スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

星から来たあなた 6話あらすじ

悲しい恋を今度こそ、成就させたいミンジュンでしょうね。

キャスト
キム・スヒョン、チョン・ジヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、オム・ヒョソプ


6話

パク刑事の車から飛び出し、ソンイの部屋に向かうミンジュン。

(回想)
朝鮮時代
「私が守ると話したでしょう。君が傷つくのはいやだ・・」と言うミンジュン。
イファの手を取り、逃げる2人。
(回想・終)

ソンイの部屋に来るジェギョン。
実は2人の関係を知ってると言うソンイ。

「あの日、2人が話してた事を聞いたの。大丈夫?ユラがあんな事になって・・。結婚発表をするつもりだったんでしょ?」と。
すべてを聞いたのか、とつぶやくジェギョン。

眠れない時は、睡眠剤を飲んでるソンイと知るジェギョン。

そこへフィギョンも、ソンイの部屋に来る。元気なのを確認したから、帰ると言うジェギョン。

ソンイの部屋に行き、フィギョンと会うミンジュン。
ジェギョンはS&Cグループ後継者であり、フィギョン兄と知る。 

「なぜか、今日は男が来る日・・疲れてるから」と2人を追い出すソンイ。
ソンイに追い出されるフィギョンとミンジュン。

「あんたの家なら買うよ」と言いだすフィギョン。ソンイは俺の女だから・・と。
合意は得てるのか、と聞くミンジュン。
「彼女の人生、責任を持ってそばにいる」と言うフィギョンだった。

バッグを返そうとしていたソンイは、ユラを殺した、とファンから卵を投げられてしまう。遺族の思いを察して帰る事に。

事務所
母がアン代表に怒鳴ってるのを聞くソンイ。

ソンイとの契約は今月まで、と言いだすアン代表に、今回のことで再契約は様子をみると言うソンイ。しばらく休むと言う。

CMの違約金も私が責任とると言う。ソンイに言われ、安堵するアン代表。

セミと母親が来て、ドラマの役はセミがやると知るソンイ。
こんなやり方は良くないと言いだすセミ。
「どうせ、あんたじゃなくても誰かがやるわ。あんたがやって。」と主役のことを言うソンイ。

セミ母の足に、ヒビが入ったことを指摘するソンイ。
「ヒビが入ったのに、ヒールをはいて大丈夫なの?」
自分の嘘がバレたのを感じるセミ。

マンション部屋の入り口に、プレゼントが贈られていた。目から血を流す写真に驚くソンイ。
慌てて、ミンジュンの部屋を叩くが留守だった。

朝鮮時代から、土地を米などで安く手に入れていたミンジュン。
現在はマンションなどが建ち、財閥級の財産になっている。骨董品などの整理を、チャン弁護士に頼む。

ミンジュンを調べ、財産が多い・・と知るパク刑事とユン検事。

マンション
「出来れば携帯を買って。急いでる時、連絡出来ないじゃない」
ドアに貼られたソンイのメモを読むミンジュン。

駐車場
車をぶつけられるソンイだが、相手が記者と知り、外に出られない。他の記者も集まり、ソンイは緊急事態。

大学の講義中、ソンイの異変を聞き、駆けつけるミンジュン。法的代理人として、話をつけてくれる。

ト・マネージャーとして、手を繋いでその場を立ち去るソンイたち。ミンジュンのパワーで、記者のカメラは映らない。

出席日数が足りないから、試験をうけてもダメだ、とソンイに言うミンジュン。

博物館
簪に惹きつけられ、見つめるソンイ。
「これを見ると・・どうしてだか悲しくなる・・」とつぶやく。


兄ユン検事の部屋で、ユラ事件の資料を見るセミ。船の上にいたミンジュンの写真を見て驚く。

昔、ソンイが車に轢かれそうだった時、ミンジュンが助けた。
その時の2人を写真に撮っていたセミ。
当時の写真を探して、船の上の写真と見比べる。

ソンイの誕生日、夜の遊園地で待っているフィギョン。遊園地のイベントは嫌い、と電話で言われ、慌てて片付ける。

12歳の時から、仕事をしていたソンイ。1人で出来ることが、少ないのだとミンジュンに言う。

誕生日に、父と乗りに来た観覧車に乗ろうと言うフィギョン。昔を思い出すソンイ。

(回想)
イファと逃げるミンジュン。
「別れの挨拶はあらかじめしておくのだ」と祖母に言われた・・と言うイファ。
負傷してるミンジュンに簪を差し出す。
「別れの挨拶など出来ないと・・」

「旦那様にお会いし、初めて・・私の未来が恋しくなりました・・初めて切実に生きたくなりました。必ず、本来いた場所に無事におもどりください、死後、どの世にいたとしても、旦那さまを忘れないでしょう。ありがとうございました・・」
涙を流し、言うイファ。

官軍が2人を包囲、弓を放った瞬間にミンジュンを庇い、射られてしまうイファ。

「永遠に止めたい瞬間がありました。。愛する人へ近寄る死の瞬間・・何もすることができず・・そういう自身が限りなく無力なそういう瞬間・・」

イファを抱きしめるミンジュンは号泣する。
(回想・終)

観覧車の中
フィギョンに、来られたことを感謝するソンイ。
君が大変なのが嬉しい。してやれる事が出来たから・・と、言うフィギョン。

「こういうのも愛だと認めてくれないか?15年間、冗談みたいに告白してきたのは・・真面目にして君に断られたら・・俺といるのが気楽なのだから、俺のところへ来い。それも愛だ。」
「今、答えるわ・・・私の答えは・・」と言うソンイ。

観覧車を見上げるミンジュンは、ソンイの答えを聞きたくない、と時間を止めてしまう。

続く・・

ソンイの答え、イエスなのかしら。
そんな答えを、聞きたくないミンジュンでした。

時間を止めたり、相手の攻撃を阻止したり、瞬間移動出来るミンジュンです。ドラえもんのように色々な事が出来て良いわ。
でも、ソンイの愛を自由に手にすることは出来ないようです。

朝鮮時代、イファを愛して守ろうとしたミンジュン。
ミンジュンを愛して、自分の身で庇ったイファは亡くなってしまったのでした。

そろそろ、セミがソンイに嫌がらせをするのかも。
ミンジュンの秘密を先に知りそうですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年01月25日 | 星から来たあなた

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。