サメ 愛の黙示録 8話あらすじ

イスがイヒョンを見る目は兄ですね。

キャスト
キム・ナムギルソン・イェジン、ナム・ボラ、ハ・ソクジン、イ・ハニ

8話

ジュン(イス)の顔を見て気絶するヘウ。
意識を取り戻し、慌てて探すので差し出すジュン。

ヘウの大切な木彫りの鮫・・
「10分ほど気絶していた・・」と言うジュン。
「イスが生きていただけで嬉しいのに・・こんな形で再会するなんて。あなたには、弱ったところばかり見せてしまった。」
ジュンにお礼を言って、ソウルに帰る事にするヘウ。

ジュニョンと話すヘウ。
「事故前に私に電話してきたこと、今なら分かるわ。”誰も信じられない” と言っていた。イスは生きてるのよ。」
ソウルにいるはず、顔を見ればイスとわかるはずなのに・・と言うヘウ

ヘウの興奮を心配して、事件から離れろ、と言うジュニョン。
「私は真相を明らかにしたいの。それだけよ。イスを闇から救う道は・・」

7年前 日本
チャン・ヨンヒと会い、援助すると言ったヨシムラ・ジュンイチロウ。

会長の家
鍵がすり替わったのよ、とイヒョンの言葉に驚くサングク。

書類チョン・ヨンボの真相・・を読むサングク。

チョン刑事と話すヘウ。
イスは生きている・・と信じるヘウ。
「だとしたら、刑事を殺したのはイスかもしれない。」と言うチョン刑事。
「イスが生きていれば・・イヒョンに会いに来るはず。」と言うヘウ。

イヒョンの働くカフェに飲み物を買いに来るイス。鼻血を出したイヒョンを心配する。

12年前、事故現場で廃業した病院、もしくは医師、看護師が住んでいたかを調べさせるヘウ。

ジュンから電話がかかってくる。沖縄で、挨拶もしないで帰ったことをあやまるヘウ。
ヘウの様子を心配していたジュンだった。

イヒョンを調べ望遠鏡を最近、入手した事を知るヘウ。誰がイヒョンに望遠鏡を送ったのか、調べるチョン刑事。

「歴史を正す会」にチョン刑事と一緒に行くヘウ。
会のメンバーも、男に頼まれていた事が分かる。
男の風貌を聞くヘウだだが、ヒントにもならない。男に頼まれ、イヒョンに望遠鏡を送っていた。

「イスとカン・ヒスの殺害動機は同一だ。文章を呼んだ人は皆、命を狙われた・・」と言うチョン刑事。

もしや・・と思い、ヨシムラ・ジュンイチロウに電話するヘウ。
少年時代のイスの写真を送り、12年前に来た子と同じか、確認してもらう事に。だが、雰囲気は似てるが顔は違う・・と言われ失望するヘウ。

ホテル
沖縄の家、老人の言葉を思い出すヘウ。「肩と足を痛めている・・」

痛そうな肩と足・・男の後ろ姿を見て、今までのジュンを思い出すヘウ。

振り返るジュンに言うヘウ。
「あなたは誰・・?」
「私が誰なのか・・あなたは知っている・・」と答えるジュン。

続く・・

ヨシムラ・ジュンだ、と答えそうなイスですね。まだ、正体を明かさないと思うのです。

かなり、イスに接近してるけれど、先があるからまだだと予想です。

イスがヨシムラ・ジュンイチロウの元にいた子なら、ジュンがそうだと思いたいヘウ。
簡単には明かさないイスでしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年12月15日 | サメ 愛の黙示録

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌