清潭洞<チョンダムドン>アリス 1話あらすじ

セレブ婚を夢見るヒロインと御曹司のキュートなラブコメディ♪

キャスト
チャ・スンジョ (パク・シフ)アルテミス会長
ハン・セギョン (ムン・グニョン)
ソ・インチャン (ナムグン・ミン)セギョン元恋人
ソ・ユンジュ  (ソ・イヒョン)スンジョ元恋人

タミー・ホン  (キム・ジソク)デザイナー
ムン秘書    (チェ・ソンジュン)スンジョ秘書
シン・ミニョク (キム・スンス)ユンジュ夫
シン・インファ (キム・ユリ)ミニョク妹

チャ・イルナム  (ハン・ジニ)スンジョ父
ホ・ドンウク   (パク・クァンヒョン)スンジョ親友
ハン・ドゥッキ  (チョン・インギ)セギョン父

2012年 SBS 全16話
脚本 キム・ジウン、キム・ジニ
演出 チョ・スウォン、シン・スンウ

清潭洞アリス 韓国ドラマOSTパート1 (SBS TV ドラマ) (韓国盤)
清潭洞アリス  韓国ドラマOSTパート1 (SBS TV ドラマ) (韓国盤)韓国ドラマOST

Pony Canyon (KR) 2013-01-15
売り上げランキング : 10780


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1話

ハン・セギョン(ムン・グニョン)は就活中。
両親は家のローンの事でケンカばかり。父親はパン屋を経営している。

留学の経験はないが、デザイン公募展で何度も入賞しているセギョン。

面接では落ちていたセギョンだが社長の指示で、GN衣類の1年契約で採用となる。合格を喜ぶセギョン。

セギョンが合格出来たのは、社長夫人のソ・ユンジュ(ソ・イヒョン)の力。
芸術高校時代、セギョンの男を奪ったライバルだった。
しかし、セギョンの方が優秀。

デザインの勉強をしたいセギョンは、面接でビリといわれるが気にしない事にする。
「きっと、私の存在能力に気が付いたのよ。」
そう思うことにする前向きなセギョン。

アルテミス会長チャ・スンジョ(パク・シフ)は独身。
高いブランドバッグを買って、自分がイケてると自慢する女を見下している。

「他人より、成功したと見せたがるのが韓国人女性。」
借金してでも買う女性たちが、アルテミスを作ったとプレゼンで発言する。
実は裏の顔があるスンジョ。

ロイヤルグループの御曹司だが、家と縁を切って6年。
自分の力で成功している。韓国人初のアルテミス コリア会長。
江南一帯で最も、ホットな男性として注目を浴びている。フランス名は、ジャンティエール・シャ。

性格が、ねちっとしたスンジョは復讐を考えている。
相手は、ロイヤルグループのチャ会長、つまり自分の父親。もう1人はGN衣類代表の妻、ソ・ユンジュ(ソ・イヒョン)、元恋人だ。

貧しかった頃、ユンジュに捨てられてから、女を信用しないスンジョ。女はビジネスと考えている。

パリで、ユンジュと出会ったスンジョだが、反対されすべてを捨てた途端、女も去ってしまった。
御曹司のスンジョが家と縁を切ったので、捨てたユンジュ。
スンジョとの愛よりも、財産と家柄を選んだユンジュだった。

ソ・ユンジュ(ソ・イヒョン)は、スンジョの家に反対され、縁を切ったスンジョを捨てた。努力して、業界1位のGN衣類夫人の座を手にしたユンジュ。

豪華でもストレスの多いセレブ生活、買い物でストレスを発散中に、面接をしてるセギョンを発見する。新しいオモチャを見つけたように、セギョンをそばに置いて、からかう事にするユンジュ。

セギョン恋人のソ・インチャン(ナムグン・ミン)には難病の母親がいる。
デザイナー志望のセギョンを愛しているが、自分と一緒にいても、幸せになれないと思っている。

借金もある。
奨学金の返還などを考えても、結婚すればセギョンに負担をかけてしまう。最後に、アルテミスのバッグをセギョンにプレゼントして、別れを決意するインチャン。

セギョンは「努力が私を作る」、頑張ればデザインの仕事を任せてくれると信じる。けれど、仕事は奥様のお使い(買い物)だった。

買い物メモを見ながら、高級車に乗って奥様の買い物を済ませるセギョン。セレブな生活に憧れつつ、こんな高級服、どんな人が着るのだろうと考える。

仕事初日、買い物中に運転するセギョンは事故を起こしてしまう。
相手はスンジョ。
スンジョは車の中の荷物を見て、GN衣類の契約社員が買い物をしてた・・と考える。

GN衣類とアルテミスはコラボを計画中。多忙な今、外回りをしてるのは契約社員だと考える。

相手はGN衣類の契約社員、車の修理は双方過失、各自で処理を提案するスンジョ。俺は会長の秘書と嘘を言う。

会社
チャ会長と商談するスンジョ。
「ロイヤル百貨店のような低級デパートには出店しません。」と言うスンジョ。
遺産放棄の念書も書かせ、勘当したのはそっちでしょう、と父チャ会長に言うスンジョ。

勘当した息子が大成功、復讐として父のデパートを拒否したのよね。

インチャンと会うセギョン。
アルテミスのバッグをプレゼントされ、別れようと告げられる。

「金持ちと付き合え。昔はブランドバッグを持っていた。今は安物にクーポン券だ。それでもデザイナーか?俺が夢を小さくさせた・・」
結婚しても母さんの治療費、奨学金の返金やらで、赤字生活になると言うインチャン。
驚き、引き止めるセギョン。

友人にインチャンの事を相談するセギョン。彼を愛してるから大丈夫・・と言う。

病院
入院してるインチャン母が手術すると知り、バッグを返品して、お金を作ろうと考えるセギョン。
「だから、別れようと言ったのね・・」
母親の事で、迷惑をかけたくないインチャンだと信じるセギョン。

GN衣類とのコラボはスンジョの復讐。ユンジュに捨てられ事への腹いせだった。

出勤するセギョンは、キム代理に奥様の事を聞くと、同じ年だと教えてもらう。

昨日と同じように高級車に乗り、奥様の買い物を済ませるセギョン。品物を届けても奥様には会えない。

突然、宝石の保証書がないと、キム代理から怒られてしまうセギョン。

会社
チーム長に、1年後にはデザイナーになると夢を告げるセギョン。
「センスがないから、あなたには出来ない」と言われてしまう。

安物を身につけてるセギョンには、無理だと言うチーム長。その環境で育てば、良いものを見るセンスが生まれないと。
ショックを受けるセギョン。


保証書がない、代金も払うからお願いします、と頭を下げるセギョン。スンジョがいるのを見て、会長の秘書だと思い、助けを求める。

「他人のものなのに、ダイヤを身につけたでしょう?」と指摘するスンジョ。

車の中、高価なダイヤと知り、身につけたセギョンだった。その時、保証書が車のシートに落ちてしまったことを思い出す。

「ダイヤの価値など関係なく・・・高価なものだから身につけた。センスがない。これでデザイナーか・・安物の服に・・」
セギョンを見て呆れるスンジョ。

「センスがないのは安物の服だからでしょ。高い服やブランドもののバッグで身を固めれば・・そう思わないでしょ。」と、言い返すセギョン。

「だから買う。バッグ1つが給料の数ヶ月分でも、借金をしてでも・・アルテミスを持てば認めてもらえる。センスがあると・・」と言うスンジョ。

「安物だから認めてもらえないという・・劣等感、境遇を恨め。」と言うスンジョ。
「境遇とは親であり、親がしてくれたこと・・どうにもならない・・」と言うセギョン。

外に出るセギョンはインチャンに電話をする。
「別れたんだ。電話もするな、連絡もするな・・病院にも来るな・・」と言うインチャン。
「どんなに頑張っても変わらないの?わかった・・別れてあげる・・」
号泣するセギョン。

「努力が私を作る」メモを見て考えるセギョン。
スンジョ、チーム長に言われた事を思い出す。インチャンも離れてしまった・・悲しくなるセギョン。

辞表を書こうとするが、考えを変える。
「ミスは悪かったと認めます・・チャンスは来ないと気が付いたのです・・奥様と私の境遇も違います。私にできるのは努力しかありません。頑張ります・・」
手紙を書くセギョン。

セギョンの手紙を読んで、会社に行くユンジュ。

会社
奥様が来て緊張の職場。

高級服を身につけた奥様を見て驚くセギョン。奥様は高校時代のユンジュだった。
セギョンに微笑むユンジュ。

続く・・

高価なダイヤと思いながら、身につけてしまったセギョンです。奥様のお使いなのにね。
それを指摘したスンジョでした。

服装から、セギョンのセンスがないと決めつけるスンジョたち。そんな境遇を恨みたいセギョン。それは劣等感と言うスンジョ。

この2人が恋愛をするラブコメディ。ドタバタは特に感じず、明るい雰囲気で楽しそうです。

パク・シフ氏はあんな事件があったので、もうこのドラマは見れないと思ったので嬉しい。
ムン・グニョンは、貧しいけれど頑張ってデザイナーとして、成功するヒロインを演じるのでしょう。

清潭洞って、セレブたちが住む高級地のようです。

インチャン演じるナムグン・ミン氏、これから活躍してくれるでしょうね。
清潭洞の売れっ子デザイナー役、タミーホン演じるキム・ジソク氏も久しぶりです。

楽しめそう。
KNTV視聴、先行放送分です。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌