ。
そんな経験はないだろうと言われ、ないと誤魔化すヨウル。

ガンチとヨウルを見て心配になり、ソジョン法師に会いに行くピョンジュン。
昔、ガンチの父親を殺してしまった事を告白する。
「これも業なのだろうか・・」と苦悩するピョンジュン。
「出会ってしまった縁は何も出来ない・・」と答えるソジョン法師。

テソの頼みを聞いて、チョンジョを助けに行くと言うガンチ。
「チョンジョが待ってる・・」

争ってはいけないと、とめるヨウルも一緒に行くと言いだす。
「私がいれば役に立つ。お前よりも武術は上だ。」
お嬢様が行ってはいけないと、止めるコンだが・・。

無形道館をコンに任せ、ガンチとチョンジョを助けに行くヨウル。

春花館
灯りを消して、グァヌンを待つスリョン。
「申した事を撤回してください。若いキーセンを守るのは私の役目・・ダメなら私の首をはねてください。」と言うスリョン。
昔、2人死んでしまったことを悔いる。
それならば・・望み通りに首を・・と剣を持つグァヌン。

そこへガンチが到着、任せてくださいとスリョンに言う。

ガンチに戦ってはいけないと言うヨウル。敵をおびき出し、市場に向かって走れと命じる。

敵を誘い、逃げるガンチは市場に向かう。ガンチを追う敵は捕まえて、偽物のガンチだと気が付く。

その頃、チョンジョを連れ出して、一緒に山に逃げ込むヨウル。
小屋で、ガンチと再会するチョンジョ。2人を無形道館へ連れて行く。

無形道館に戻り、チョンジョとテソがいるので驚くピョンジュン。
「チョンジョは行首が守ってくれる約束・・それを連れ出したとは・・」と、呆れる。

「私がチョンジョを連れてここを出ます。」
迷惑はかけられない、と言いだすガンチに驚くヨウル。

無形道館を出る時は相談してくれる約束・・と、悲しむヨウルに謝るガンチ。

ガンチに逃げられ、グァヌンに怒られるソ副官。

マ・ボンチュルを呼び、ガンチの始末を命じるグァヌン。

会いに来たテソに告げるソ副官。
「ガンチを差し出せ。すればチョンジョを助けてやる。」
お前のミスは妹が代償を払うことになる・・と、脅すソ副官。

チョンジョを連れて、無形道館を去るガンチ。ヨウルに挨拶をしようとするが、修行中といわれ出来ない。

離れて行くガンチを思い、別れの挨拶が出来ないヨウル。

山に入り、テソ、マ・ボンチュルと合流するソ副官。
「お前がガンチの首を斬れ。そうすればその場で、妹は自由の身になる。まずは腕輪を取れ・・・」
妹にひどい暮らしをさせるか、ガンチを売るか・・決めろと言うソ副官だった。
剣を受け取るテソ。

テソとマ・ボンチュルが事を終えたら、全員斬れ・・、と命じるソ副官。

チョンジョと山を歩き、本当の自分の事を話そうとするガンチ。
「俺の実の父親がわかった・・」
だが、そこへマ・ボンチュルが来て鎖で縛られてしまう。

縛られたガンチに告げるテソ。
「首を頂きにきた・・ガンチ・・」

驚くガンチは、コンダルの言葉を思い出す。
お前が変わったように、家族も変わったかもしれない。その時はお前を受け入れるだろうか。

「もう、家族と認めてもらえないかもしれない・・」
「あり得ません。テソもチョンジョも裏切りません。」と答えたガンチ。

「だが、ガンチや・・人間とは・・お前が予想するよりも弱い生き物だ。弱いからこそ、時には残忍になる・・」

「チョンジョは俺の唯一の家族だ。妹を守るためには仕方ない・・許してくれ・・」と言うテソ。

ガンチの腕輪を外すテソ。
「ダメだ!」叫ぶガンチ。

続く・・

腕輪を外されたので、変身して逃げるガンチでしょうね。
でも、凶暴になるはずだから、マ・ボンチュルらを殺してしまうかも。その姿を見たら、チョンジョはヨウルと違って嫌がりそうですよね。

ガンチ母のソファも、最初は半人半獣のウォルリョンを怖がってましたから。
チョンジョを好きでも、受け入れてくれない悲しみから、ヨウルへ思いを変えるガンチなのかもですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年11月03日 | 九家の書

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌