最高だ、イ・スンシン 16話あらすじ

チャヌとユシンもいい感じになりそう。

キャスト
アイユーチョ・ジョンソク、コ・ジュウォン、ユ・インナ、イ・ミスク、キム・ガプス、コ・ドゥシム、イ・ジフン

↓OST



オーデション当日
書類の手違いで、スンシンが登録されていない?と、驚くジュノ。
監督に会い、ミリョンから「スンシンはどうしても外して欲しい」と言われた事を知る。

ミリョンの家に行くジュノ。
スンシンを外した理由を聞くと、「見込みがないわ。素質があると思ったけど・・無かった。教えたのにね。一緒に出演すれば、私が恥をかくわ。」と言うミリョン。

驚くジュノが反論すると、「賭けに利用してたでしょ?今さら、スンシンに愛着が?」と笑うミリョン。

オーデションを受ける事が出来ず、落ち込むスンシン。
ミリョンが稽古してくれたのに申し訳ないと思い、電話をするも留守電になっている。ミリョンと連絡出来ないスンシン。

部下から昨日、ミリョンが監督にスンシンのキャスティングを頼んでいたと知るジュノ。しかし今朝、監督にスンシンを外すよう言っていた。

ヨナが、スンシンのオーデションを邪魔したのだと考え、会いに行くジュノ。

ヨナに文句を言うジュノ。
「彼女のオーデションを邪魔したのだろう。お前しかいない!」
驚き、そんな事はしていない。なぜ、くだらない賭けに必死になるのかと言うヨナ。
「それが実力?」
言い返せないジュノ。

スンシンからの電話に出ないミリョン。
ジュノに言う。
「スンシンからの電話がうるさいから、かけないよう言って!」
ミリョンの態度に驚くジュノ。

スンシンが、オーデションを受けることが出来なかった・・と知るヘシン。ユシンに電話して、家に連れ帰るよう言う。

仕方なくスンシンを連れて、家に帰るユシン。母ジョンエには、謝るよう言うヘシン。

母ジョンエに、オーデションは受けることが出来なかった、と告げるスンシン。
「ソン先生に習いたくても、忙しいから習うことも出来ないの。」
落ち込むスンシンを見て、食事をしようと言うジョンエ。

スンシンの言葉を思い出し、ミリョンに電話するジョンエ。
「娘さんのいい加減さには驚きました。手を引きました。娘さんの根性には失望したわ。2度と電話しないで・・」
ミリョンの言葉に唖然とするジョンエ。

スンシンの部屋
ミリョンからプレゼントされた服を捨てなさい・・と言うジョンエ。
「期待に応えていたら・・稽古を続けたいわ。」
「そそのかしておいて、見捨てるなんて・・あんたを捨てたのよ。失礼な女よ!」と怒るジョンエ。
「先生はそんな人じゃない!」と言うスンシン。

父の病院に勤務するチャヌが好きなイジョン。
病院に行き、チャヌに恋人はいるかと聞くと、交際中だと言われるスジョン。イジョンには事実を告げ、他の男を紹介すると言う。

ショックで確認しようと、病院に行くイジョン。父ドンヒョクが、ミリョンと一緒にいるのを目撃する。

母スジョンに、父はミリョンといたと教えるイジョン。嫌っているミリョンと、いるわけがないと考えるスジョン。

ミリョンと話すドンヒョク。
娘の事は感謝する・・と言うドンヒョクは食事に誘う。お酒が良いと、一緒に行く事に。

「私たちは似ている。私は生まれた時から、不幸だと思っている。
世間から見れば、幸せそうに見えるけれど・・それは違う・・」と言うミリョン。
「私も同じだ・・」と、意見が合う2人。
死んだ人は・・と、チャンフンの事を話そうとするミリョンに、私は興味ない・・と言うドンヒョク。

スンシンの家
家に泥棒がいると思い、大騒ぎするスンシン。だが、地下に引っ越してきたチャヌなのだとわかり驚く。
数日、スンシンがいない間に来たチャヌだった。

チャヌに会い、交際の条件を紙に書いて渡すユシン。
「1つ、家族にバレた瞬間、交際は終了。2つ、連絡もせずに、職場を訪れたりしないこと。3つ、相手を束縛しない。」

ユシンの条件を承諾、自分も条件を出すチャヌ。
「交際中は相手を尊重し、最善を尽くすこと。呼び方も改めろ。暴力もダメ・・」と笑うチャヌ。
サインするチャヌと、デートに行くユシン。

パク記者と再会するイルド。
「娘を産んだのに・・独身貴族を気取ってる・・」
イルドの言葉を覚えている記者。
ミリョンの過去を聞いて来るので、必死で否定するイルド。娘と連絡してる?何歳?と聞かれ、戸惑う。

ミリョンに、「あの時、チャンフンが娘を施設に預けたでしょう?」と言うが、怒られてしまうイルド。
電話して、チャンフンの知り合い「パク・ボクマン」を調べて欲しいと頼む。

ジュノから、「ソン先生(ミリョン)は忙しいから、他の先生に演技指導を頼む・・」と言われ、寂しく感じるスンシン。
自分が至らないから、ミリョンを失望させた、申し訳ないと考える。

ミリョンに会うため、家の前で待つスンシン。
用件は?と聞かれ、「至らないから失望して諦めたのでしょう?」と言うスンシン。
「それだけ?突然、来られるのは迷惑よ。」と冷たいミリョン。

家の中に入るミリョンを追うスンシン。
イルドに突き飛ばされ、転んでしまうスンシンを見るジュノ。

「説明しただろう!」とスンシンを連れ帰るジュノ。

続く・・

ラストはヨナに、家に入って・・と言われたジュノですが断りました。そんな2人を見ていたミリョン。

ミリョンの変化に戸惑うジュノとスンシンですね。ジュノにすれば、女優の気まぐれと思うでしょうけど。
スンシンには、態度が変わったミリョンを理解出来ないと思います。

ミリョンの変化といえば、ジョンエも驚いてました。
母子なのだから、一緒に住めばいい!とスンシンを怒るジョンエでした。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌