スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

最高です!スンシンちゃん 7-8話あらすじ

芸能界に興味ないわ!断る態度に驚くジュノでした。

キャスト
アイユーチョ・ジョンソク、コ・ジュウォン、ユ・インナ、イ・ミスク、キム・ガプス、コ・ドゥシム、イ・ジフン

↓OST


レストラン
あの店員に、コーヒーをこぼされたと怒るイジョン。
「そんな事をする暇があったら、自分を磨きなさい!」と、注意するミリョン。

ジェボムから、ミリョンさんのおかげで、助かったと言われるスンシン。

スンシンの仕事中、声をかけるジュノだが相手をしてくれない。コーヒーのおかわりを頼み渋々、口を聞いてくれるスンシン。

秘書から、スンシンの顔は見覚えがある。事務所に来た子だ・・社長の名前で詐欺に遭った子!と、言われるジュノ。
スンシンが、シン・ジュノの名前で詐欺にあって、自分を避けてるのだとわかる。

パーティの日
秘書から呼ばれ、説明もなくドレスアップされるスンシン。

シン・ジュノ社長だ・・と、紹介されやっと、ジュノが本物の「シン・ジュノ社長」だと知る。

驚くスンシンをヨナに紹介するジュノ。
「うちの新人だ。」
スンシンを、育てると言うジュノに驚くヨナ。

ジュノにバカにされてると思い、逃げ出すスンシン。信じないスンシンに真面目に説明するジュノ。

「契約をしよう。詐欺に遭ったことは残念だ。この業界はそういうヤツもいる・・」
「なぜ、私なんですか?芸能界には興味ありません。」
私のどこを見て、契約を?と聞くスンシン。

「見込みはない。」
自分の能力を試すのだと言うジュノ。才能のないスンシンをスターにするのだと。

「イ・スンシン、名前に負けてるぞ。そんなんじゃ一生、つまらない人生だ。」と言うジュノ。
ジュノに言われ、傷つき逃げ出すスンシン。

近所のおばさんに、仕事はないかと聞くジョンエ。
皿洗いより、掃除の方が良いといわれ働く事に。だが、ギルジャにバレてしまう。

「そんなに苦しいの?お金を貸そうか?」と、言うギルジャ。
「何かしないと・・この事は娘たちに内緒にして・・」と、頼むジョンエ。
けれど、娘のチャンミに話してしまうギルジャ。

ヘシンとウジュがいるのを見て、パンをプレゼントするジヌク。

ヘシンを見つけ、あんたには・・と、ジョンエが掃除をして、働いてるのだと教えるギルジャ。

驚き、ユシンに母の仕事を話すヘシン。
母が借金のため、働いてると知り、通帳を見つめるユシン。

苦悩するユシンは屋台でお酒を飲み、チャヌが心配する。酔って、キスをするユシンに驚くチャヌ。
翌朝、目覚めると裸のチャヌに驚くユシン。

罪悪感を感じて、チャンフンのお墓参りに行くミリョン。
こんな所に来て、バラすつもりなんですか?と、言うイルド(ファンチーム長)。

お墓参りに来たジョンエとすれ違うミリョン。

家に帰り、「最近は出歩いてばかり・・」と、ジョンエに文句を言うマクレ。

古い写真を見て、これはギョンスクだと言うマクレ。
「ソン・ミリョンに似てるわ・・そうだわ。美人をふって、私と結婚してくれたのね・・」と、明るいジョンエ。

「ギョンスクがソン・ミリョンに似てる?まさか・・・確か、ギョンスクも女優だと・・」と、不安になるマクレ。

皮膚科に行くミリョンは、ドンヒョクと再会する。自分を避けるドンヒョクに苛立つミリョン。

「連れと一緒だったあの日、何があった?」と言いだすドンヒョクに驚く。
チャンフンと一緒だった日、ドンヒョクに見られたのだと知るミリョン。

スンシンのせいで・・と、苛立つユシンは部屋から追い出す。仕方なくウジュ、ヘシンの部屋に寝ようとするスンシン。
そんなスンシンに、冷たく出て行ってと怒るウジュ。

ウジュに追い出され、リビングで寝るスンシン。

翌日、ユシンにお願いして部屋で寝かせて欲しいと頼む。何も知らないスンシンに、母さんが働いてるのだと教えるユシン。

借金のせいで・・と、母を心配して様子を見に行くスンシン。
ビルの中、掃除をする母が転んだのを目撃する。
家で、湿布を貼る母ジョンエは、バスから下りる時に転んだ・・と、嘘を言う。

胸を痛め、ジュノに会うスンシン。
「契約します・・」と言う。

8話

スンシンの希望は借金返済があるので、1千万と利子の分を少し。契約期間は半年、契約料は12000万と言うジュノ。

契約料が多いので、驚くスンシンはバイトで返すと言いだす。バイトをしながら、半年でスターに?と呆れるジュノ。

働く母を心配して、通帳を出すユシン。
「これを使って借金を返済して。残りは生活費に。私の稼ぎで食べていけるわ。」
お前の結婚費用を使えるわけない・・と、断るジョンエ。

母ジョンエに、正社員になったから、1年分を前借りしたと報告するスンシン。

正社員になれたと、喜ぶジョンエはレストランに来る。店長のヨンフンに会い、お礼を言うジョンエ。
慌ててるスンシンを見ても、何も言わないヨンフン。

ジョンエが帰り、ヨンフンに事実を言うスンシン。
自分が詐欺に遭い、借金を返済する事。父が突然、亡くなり家も大変なのだと。
苦労してるスンシンを理解してくれるヨンフン。

ドンヒョクがあの日の事を・・と、不安になるミリョン。
「どこまで知ってるの?」と、追求する。
「あの日の連れは死んだのだろう・・」と言うドンヒョク。
あれは事故よ・・と、言い切るミリョンだった。
それ以上、深入りしないドンヒョク。

ジュノと契約したスンシンは、チャンミに報告する。
あの人は自分の腕試し・・と、言うスンシンに「本当は才能あるのかも・・」と、言うチャンミ。

ジュノが自分と契約するため、才能もないスンシンを育てる・・と、考えるヨナ。

酔った勢いで、小学校の同級生チャヌと寝てしまったユシン。眠れなくなり、チャヌを呼び出し話をする。

「私が誘ったのよ。あなたは被害者。責任を取る必要はないわ。あなたとは友達でいたい。それに好みじゃないから!」

忘れて、と言うユシンに傷つくチャヌはクラブへ・・
友達と騒ぐイジョンは、教師のチャヌを見つけ誘う。

荷物の中に・・・と、スンシンが来た日に、着てた赤いセーターをジョンエに見せるヘシン。

「お母さんはすごい。自分の子を育てるだけでも大変なのに・・私なら施設に預けるわ・・」
誰かに聞かれる、と慌てるジョンエ。

あの日、スンシンと初めて会った時を思い出すジョンエ。
バス停に、赤いセーターを着ていた赤ちゃんが捨てられていた。警察に届けようとしたチャンフン。あまりに泣いたので連れて来た。
喜び、世話をするジョンエだった。

赤いセーターには、イニシャルが入っていた。M.S・・まさか、ソン・ミリョン?と、不安になるジョンエ。

チャンフンと、写真に写っていたギョンスクの事を聞くジョンエ。あれは性悪だ・・とつぶやくマクレ。

ボクマンに、ギョンスクの事を聞くマクレ。結婚して幸せなんだろう・・と、とぼけるボクマン。

事務所に行くスンシン。
仕事のため、ジムで運動を命じるジュノ。

「新人です・・イ・スンシン・・」と、ミリョンに紹介するジュノ。
「イジョンともめてた子?」と、覚えていたミリョン。

続く・・

これだけ、ミリョンとスンシンのシーンを大事のように出す理由。それはスンシンの母親はミリョンだから?

たぶん、過去に出産してるミリョンだから、スンシンなのだと思います。でも、ヨナも気になるわ。

チャヌと酔った勢いで、寝てしまったユシン。チャヌはユシンが好きなので、どうなるのか。

謎のギョンスクは本当にミリョン?
ジュノ父のドンヒョクは昔、ミリョンと結婚していたのかしら。そんな会話がありました。

ヘシンと優しいパン屋のジヌク。スンシンを見守る店長のヨンフン。この2人も気になりますね。

展開はゆっくりだけど、先が長いホームドラマです。
まったり見ましょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。