スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ザ・ウイルス 8-9話あらすじ

ワクチンに副作用が・・

キャスト
オム・ギジュン、イ・ギウ、ヒョヌ、ソン・ヨンギュ

ミョンヒョンに、ウイルス感染の症状が出る。
セジンに、隔離病棟のミョンヒョン殺害を命じるファン弁護士。

命じられるが、ミョンヒョンを逃がすセジン。
スーパーワクチンには欠陥があり、止めたセジンだが、グローバルライフは生産を始めてしまう。怖くなり、逃げ出したセジンだった。

お前のせいで、多くの犠牲者が出たんだ!と怒るミョンヒョン。

スーパーワクチンの供給が始まり、感染者は激減する。

血液検査の結果、陰性とわかり安堵のミョンヒョン。

アジア、ヨーロッパでも自殺者が急激に増える。頭を壁に打ち付け、死んでいく人々。

欠陥ワクチンのため、自殺者が増加してる・・と気が付くセジン。

政府がスーパーワクチンの研究支援を止めたため・・と、ミョンヒョンに言うセジン。
変種ウイルスに備え、ワクチンの研究を続けるべきだと言う。

危機対策班に戻るミョンヒョン。
自殺の原因はワクチンの副作用、これを止めるにはセジンの協力が必要。

政府が副作用の原因を知る前に、キム・セジンに解決させろ・・と、ファン弁護士に命じるグローバルライフ。

チョン記者の携帯がバイク便で、カン刑事に届く。
男に襲われた時の声が録音されていた。無実とわかり、逮捕したミョンヒョンを釈放する事に。

記者殺害の犯人はスティーブ・ノーマン。

政府に、自殺の原因はワクチンの副作用だと。
キム・セジンは副作用に気が付き、警告したがグローバルライフは無視。ウイルスをばらまいた・・と、事実を教えるミョンヒョン。
ワクチン接種の中止を要請、事実を隠蔽すれば、我々も共犯者になる・・と言う。

グローバルライフに真相究明、投資金も回収すべき・・と言うシム・テジン。だが、すでにワクチンは1200万人が接種している。
知らせればパニックになってしまう・・と反対する。

大統領秘書室長の息子が、車に飛び込んで自殺した。恋人のジヒョンは病院で自殺。
この2人はワクチン接種の記録がない。

大統領秘書室長に会うミョンヒョン。
息子さんは接種記録がないのに自殺した。原因は、スーパーワクチンの副作用だと教える。

ワクチン供給が始まる前、グローバルライフから、家族10人分を先に受け取っていた大統領秘書室長だった。
だが、もらっていない・・と、ミョンヒョンには嘘をつく。

1人、ワクチンの研究を続けるキム・セジンは男に襲われる。しかし、襲われる前に注射を打ったセジン。
ミョンヒョンに助けられる。

自殺者から肺炎の痕跡が見つかっている。動物では副作用は出ていない。
ヒントにするセジン。

情報が漏れているのを感じるミョンヒョンは、クローン携帯があると考える。

続く・・

大統領秘書室長の息子は、先にワクチンをもらって副作用で自殺したのでした。でも、ミョンヒョンの言葉が信じられず、副作用の対策を考えていません。

ミョンヒョンのクローン携帯を持ってるのは、部下のジュヨンだと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年12月07日 | ザ・ウイルス

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。