スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

オフィスの女王 8話あらすじ

会社の犬!と言われてもめげないギュジクです。

キム・ヘス、オ・ジホ、イ・ヒジュン、チョグォン、チョン・ヘビン、チョン・ユミ、イ・ジフン

↓OST


8話

正社員のミナが格差結婚をする。

結婚式の日
父親の反対で、花嫁と一緒にバージンロードを歩く人がいない。父が怒り、帰ってしまったのを見て、花嫁の父として一緒に入場するミス・キム。

ミス・キムが花嫁と一緒に入ってきたので、驚くギュジク、ファン部長たち。

格差結婚は辛い。
けれど、結婚よりも大切な契約延長を願うボンヒ。

ファン部長から呼ばれ、来月には再契約をしよう、と言われて喜ぶボンヒ。

社内でメモを拾うジュリ。
ソン・ヘギョとチョン・インソンの名前で、やりとりしているメモ。社内で恋愛してる人がいると、考えるジュリとビンナ。

社内の皆をチェックするもわからない。
ジョンハンは恋愛経験がないと知り、試しにメモを見せて聞いてみる。
「これ、もしや・・ジョンハンさんでは?」
違うと否定するジョンハンに安堵するジュリ。

ボンヒは妊娠中だった。彼氏はク・ヨンシク。正社員だがお給料は毎月、借金で消えてしまう。
自分が正社員にならないと、出産も出来ないと不安なボンヒ。
だから、契約を延長してもらうため、妊娠を隠してるのだった。

会社のスポーツ大会
業務として参加するミス・キム。
ボールが飛んで来て、ボンヒのお腹を守るヨンシク。皆に交際、妊娠がバレてしまい戸惑う2人。

ギュジクはボンヒの妊娠を知り、上司として会社に報告すると言いだす。
今月だけ、待って・・と頼むボンヒ。

「パーマ頭さんが今月、黙ってくれたら済むことです・・」
ボンヒの妊娠は黙っていて欲しい、と言うミス・キム。
けれど、ギュジクは報告だ!と言い合いになる。

ミス・キムが本気でボールを投げて、常務が鼻血を出す騒ぎに。俺の立場は?と、ミス・キムを怒鳴るギュジク。

スポーツ大会の日、相撲部のギュジクが提案する。
「君が勝てば1ヶ月間、ボンヒの妊娠を黙っている。俺が勝ったら・・ボンヒさんをクビにする。」と言うギュジク。

ミス・キムと相撲で対決するギュジク。勝負はミス・キムの勝利だが・・・。

ジョンハンを妊娠を祝う会に行かせるギュジク。
「なぜ、わざと負けたんです?」と聞くミス・キム。

「正義の味方にもならず、悪役に徹するでもない。」と言うミス・キム。
「俺は会社の立場で、会社の権益を守ると・・それが会社に属する君の言う・・”会社の犬”である・・俺の業務だ。」と言うギュジク。

「本当に電球でも、私たちの間でも、レベルはあるのだろうか・・私たちの間を流れる川の大きさはわからない。でも、とにかく・・私たちは今日も流れて行くのだ。」

続く・・

立ち去るミス・キム、格好良いですね。
段々と、不器用ではあるけれど、ギュジクのことを理解してきたミス・キムだと思います。

でも、彼を受け入れるには時間がかかるでしょう。好きでも拒否するミス・キムの予感も。

ラストで、ジュリの語りが入るのが好きです。
「ロマンスが必要2」を思い出しますね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年12月17日 | オフィスの女王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。