九家の書 17話あらすじ

初めて2人だけのキス。この縁は誰にも切れないでしょう。

キャスト
イ・スンギ、ペ・スジ、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、イ・ソンジェ、キム・ヒウゥン

17話

ヨウルが消えてしまった。
すべてを消す・・と言ったウォルリョンの仕業だと考えるガンチ。

ピョンジュンに、森でウォルリョンと出会った事を話すガンチ。
なぜ、言わなかったと聞かれるが、父親の身を案じたのだろう・・と言うコンダル。

腕輪を外して、「ヨウルを連れ戻す。ダメなら俺も戻らない・・」と、ピョンジュンに告げるガンチ。


縛られ、目隠しをされたヨウルは複数の人間がいるのを感じる。
生意気なタム・ピョンジュンを後悔させるため、大切なものを壊せと、グァヌンに命じられたソ副官がいた。

ヨウルの首を斬り、無形道館の庭において、体は森に置き、獣の餌にすると言う。父に恥をかかされ、逆恨みをしているチョ・グァヌンが黒幕、と理解するヨウル。

危機一髪!
ヨウルを助けるウォルリョンは、グァヌン部下たちを始末する。

ヨウルを探して、森に来るガンチと対峙するウォルリョン。
ヨウルの首を絞め、「人間になるのを諦めろ。そうすれば・・女を助ける。」と言うウォルリョン。
「諦めないで・・」と言うヨウル。

争うガンチとウォルリョン・・父親には勝てないガンチだった。
「お前には俺を倒せない。」と言うウォルリョン。

「ヨウルは俺の女だ。手を出すな!」と叫ぶガンチ。
ガンチの言葉を聞いて、
「俺の妻だ・・」と、自分の言葉を思い出すウォルリョンは立ち去る。

自分の思いを吐き出し、ヨウルと向き合うガンチ。「俺の女だ・・」
ヨウルとキスするガンチ。
「本当は・・・お前が俺にとって1番、大切なんだ・・」

無形道館
ピョンジュンに、無事を報告するガンチとヨウル。
拉致した男たちは覆面をしていたから、誰かわからないと言うヨウル。
「ウォルリョンではなかったのか・・」と、つぶやくピョンジュン。

ガンチに、ウォルリョンの事は父ピョンジュンには黙っていようと提案したヨウル。ガンチには、ピョンジュンがウォルリョンをあんな風にしてしまったとは言えない。
斬られ、悪鬼になって戻ったウォルリョン。

グァヌンに会いに来る団主。
テソを買い取りたいと言いだす。百年客館の経営は良くない。テソを買い取り、平民にして館を任せたいと言う。
お金を積まれても、ダメだと断るグァヌン。

宮本の団主の顔が見たいグァヌン。
スリョンが謝罪の意味として、団主を接待するので、百年客館でやりたいと申し出る。

ガンチとの闘いで、ケガをしたウォルリョン。
ソジョン法師の家に行き、「俺を殺せるのはあの子だけだ・・」と言う。
「想い出が消えないうち、ソファの所へ逝きたい・・」と言うウォルリョン。

ケガをしたウォルリョンがなぜ、治らないのか理解出来ないソジョン法師。

ヨウルはガンチと協力して、外出禁止令が解けるまで、皆の前ではケンカのフリをする事に。そんな2人を見て理解しているコン。

ヨウルと話すテソ。
師匠が決めた事だけれど、あなたは婚約者・・と言うテソ。師匠が、生き残る名分を与えてくれたのかもしれないと言う。
2人を見つめるガンチ。

ガンチに言うコン。
「それ以上、お嬢様に近づくな。お前がいけるのはここまでだ。お嬢様とお前が傷つく・・その前に身を引け・・」

ヨウルと話すガンチ。
「今まで、生きてきて自分のものなどなかった。(だから、どうしていいかわからないんだ・・こんな気持ちをお前に抱いていいのか)」と言うガンチ。
「私も同じだわ。こんな気持ちになるのは初めてよ・・」
ヨウルの言葉に安堵するガンチ。

グァヌンは南道の守令権が欲しい。そのため、宮本の団主とも関係を切りたくない。
団主の名は、チャ・ホンミョン。

団主を、百年客館に招待するスリョンとグァヌン。
失礼を承知で、取り引きをするため信頼が必要・・顔が見たいと正直に言うグァヌン。

スリョンも、背中にあると言う春花館の入れ墨を確認したい。断る団主に、顔を見せてくれたらテソを引き渡すと条件を出すグァヌン。
それなら・・と、顔を見せる団主。

黒い覆面をして館を偵察中、怪しい男たちがいるのを発見するガンチ。だが、自分の正体がバレそうになり、資料を奪って逃走する。

逃げるガンチは団主、チャ・ホンミョンの部屋に入ってしまう。

「どなたですか?」と聞くホンミョン。
顔を見せるガンチ。

続く・・

団主の顔はソファと違ったので、ガッカリした様子のスリョンでした。顔は違うけれど、中身はソファのような気がします。

グァヌンは宮本の団主と取り引きの関係で、離れるわけにはいかないと思います。資金を頼っているグァヌンでしょう。

ガンチとヨウル、初めてお互いの思いがわかって素直にキスでした。この縁は切れないでしょうね。

ウォルリョンはなぜ、ケガが治らないのかしら。
相手がガンチだから、神獣に襲われたらダメなのかもしれません。

ウォルリョンと団主チャ・ホンミョン。この2人に早く出会って欲しいですね。
何かが起こりそうな予感。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年11月25日 | 九家の書

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌