清潭洞<チョンダムドン>アリス 6話あらすじ

接近する2人。最初の危機は恋だと知るセギョン。

キャスト
パク・シフ、ムン・グニョン、ナムグン・ミン、ソ・イヒョン、キム・スンス、シン・ソユル、キム・ユリ


6話

うさぎのぬいぐるみの写真を送るスンジョ。
「幸せ」のうさぎ写真が来て驚くセギョン。ジャンティエール・シャです、と文字。
「会長から?」と、喜ぶ。

スンジョに電話するセギョンは、会長から写真入りのメールが来たと言う。
「番号を聞かれたから、教えた・・」と答えるスンジョ。
やりすぎかな、と思いながら会長へ100の質問のアンケートに記入する。

翌朝、秘密の日記がアジョンに見られてしまうセギョン。問い詰められ、ユンジュに教わったのだと言う。

理由を聞かれ、
「もう、正直になる。あんな人を軽蔑するフリをしてた・・」
自分らしく生きなよ、と言われ「私らしさって何?居候する事?」と言う。
「ユンジュが目標よ。」
あんたと同じように生きたいと思ってた。でも、今は違うと言うセギョン。

ドンウクと話すスンジョ。
3人が黙っていれば、彼女にはバレないと言う。だが、ムン秘書が心配だと言うスンジョ。

セギョンから電話で会うスンジョは携帯やら、会長からと渡す。

アジョンからの電話で、スンジョを疑うセギョン。会長の秘書なら、名刺を見せて欲しいと言う。
突然の事で、慌てるスンジョ。

ムン秘書と会うアジョンは、秘書チームの中にキム・スンジョがいないことを怪しいと感じる。
セギョンに電話して、スンジョは怪しいと教えるアジョン。

スンジョにメールして、セギョン友人のアジョンが秘書チームにキム・スンジョがいない事を知った。どうしましょ・・と、不安を伝えるムン秘書。
話し合うスンジョとムン秘書は、同じ事をセギョンたちに教える。

「キム・スンジョは、ジャンティエール・シャ会長の影武者」
影武者なら、会長に似てるのでしょう?と、突っ込むセギョン。

「僕よりイケメンだ・・」と、必死で答えるスンジョ。
会長は変わり者で、極秘随行員みたいなもの。個人所有なので、名簿にも名前は載っていない、と嘘を言い続ける。

会長はプライベートの公開を嫌う・・と言うスンジョ。
「証拠を見せて。影武者の証拠を・・」と言うセギョン。

スンジョ・チャが、ロイヤルグループの息子だと、考えて証拠を探すタミ・ホン。

セギョンに、ジャンティエール・シャの影武者の証拠をみせるため、自宅に連れて行くスンジョ。

家の管理を任され、暗証番号も知っている、本当に影武者なのだと言うスンジョ。会長宛の郵便物をみせ、証拠だと言う。
スーツの写真を撮りながら、納得するセギョン。

突然、ユンジュが家に来て慌てるスンジョ。
「義妹インファと、ジャンティエール・シャ会長の縁談が進んでいる、知っている?」と聞く。
知らない、君とは関わりたくない、終わったからそんな事にはならない、と答えるスンジョ。
安堵して帰るユンジュ。

ユンジュが来たとは知らず、アクセサリーの写真を撮るセギョン。ユンジュと想い出のブレスレットを見つけ、イニシャルが違うと指摘する。
それは知らない、と惚けるスンジョだった。

インファに、スンジョ・チャの事を調べさせるタミ・ホン。
事情があり、ロイヤルグループの息子が名前を変えている、とわかるインファ。

ロイヤルグループにクリスマス寄付をする・・と言いだすインファに驚くユンジュ。
チャ・イルナムに自分の存在がバレたくはない。

ムン秘書から呼び出され、泥酔のアジョンを家に送るセギョンとスンジョ。状況で仕方なく、家まで入りセギョン父親と会ってしまう。
引っ越しを済ませたばかりのセギョン家族たち。

セギョン父親に、苦労話をするスンジョ。
母は亡くなり、父とは音信不通だと言う。
パリには父に反対され、自分の力で行ったという話を聞くセギョン。

スンジョがなぜ、引っ越したばかりと知ってたか驚くセギョン。タミ・ホンにしょう油をかけたことを話して、嬉しかったと言う。
喜びのハイタッチをする2人。

翌日
ロイヤルグループがGNの寄付に感謝・・と、記事を読んで驚くユンジュ。

夫から電話で、寄付の件でロイヤルグループと食事をする・・・と、知る。泣きながら、食事の場に向かうユンジュ。

セギョンといるスンジョは偶然、父親のチャ会長とあってしまう。慌ててセギョンをロビーに行かせるスンジョ。

戻ってこい、お前が必要だと言うチャ会長。
「いつもそうだ。相続放棄書を書かせた時もそうだった、”自由に繰るために育てた”」
「それがビジネスだ。受け入れれば楽になる。お前の復讐が成功したと思うか?」
お前はダメだと言うチャ会長。

落ち込むスンジョは、セギョンと飲む。
「父親と音信不通ではなくて・・居場所は知ってる。褒めてもらった事がない。ミスは隠して、立派な姿をみせたい。」
本音をいうスンジョを励ますセギョン。
「何もかも・・うまくいきますように・・」
転びそうになるセギョンを抱きとめるスンジョ。

ユンジュに電話するセギョン。
「危機があると言ったわね・・1回目の危機って?」
「恋よ・・」と答えるユンジュ。

振り返り、スンジョを見て驚くセギョン。

続く・・

ユンジュは入院してた様子、ロイヤルグループのチャ会長に会ったら、気まずいですよね。でも、チャ会長がユンジュの時計うさぎなのだから、恥じることもないかと。
ただ、インファとスンジョが結婚すれば、居場所がないですよね。

もちろん、スンジョはセギョンと結ばれるし、ユンジュと復縁もあり得ない。ただ、ユンジュは過去を知られたくないのでしょう。

スンジョはキム秘書として、セギョンと親しくなってます。
いい感じの2人で、あとで驚くセギョンでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌