最高です!スンシンちゃん 13-14話あらすじ

ヨンフンはスンシンを見守るキャラですね。

キャスト
アイユーチョ・ジョンソク、コ・ジュウォン、ユ・インナ、イ・ミスク、キム・ガプス、コ・ドゥシム、イ・ジフン

↓OST


ミリョンの家に行くジョンエ。

ミリョンからワインを誘われるスンシン。
ドアホンが鳴ったので、モニターを見るスンシンは、母ジョンエがいたので驚く。

ミリョン家の前、イルドに呼び止められるジョンエ。
「気軽に会える人じゃない!」と、ジョンエを突き飛ばすイルド。
これをモニターで見ていたスンシン?

母がドアホンに映っていたので、帰るとミリョンの家を出るスンシン。外にはもう、母ジョンエはいなかった。

イルドに突き飛ばされ、仕方なく家に帰るジョンエ。
亡き夫チャンフンが、ミリョンと浮気して出来た子が、スンシンだと思い込んでしまう。誰にも言えず、家を飛び出すジョンエだが行く所もない。

ジョンエは化粧して再び、ミリョンの家に行く。美しいミリョンに驚き、会わずに帰るジョンエ。

ギルジャに会いに行き、「スンシンは女優ソン・ミリョンの娘だった・・私は夫に裏切られていた。騙されていた・・」と嘆くジョンエ。
「私の人生、なんだったの・・」

ドンヒョク夫婦と食事するミリョン。
娘イジョンの稽古をしてくれるミリョンに感謝するスジョン。

ドンヒョクには、「厳しくしてるので、イジョンは諦めるでしょう」と言うミリョン。
感謝するドンヒョクはゴルフに誘う。

仕事をしてるとは知らず、夫のことを忘れてるジョンエ・・と思うマクレ。真面目な夫で、あなたも幸せだったのよ・・と言いだす。
ミリョンの事で、苛立つジョンエは怒りだしてしまう。

ジョンエに怒られ、寂しくなるマクレはパン屋のジヌクに会いに行く。
なぜ、うちに住みたいのかと聞くマクレ。
「将来、自分の店を出すため節約する」と話すジヌクを気に入る。

「あなたなら、家に来て欲しい。本当は女性が希望だったけど・・」
ジヌクに部屋を貸すことを決意するマクレ。

マクレから、ヘシンの夫は香港で事業をしていて、仕事次第で帰るのだと知るジヌク。

ミリョンを嫌ってた夫が親しく話してるのを見て、人が変わったよう・・と、感じるスジョン。

チャヌとキスした事を思い出し、妙な気分になるユシン。デートに誘われ、友達としてなら・・と答える。

ジュノに「母は説得する、ソン先生(ミリョン)に認めてもらってる・・」と、嬉しそうに言うスンシン。

母から、ミリョンと親しい父ドンヒョクと知り、問い詰めるジュノ。妹のイジョンを諦めさせるため、ミリョンを利用しないでくれと言う。

店に来たジュノに言うヨンフン。
スンシンは稽古を始めてから、頑張り始めた。お前と同じだ。周囲に認めてもらおうと、頑張ってるのだと。
お前のように傷つけても良いのか?と言われ、考えるジュノ。

稽古を休み続けるイジョン。
スンシンと一緒に外で稽古をしましょう、とハイキングに行くミリョン。食事中、ジュノも店に来る。

スンシンがトイレに行ってる間、話す2人。
「妹を諦めさせるため、スンシンを利用してるのでしょう・・」と言うジュノ。

「スンシンを利用しないでください。彼女が受ける傷を考えてほしい・・」と言うジュノ。
「あなたこそ、スンシンを利用して、ヨナと何かを企んでるでしょう?心配しないで。あの子を育ててみるわ・・」と言うミリョン。

ジュノが、スンシンを気にかけるのに気が付くミリョン。

14話

チャンフンひき逃げの目撃者が現れた・・警察から呼ばれ、行くジョンエ。

イルドも呼ばれて行くが、免停を免れるための嘘だったとわかる。警察で、ジョンエを見てミリョンの家に来た人・・と、思い出すイルド。

気になり、イ・チャンフンの家族構成を調べさせる。

ギルジャと話すジョンエ。
「スンシンを奪われるわけではないでしょう。娘のために我慢して!」と言うギルジャ。

家に帰る途中、車から下りるスンシンを見て驚くジョンエ。ジュノ、ミリョンも一緒だったので怒る。

家に入り、スンシンを怒るジョンエ。
「大女優に認められたの。役者をやりたい。」と言うスンシン。
怒ってスンシンを叩くジョンエ。

好きにしなさい!娘じゃない!と、スンシンを追い出してしまうジョンエ。母さんに何が?と、驚くユシンたち。

家から追い出され、ジュノから預かった鍵で、練習室に泊まるスンシン。

翌日、スンシンが泊まった事を知るジュノ。
「住みついたのか?」と、呆れる。
「オーデションのために、寝る間を惜しんでるんです。」と言うスンシン。

周囲には、友達と言い訳するユシンはチャヌとデートを続ける。

ヨナと話すミリョン。
「ジュノの事務所に行くのが嫌なのではなくて、行きたいと認めるのが嫌では?お見通しよ。」と言うミリョン。

部屋を貸した相手がジヌクと知り、驚き嫌がるユシン。ウジュにも反対され、肩身が狭いジヌク。

イジョンは女優を諦め、スンシンだけが残る。
ミリョンの個人レッスンとなり、オーデションが決まるスンシン。

恋愛経験のないスンシンを見て、失克会に連れて行くジュノ。

失恋を克服した会・・経験談を話すよう求められ、仕方なく話すジュノ。不眠症にもなったが、そんなに好きでもないと感じた・・と言う。
あれは実体験?と聞くスンシンに、作り話と誤魔化すジュノ。

ミリョンに、目撃者はいなかった・・と報告するイルド。

オーデションがあるのに、汚い服と元気のないスンシンを心配するミリョン。
「母を怒らせてしまった・・」と事実を打ち明けるスンシン。

ジョンエに連絡をして、「娘さんの事で話したい。会いましょう」と呼び出すミリョン。

続く・・

ジョンエは誤解してますね。
スンシンはミリョンの子だろうけど、浮気した子じゃないと思います。本当に捨てられてた子なんじゃ。
父親はチャンフンではないと予想です。

ジュノが、スンシンを好きな事に気が付いたミリョンでしょうね。ジュノもまだ、自分の気持ちに気が付いていないはず。
気にして傷つかないようにするのは、そこに愛があると思うのです。

ヘシンの家に住み始めるジヌク。
離婚したヘシンの癒やしになりそう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌