スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

オフィスの女王 15話あらすじ

韓ドラっぽさがありつつ、原作「ハケンの品格」同様楽しいです♪

キム・ヘス、オ・ジホ、イ・ヒジュン、チョグォン、チョン・ヘビン、チョン・ユミ、イ・ジフン


15話

ミス・キムに好きだと告白するギュジク。
「パーマ頭さんは・・私のためにすべてを捨てられますか?もうじき、私はいなくなります・・」
地位、友人などを捨てられるかと聞くミス・キム。

「なぜ、捨てるんだ。君は・・前科者なのか?」と言うギュジク。
プレゼンを放棄したくらいで、カッコつけないで!と立ち去るミス・キム。

翌日、プレゼンを放棄したギュジクはチーム長を解任される。

1位に選ばれたジュリの企画案。ミス・キムは、時間外手当を請求して試食会となる。

待機中で、仕事のないギュジクがかぶり物でチラシを配る。

試食会に来た男は、ミス・キム昔の同僚だった。ミス・キムとの関係が気になるギュジク。

ジョンハンと話すビンナ。
ギュジクが好きなのはミス・キム・・と確認する。諦められないと言うビンナ。

試食会も終わり、販売したいが単価が高い。
お弁当のコストダウンするため、使い捨て容器会社の社長に会いに行くギュジクとミス・キム。

断られるが、泣いた子供をミス・キムがあやして、機嫌良く契約してくれる社長だった。

プレゼンを放棄したギュジクは、経験のない物流センターの管理となってしまう。常務の怒りが収まれば話してみる、それまで頑張れと言うファン部長。

ジョンハンに、母の味を成功させてくれ、と言うギュジク。

最後の挨拶、とミス・キムに会いに来るギュジク。
「俺は物流センターに行く。もう会えない、寂しいだろう。」と言うギュジク。

契約期間が終わったら、辞めると言うミス・キムに辞めないでくれ、と言う。
「すべてを捨てられるか・・聞いたよな。俺は会社や所属先が、命よりも大事な人間だ。でも、これだけは言える。俺は君と一緒にいたい。だから・・電話しろ。」と言うギュジク。

数日後
物流センターで、働くギュジクに会いに行くジョンハン。皆は元気だと伝え、内緒だが・・と、ミス・キムの事を教える。
テハン銀行にいた時、火災があり足をケガしていると言うジョンハン。

両親のケンカを思い出すギュジク。
6年前、テハン銀行でデモを続けていたチン・ミジャ係長はギュジクの母親だった。母と写るミス・キムの写真に気が付く。

納骨堂で、再会するギュジクとミス・キム。母さんに会いに来た・・と、言葉に驚く。

「俺たちは縁があるんだな・・」と言うギュジク。
「あなたのお母さんは・・私が殺したの・・」と言うミス・キム。

続く・・

韓ドラっぽい展開ですね(^_^;)
ここで、縁を結ばなくてもいい感じの2人なのに。

お世話になったチン係長は、ギュジクのお母さんでした。殺したというか、自分を責めているミス・キムでしょうね。

お弁当の件も順調、販売出来そうです。ラスト1話は、ジュリの契約とミス・キムたちですね。

契約の切れるミス・キムは、ギュジクのいる物流センターに行くのかも。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年01月14日 | オフィスの女王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。