スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

九家の書 14話あらすじ

悪鬼になったウォルリョンなのかも。ガンチが再び、ピンチの予感!

キャスト
イ・スンギ、ペ・スジ、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、イ・ソンジェ、キム・ヒウゥン

↓OST(2CD+1DVD)



14話

宴で、スリョンの五鼓舞を見る団主。
「つまらない。今は気の毒に・・みすぼらしい」と言う。

驚くスリョン、グァヌンたち。
チョン行首があんな事を言われ、大恥をかいたとほくそ笑むウォルソン。

怒るチョンジョは、どこが気に入らないのか、不満なのかと聞く。
「ひどかった。心がこもっていない」と言う団主。

若いキーセンが失礼だと、スリョンを怒るグァヌン。

団主に、朝鮮語がとても上手い・・と言うグァヌン。どこかで見た顔だと思い、調べるよう部下に命じる。

ガンチと祭りに行くヨウル。
美しく、別人のようなヨウルを見つめる。
「これも私よ・・」と、言うヨウル。

ちょうちんに、「ガンチ、九家の書がみつかりますように・・早く人間になれることが私の願い・・」と言うヨウル。
「俺が人間になることがヨウルの願い?」と、驚くガンチ。
2人を離れた所で、見ているウォルリョン。

ソジョン法師に会いに来るウォルリョン。
「人間でもない。獣でもないやつを見た。あれは誰だ?」と聞く。

「ソファの子だ。あれから、子供を生んでソファは死んだ・・なぜ、戻ってきた?」と、言うソジョン法師。
「惜しい・・俺が殺したかった・・戻ってきた理由は・・すべてを消滅させるためだ・・・」
ソジョン法師の首をしめるウォルリョン。

ガンチに言うコンダル。
「腕輪を外しても、神獣にならないのはヨウルがいるからか?」と、聞く。
惚けるガンチだが、理由はわからない。
ヨウルと一緒に祭りに行った時、腕輪を外して変身しないことに驚いていたガンチ。

春花館
グァヌンに言うチョンジョ。
「生きるためには何でもしろ、と教えてくれましたね。そうします・・春花館を返してくれれば、私の気持ちも慰められます。」と言う。

「最後まで生き残り、私の手であなたを殺します・・」
「気に入った。最後まで、お前を見守る・・」と言うグァヌン。

祭りで、チョンジョと再会するガンチはキーセンの姿に驚く。
「助けてもらったから、お酒で返すのがキーセン・・運命を受け入れて生きるのと・・否定して生きるのと・・どちらが辛いかしら・・」
ガンチに冷たいチョンジョ。

春花館
舞の練習中、ガンチを思い出す。
「化け物は嫌だ・・と自分でいったのよ・・」と、つぶやくチョンジョ。

怪しい気配を感じるガンチは突然、消えてしまう。

グァヌンがいつ、イ・スンシンを狙うかわからない。そんな時に緊張感もなく、ガンチと祭りに行ったことを怒るピョンジュン。
「テソが戻れば、お前はテソと結婚しろ・・」
父ピョンジュンに逆らえず、泣き出すヨウル。

街で、ガンチと会うマ・ボンチュル。お前は恩人だ・・弟よと言いだす。

グァヌンに言われ、団主に謝りに行くスリョン。
若いキーセンが失礼なことを・・と。
「あなたの五鼓舞、本当は素晴らしかった。私的には会わないと聞いて、わざと言ったのです。そうすれば、あなたは会いに来るはず・・春花館に招待してほしい・・」
スリョンに謝罪、お願いする団主。

「失礼なのはあなたですね・・」と、招待を断るスリョン。
春花館に入るのを許されるのはキーセンだけ。
「キーセンになるか・・春花館の主になれば入れます・・」と言うスリョン。
主・・と考える団主。

無形道館
仲間のキムが殺害されてしまう。
次々と人が殺され、犯人を捜すと言いだすガンチ。だが、調べるのはテソとコンに任せるピョンジュン。
ガンチはコンダルの修行に集中しろと言う。

仲間が殺され、グァヌンの望み通りに一味になると言うテソ。

油断させるため、イ・スンシンは、あの5千両で鉄甲船を作ると、グァヌンに絵図を見せるテソ。

グァヌンが倭人に情報を売りたいだけなのか、それ以上の野心があるのか、確認したいイ・スンシン。

4君子を集めるイ・スンシンとピョンジュン。
コン、コンダル、テソ、スリョン。
これから先はいばらの道・・と言うイ・スンシン。忠誠を誓う4人。

ソジョン法師に会いに行くガンチは、倒れているのを見つける。
「逃げろ・・あいつが来る。お前は殺される・・・」と言うソジョン法師。
「あいつ・・?」
「ウォルリョン・・・お前の父親だ・・遠くへ逃げろ・・」と言うソジョン法師。

ガンチを探して、森に入るヨウル。

森の中、足を痛めたヨウルはウォルリョンと出会う。
不安を感じるヨウル。
「ガンチ・・助けて・・・」

続く・・

ウォルリョンの復活ですね。
ソジョン法師の言う悪鬼になったのかもしれません。ソファを殺したい、と言ったので驚きです。

自分の息子と知っても、ガンチを殺すような雰囲気。もう、以前のウォルリョンではないのでしょうね。

ガンチとしては、父親に会いたいと思うはず。早く続きが見たいわ。
団主の顔もみたーい。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年11月14日 | 九家の書

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。